秋田県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
金萬

秋田・本荘

3.4
rank2
はたはた寿司

男鹿・八郎潟・能代

3.1
rank2
仁手古サイダー

田沢湖・角館・大曲

3.0
お店
rank1
秋田空港ターミナルビル株式会社

秋田・本荘

3.1
観光スポット
rank1
鳥海山

秋田・本荘

3.3
rank2
高尾山

秋田・本荘

3.2

秋田県・今の旬なグルメ

秋田県のクチコミ情報

秋田のお正月料理で欠かせないものとは?

秋田県民に欠かせない冬の食べ物と言えば、魚へんに神と書くハタハタ(鰰)が有名です。昔は冬の鉛色の空とともに大量のハタハタが水揚げされて朝昼晩の3食ともに食べた人も多かったようですが。現在は漁獲制限がされており12-1月しか水揚げされません。もちろん取れたてのハタハタを焼いたりしょっつる鍋に入れたりするのが一般的ですが、塩漬けして米麹や昆布をいれて飯鮨にしたものがはたはた寿司です。お正月にはお雑煮とともに、おせちのお重箱の片隅でよく見られたりします。米どころ酒どころでもある秋田の日本酒と一緒に味わえば、そのおいしさが一層染みわたってきます。八森の鈴木水産やにかほの三浦米太郎商店のものが有名です。

添付イメージ
投稿者:天川谷 茂(田沢湖・角館・大曲/秋田県)
  • 3.5
  • 2014/12/12
はたはた寿司

厳寒の日本海の荒波が育む名物はたはたは、秋田音頭の歌詞にも登場しているほど、秋田を代表的食材。そのはたはたを使った寿司の一種がはたはた寿司。はたはた漬けと言う場合もある。そのルーツは古く、元禄年間(1688〜1704年)の出版物『日本諸国名物尽』にも紹介されている。作り方は塩漬けのはたはたを塩出しした後、麹を混ぜたご飯・カブやニンジンなどの野菜・昆布などとともに桶に詰めて漬け込んで出来上がり。地元の農家では冬の保存食の一つとして作られてきたが、現在は通年にわたり各店で買うことができる。

秋田空港での一番人気のお土産とは?金萬です

秋田空港で群を抜く人気のお土産の金萬。秋田県民であれば「金萬28個食べました!」のCMでも有名で、もはや県民食と言っても過言ではありません。味はもちろんのこと、10個入りで648円というお安い価格も魅力的。包装紙のデザインも洗練されており、女性オーナーのセンス抜群さが伺えます。できれば真空パック入りではなく、生の金萬をご賞味してみてください。空港売店では朝8時過ぎに商品がホカホカで並び始めますが、夕方には売り切れている場合もありますので、お早めに!

添付イメージ
投稿者:天川谷 茂(田沢湖・角館・大曲/秋田県)
  • 4.5
  • 2014/11/06
金萬

卵の入った白あんを、蜂蜜・卵を贅沢に使った皮で包み、ふっくらと丁寧に焼き上げたお菓子である。秋田銘菓といったら、多くの人がこれを挙げるのではないだろうか。飽きのこない優しい味で、ふんわりとした食感をたのしめる「生」タイプと、お土産に便利な日持ちする真空パックタイプがある。一部の新幹線で社内販売も行っている。

秋田空港でのイチオシ撮影スポットとは?

秋田と言えば、全国的に一番に想起されるのは「なまはげ」。本物を見たいのであれば男鹿市の「男鹿真山伝承館」に行けば、「なぐこはいねがあ!!!?」と言って出てきますが、手っ取り早く記念写真を撮りたいのであれば、ここ秋田空港1Fのチェックインカウンターのすぐ前にある全長2メートル超のナマハゲの前が便利です。ここからなまはげの本場、男鹿へ近づくたびにいろいろなナマハゲに出会えますよ!お楽しみに!

添付イメージ
投稿者:天川谷 茂(田沢湖・角館・大曲/秋田県)
  • 3.5
  • 2014/11/06
秋田空港ターミナルビル株式会社

秋田空港ターミナルビル株式会社(総合おみやげ店/秋田県秋田市)のページです。このお店についてのクチコミをぜひ投稿してください!

地元民しか知らない絶景スポット高尾山

東京にはミシュランの3つ星をとった高尾山が有名ですが、秋田市内にも高尾山があります。山の頂上には高尾神社がありますが、その神社の参道を登る手前の所は、ちょっとした広場となっており、見事な風景が広がっています。眼下には雄和の雄物川が流れており、その先には豊かな米穀地帯である県南の田んぼが広がっております。また山を下りるとすぐに温泉ユアシスがありますので、絶景&温泉目的には最高です。

添付イメージ
投稿者:天川谷 茂(田沢湖・角館・大曲/秋田県)
  • 4.0
  • 2014/10/16
高尾山

風光明媚であり、俳句と民話の里。 眼下には,田園と蛇行する雄物川を望み,その美しさは,訪れた人の目を楽しませてくれる。

空から見える鳥海山

空から見える一番秋田らしい景色は鳥海山です。羽田から秋田に向かう時には左側Aの座席、秋田から羽田に向かう時には右側K の座席に座ると窓から見ることができます。この写真の撮影時期は5月の中旬。鳥海山の山開きは7月1日なので、まだまだ雪が沢山積もっています。他の季節も鳥海山はいろいろな姿を見せますが、それとともに回りの田んぼの風景も季節ごとに変化するのも楽しみです。田植えの時期は田んぼがプールのように、稲刈りまえには黄金色のじゅうたんのように見えますよ。

添付イメージ
投稿者:天川谷 茂(田沢湖・角館・大曲/秋田県)
  • 4.5
  • 2014/10/16
鳥海山

秋田・山形両県にまたがり、コニーデ型火山のみごとな円錐形をなしている。出羽富士とも呼ばれ、山頂からの眺望は秀抜で、北に八甲田山,岩木山,岩手山,南に月山,朝日岳,蔵王の諸峰を望み、眼下には庄内平野が広がる。黎明時,山影が海上に映される「影鳥海」が知られる。また高山植物も豊富。

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ