千葉県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
勝浦タンタンメン

南房総・鴨川・勝浦

3.1
rank2
千葉産伊勢エビ

南房総・鴨川・勝浦

3.0
観光スポット
rank1
諏訪神社

柏・浦安・幕張・千葉

3.5

千葉県・今の旬なグルメ

千葉県のクチコミ情報

ピーナツの風味が豊かです。食べやすい大きさです。

ピーナツの風味が豊かです。食べやすい大きさです。

投稿者:渡邊ふみ子(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/11/20
ピーナッツ饅頭

白あんにピーナッツの鹿の子(砂糖で煮たもの)やペーストを練り込み、薄めの生地で包んでいます。 形は基本的にはピーナッツの形を模していて、ちょこっと食べるのにちょうどよい手のひらサイズ。メーカーによって饅頭生地の風味や材料が異なります。 代表格としてはピーナッツ最中で有名ななごみの米屋、お饅頭屋さんでは成田の黒平まんじゅう本舗などでしょうか。 千葉県内では、スーパーなどでよく見かけるのが蓮香堂やなごみの米屋のものが多いですかね。 なごみの米屋ではピーナッツ最中と同様、1つずつ個装になっていて、1つ100円で販売しているので、気軽なお土産やおやつとして重宝します。

とても見た目がきれいです

とても見た目がきれいです

投稿者:おかよしひこ(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/11/01
太巻き寿司

海苔または卵焼きの上で酢飯やかんぴょう、しいたけ、にんじんなど、季節の野菜や魚を巻いて作られる太巻き寿司。花や動物など、様々な絵柄を色鮮やかに描き出すのが特徴。古くは江戸の台所と言われた千葉県の、豊かな食を祝うごちそうとしてうまれ、 冠婚葬祭やもてなしの席など、人が集まる時に食される。技術の伝承を目的として太巻き寿司の講習会も開かれ、その作り方(巻き方)が受け継がれる太巻き寿司。鮮やかな絵柄と栄養価の高さから、子供たちのお弁当としても大人気。

美味しいですよ。

美味しいですよ。

投稿者:花倉直樹(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/10/28
なめろう

魚のたたきの一種である、「なめろう」。房総半島沿岸部周辺などに伝わる郷土料理で、主に鯵(あじ)に味噌・ネギ・ショウガのみじん切りなどを混ぜ、さらに粘りがでるまでたたいた漁師飯の一つだ。鯵の代わりにさんま、カツオ、イカなどの魚を用いる場合も。ちなみに、しょうゆではなく味噌を使うのは、波の荒い船上で、しょうゆではこぼれてしまうので味噌を使ったことから、と言われている。保存は利かないので、調理後は新鮮なうちにすぐに味わいたい。

一口サイズでおいしい!

一口サイズでおいしい!

投稿者:町山 明宏(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/10/27
ホワイト餃子

千葉県野田市が本店のチェーン店「ホワイト餃子店」の看板メニュー。創業者が白(パイ)さんという中国人から教わったことが名前の由来。 特徴はとにかく厚い皮で、餃子というより肉まんの皮に近い分厚さ。その厚い皮の餃子を焼くというより揚げるに近い焼き方で食べます。外側がパリパリに焼かれた皮は内側はもっちりとしていて、肉汁をしっかり閉じ込め、一口かじるとじゅわーっと肉汁が出てきます。

千葉の半立は美味しいですよ!

千葉の半立は美味しいですよ!

投稿者:鵜飼千代子(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/10/14
落花生

落花生は、国内の全流通量の9割が外国産で、国内産は約1割程度。そしてその国内産の約7割が、ここ千葉県で生産されている(2010年)。千葉県産の落花生は、畑でゆっくりと自然乾燥させる手法で、そのおいしさを引き出していると人気だ。ピーナッツが日本に伝わったのは、江戸時代といわれており、当時の医学書「大和本草」にはすでに「落花生」の名前でその名が記されていた。コロンブスが西インド諸島を発見した際、現地のインディオからピーナッツの存在を教わり、以後、貴重な航海食として利用され世界に広まったという。

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ