山形県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
ラ・フランス

庄内・出羽三山・鳥海山

3.6

山形県・今の旬なグルメ

山形県のクチコミ情報

おいしんぼ我流さんです。

懐かしラーメン600円!
新しくオープンした!隠れ家的なお店でした!場所はこがね町!
食べた感想は!次回行ってから書きます。

添付イメージ
投稿者:渋谷(庄内・出羽三山・鳥海山/山形県)
  • 5.0
  • 2015/01/16
酒田ラーメン

”酒田ラーメン”は、大正末期、酒田市で中国人が支那そば屋をオープンしたことが始まりといわれている。スープは、あっさりとしたしょうゆ味だが、港町酒田らしいトビウオやカツオ節、煮干しにサバブシ、昆布などの魚貝類を中心に、豚骨、鶏ガラ、野菜類といった食材から出汁をとっており、実は様々な具材の旨みが複雑に絡み合っている。そしてラーメンの善し悪しを決めるもうひとつのポイントである麺は、もちもちとした食感の細麺。酒田ラーメンを出すお店のおよそ8割が自家製麺を使っていることからも、麺へのこだわりの強さが伺える。

山形出身の友人から送られてきました

我が家のラフランスの食べ方は、そのまま皮を剥いて食べても美味しいですが、フランス シャンパーニュ地方のシャウルスという白カビタイプのチーズとともにスパークリング・ワインや白ワインを飲みながらいただいています。ラフランス+シャウルスの食べ方は、近所(大田区大森)のスーパーのチーズコーナーで、このチーズを手にしたフランス人と目が合った時、にやっと笑って教えてくれた食べ方で、それ以来はまってます。山形産のラフランスなので、高畠ワイナリーの白ワイン(シャルドネ)やスパークリングワインでいただくことが多いです。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.5
  • 2014/12/03
ラ・フランス

明治時代のはじめ、フランスから日本に渡ってきた西洋なし=パートレット。元々は、その実を結ぶための受粉樹として植樹されたラ・フランスが、山形に入ってきたのは大正初期。その実の見た目の悪さと栽培に手間がかかることから、しばらくは受粉樹として栽培されていたものの、昭和40年代頃から芳醇な香りと美味しさが認められ、本格的な栽培がはじまった。ラ・フランスを美味しくいただくコツは、常温で追熟すること。一定期間常温においておくと、ラ・フランス特有の香りがたち、果汁がしたたるほどに果肉もやわらかくなる。

錦屋!あっさりスープにちぢれ麺がからみ美味しい一杯!中盛り!

錦屋!あっさりスープにちぢれ麺がからみ美味しい一杯!中盛り!

添付イメージ
投稿者:渋谷(庄内・出羽三山・鳥海山/山形県)
  • 2014/11/25
酒田ラーメン

”酒田ラーメン”は、大正末期、酒田市で中国人が支那そば屋をオープンしたことが始まりといわれている。スープは、あっさりとしたしょうゆ味だが、港町酒田らしいトビウオやカツオ節、煮干しにサバブシ、昆布などの魚貝類を中心に、豚骨、鶏ガラ、野菜類といった食材から出汁をとっており、実は様々な具材の旨みが複雑に絡み合っている。そしてラーメンの善し悪しを決めるもうひとつのポイントである麺は、もちもちとした食感の細麺。酒田ラーメンを出すお店のおよそ8割が自家製麺を使っていることからも、麺へのこだわりの強さが伺える。

自店です。店内は木造りで落ち着いた雰囲気。地魚が食べたい人

自店です。店内は木造りで落ち着いた雰囲気。地魚が食べたい人は是非来てみて下さい。地魚にこだわっている為、ネタは毎日変わります。

投稿者:佐藤松喜(庄内・出羽三山・鳥海山/山形県)
  • 2014/01/15
寿司しばらく

当店は山形県ただ一軒の地魚地酒専門の寿司屋です。地魚は庄内浜にあげる季節々の旬の魚を食べれます。庄内浜は魚種が多く、四季を通し魚の種類が変化し、おいでになるつどに違う魚を食べれます。地酒は庄内地方の酒蔵だけを提供しています。また酒類はオリジナル酒、限定酒、品評会専用酒など一般に販売されてない酒が主流です。女性一人でも、飲めない人も庄内を食べ飲め楽しめます。白身好き歓迎。

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ