千葉県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
勝浦タンタンメン

南房総・鴨川・勝浦

3.1
rank2
千葉産伊勢エビ

南房総・鴨川・勝浦

3.0
観光スポット
rank1
諏訪神社

柏・浦安・幕張・千葉

3.5

千葉県・今の旬なグルメ

千葉県のクチコミ情報

美味しいですよ。

美味しいですよ。

投稿者:花倉直樹(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/10/28
なめろう

魚のたたきの一種である、「なめろう」。房総半島沿岸部周辺などに伝わる郷土料理で、主に鯵(あじ)に味噌・ネギ・ショウガのみじん切りなどを混ぜ、さらに粘りがでるまでたたいた漁師飯の一つだ。鯵の代わりにさんま、カツオ、イカなどの魚を用いる場合も。ちなみに、しょうゆではなく味噌を使うのは、波の荒い船上で、しょうゆではこぼれてしまうので味噌を使ったことから、と言われている。保存は利かないので、調理後は新鮮なうちにすぐに味わいたい。

一口サイズでおいしい!

一口サイズでおいしい!

投稿者:町山 明宏(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/10/27
ホワイト餃子

千葉県野田市が本店のチェーン店「ホワイト餃子店」の看板メニュー。創業者が白(パイ)さんという中国人から教わったことが名前の由来。 特徴はとにかく厚い皮で、餃子というより肉まんの皮に近い分厚さ。その厚い皮の餃子を焼くというより揚げるに近い焼き方で食べます。外側がパリパリに焼かれた皮は内側はもっちりとしていて、肉汁をしっかり閉じ込め、一口かじるとじゅわーっと肉汁が出てきます。

千葉の半立は美味しいですよ!

千葉の半立は美味しいですよ!

投稿者:鵜飼千代子(柏・浦安・幕張・千葉/千葉県)
  • 2014/10/14
落花生

落花生は、国内の全流通量の9割が外国産で、国内産は約1割程度。そしてその国内産の約7割が、ここ千葉県で生産されている(2010年)。千葉県産の落花生は、畑でゆっくりと自然乾燥させる手法で、そのおいしさを引き出していると人気だ。ピーナッツが日本に伝わったのは、江戸時代といわれており、当時の医学書「大和本草」にはすでに「落花生」の名前でその名が記されていた。コロンブスが西インド諸島を発見した際、現地のインディオからピーナッツの存在を教わり、以後、貴重な航海食として利用され世界に広まったという。

一つ食べたらもう一つ買いたいおいしい包みめし

すこし甘めのイワシの角煮と大葉が見事に合っているおいしいご飯です。 多古米は値段が高く 千葉県では有名です。 袋に入っていて 食べるときに好みの硬さに自分でにぎって食べます。 温めなくてもそのままでおいしいし、 お茶づけで食べてもおいしい

投稿者:ぐるたび会員(茂原・東金・九十九里/千葉県)
  • 5.0
  • 2014/09/23
元祖 銚子めし 和田浦めし 千葉の旨いめしシリーズ

千葉県特産品を使用した千葉の旨いめしシリーズ 千葉のショッピングモールで大変人気だった千葉の特産品包みめし 元祖銚子めしです。 すべて手作りで販売数量に限りがあります。うりきれごめんの旨いめしです。しかも千葉県特産の多古米を使用しており 食べればお米のおいしさを感じること間違い無しです。 3月26日より数量限定で東金有料道路 野呂PA(東日本リテイル)上下で販売開始します。

元祖勝浦式担々麺

東京大田区に住んでいるとアクアライン(大田区生まれの県知事のおかげで料金も安くなりました)を利用すれば千葉県は身近なエリアなのでグルメ&ドライブと称しちょくちょく出かけています。ということで、元祖勝浦式担々麺食べました。ラー油が辛いんだけど玉ねぎの甘味もあり、なつかしい醤油ベースのスープにほっとさせられる美味しさがありました。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 3.0
  • 2014/09/20
勝浦タンタンメン

千葉県、房総半島の外房海に面した勝浦市のご当地グルメ“勝浦タンタンメン”。タンタン麺といえば、ごま風味をイメージすると思うが、勝浦タンタンメンはごまを使わずに、ラー油、たまねぎ、豚ひき肉をメイン具材として作るのが特徴だ。 海での仕事に携わる人が多い勝浦では、体が温まると支持を集め、現在では勝浦市内だけでも30店舗以上のお店で提供している。お店によって味噌や醤油など、スープのベースも様々。好みの味を探して食べ歩きを楽しんでもおもしろい。

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ