山形県・今の旬なグルメ

山形県のクチコミ情報

自店です。店内は木造りで落ち着いた雰囲気。地魚が食べたい人

自店です。店内は木造りで落ち着いた雰囲気。地魚が食べたい人は是非来てみて下さい。地魚にこだわっている為、ネタは毎日変わります。

投稿者:佐藤松喜(庄内・出羽三山・鳥海山/山形県)
  • 2014/01/15
寿司しばらく

当店は山形県ただ一軒の地魚地酒専門の寿司屋です。地魚は庄内浜にあげる季節々の旬の魚を食べれます。庄内浜は魚種が多く、四季を通し魚の種類が変化し、おいでになるつどに違う魚を食べれます。地酒は庄内地方の酒蔵だけを提供しています。また酒類はオリジナル酒、限定酒、品評会専用酒など一般に販売されてない酒が主流です。女性一人でも、飲めない人も庄内を食べ飲め楽しめます。白身好き歓迎。

秋、冬食べるのが一番ウマイ

秋、冬食べるのが一番ウマイ

投稿者:鈴木新一(山形・山寺・蔵王/山形県)
  • 2014/11/04
いも煮

里芋やこんにゃく、ねぎ、きのこ類、季節の野菜などを主な具材とした鍋料理。 江戸時代、京都との文化交流から入ってきた料理がルーツとされる。稲刈りが終わる秋に食べごろを迎える里芋は古くから庶民の味として親しまれており、里芋を用いた収穫祭や地域交流の場として屋外で大きな鍋を囲む「芋煮会」は300年程前より行われていた。現在も9月の第1日曜日を「芋煮会」の始まりの日とし、山形県の風物詩となっている。「いも煮シーズン」の10月は、県内の川や海でいも煮を楽しむ風景がよくみられる。 庄内風は豚肉を用いる味噌味、しょうゆをベースに牛肉を用いるのは内陸風など、地域により様々な形で受け継がれている。

味がしみていてとても美味しい!

味がしみていてとても美味しい!

投稿者:佐藤正成(米沢・赤湯・飯豊山/山形県)
  • 2014/10/31
玉こん

山形は昔からこんにゃく芋の栽培が盛んで、好んで食べられており、現在でもこんにゃくの年間消費量が全国で1位となっている。こんにゃくは板こんにゃくや糸こんにゃくが一般的で、玉こんにゃくは山形独自のもの。そのため、地元では愛着を込めて玉こんにゃくを”玉こん”と呼ぶようになったようだ。”玉こん”を作るときは、水は使わず、しょうゆだけで煮るのがおいしくするコツ。煮上がったら熱々のままで串に差して、からしをつけて食べたい。

さらしな!一押しの、いいとこ取りラーメン!細麺!さすがの一杯

さらしな!一押しの、いいとこ取りラーメン!細麺!さすがの一杯です!

添付イメージ
投稿者:渋谷(庄内・出羽三山・鳥海山/山形県)
  • 2014/10/08
酒田ラーメン

”酒田ラーメン”は、大正末期、酒田市で中国人が支那そば屋をオープンしたことが始まりといわれている。スープは、あっさりとしたしょうゆ味だが、港町酒田らしいトビウオやカツオ節、煮干しにサバブシ、昆布などの魚貝類を中心に、豚骨、鶏ガラ、野菜類といった食材から出汁をとっており、実は様々な具材の旨みが複雑に絡み合っている。そしてラーメンの善し悪しを決めるもうひとつのポイントである麺は、もちもちとした食感の細麺。酒田ラーメンを出すお店のおよそ8割が自家製麺を使っていることからも、麺へのこだわりの強さが伺える。

酒田ラーメン!中の口!三日月軒!ラーメン600円なり

酒田ラーメン!中の口!三日月軒!ラーメン600円なり

添付イメージ
投稿者:渋谷(庄内・出羽三山・鳥海山/山形県)
  • 2014/09/29
酒田ラーメン

”酒田ラーメン”は、大正末期、酒田市で中国人が支那そば屋をオープンしたことが始まりといわれている。スープは、あっさりとしたしょうゆ味だが、港町酒田らしいトビウオやカツオ節、煮干しにサバブシ、昆布などの魚貝類を中心に、豚骨、鶏ガラ、野菜類といった食材から出汁をとっており、実は様々な具材の旨みが複雑に絡み合っている。そしてラーメンの善し悪しを決めるもうひとつのポイントである麺は、もちもちとした食感の細麺。酒田ラーメンを出すお店のおよそ8割が自家製麺を使っていることからも、麺へのこだわりの強さが伺える。

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ