佐賀県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
佐賀県のいかしゅうまい

唐津・呼子

3.4
rank2
アイベリー

唐津・呼子

3.1

佐賀県・今の旬なグルメ

佐賀県のクチコミ情報

ブラックモンブラン

とても美味しいですよ。
当たりバーなので、食べ終わりが気になる!!

投稿者:石橋紀美代(吉野ヶ里・佐賀・有明海/佐賀県)
  • 3.0
  • 2015/03/31
ブラックモンブラン

「ブラックモンブラン」は、42年前に九州で発売され現在までロングヒットを続けている。商品名は、当時社長だった先代の故竹下小太郎がアルプス山脈の最高峰「モンブラン」を目の前にしたとき「このまっ白い氷の山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味しいだろう」との思いで名付けられた。商品は、バニラアイスをチョコレートで覆い、クッキーの粉末をまぶした“チョコクランチ”と呼ばれる種類のアイスバーだ。カリッカリッとした食感が自慢のクランチとピーナッツで食べ応え十分で、“当り”がついているのも子供たちへ大人気の秘密のようだ。他にもモンブランシリーズとして色々な味のモンブランがある。

萬坊のイカシュウマイ

九州の親戚から萬坊のいかしゅうまいが送られてきました。さっそくその日の夕食にからし醤油でいただきました。 プリッとした食感はしゅうまいとしては初体験。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.5
  • 2015/01/25
佐賀県のいかしゅうまい

佐賀・呼子のレストランでは、地元で水揚げされるイカの活き造りが主力メニュー。まさに鮮度が命の料理である。ところが、イカは生のままでは水揚げしてから1日も持たない繊細な魚介で季節や天候によって、どうしても余ってしまう事もあった。余ったからとはいえこのまま無駄にはしたくない、イカから新たな製品を生み出そうと、料理人は新たな商品作りをはじめた。そして何回も試行錯誤を重ねた結果、完成したのが「いかしゅうまい」である。蒸しあげると、華のように開き見栄えがよく食感もおもしろい。完成したいかしゅうまいが出始めると、特徴的な見た目と、今までにないふんわりプリプリした食感が予想以上の反響を呼び、現在の人気に至ったのである。

粒の大きさにビックリ! 味も大満足

アイベリーを初めて見たとき、その大きさにビックリ! イチゴが大好きな息子も、大きな口を開けて何粒も頬張るほどの美味しさです。
食べごたえ、そして味も鉄板のおすすめのイチゴです♪

投稿者:石川やすゆき(北区・板橋区・練馬区/東京都)
  • 4.0
  • 2015/01/13
アイベリー

数あるイチゴの品種の中でも、一粒80グラム以上という最大級のサイズを誇る、ジャンボいちごの代名詞“アイベリー”。大粒の実ながら、繊細な味わいや芳醇な香りもしっかりと兼ね備えている。栽培が難しい上に階級も多いため、なかなか市場には普及しないが、大粒ならではの噛みごたえと品質の良さから、都心の高級フルーツ店などで扱われることが多い。佐賀県唐津市湊町にある「ガハハハウス」は、希少な“アイベリー”のいちご狩りを楽しめる唯一の農園。高級いちごを気軽に食べられると、毎春賑わいを見せる。

来月唐津に遊びに行くので検索していたら、こんなに素敵な物が!

来月唐津に遊びに行くので検索していたら、こんなに素敵な物が!
根菜大好き!ごっちゃ混ぜ(笑)美味しそ。
佐賀は地味な印象でしたが、美味しい物が、沢山あるのですね。楽しみです。
ありがとうございました。

投稿者:土岐牧(つくば・土浦・牛久/茨城県)
  • 2014/10/02
だぶ

具だくさんの郷土料理として、唐津市浜崎地区に古くから伝わる郷土料理「だぶ」。そのユニークな名前ゆえ、一度聞いたら忘れられないという人が多い。名前の由来は、だし汁をたっぷり使って「さぶさぶ」作るところから訛って、「だぶ」になったと言われている。地域によっては、「ざぶ」「さぶ」「らぶ」とも呼ばれるそう。根菜類、しいたけ、こんにゃく、花麩等の煮付けで、有明海産のレンコンは必ず使われるという。今では、祝事・仏事等といった集いの席には、欠かせない定番料理となっている。

大粒イチゴ『アイベリー』のストロベリー・ショコラ・マティーニ

カクテルではバレンタイン期間限定カクテルで希少なイチゴ『アイベリー』を使用します。実は『アイベリー』の別名は『愛ベリー』、バレンタインにぴったりのネーミングの『アイベリー』を手早くピューレにし、濃厚なオーストリア産のチョコレートリキュールと上品なフランス産ウォッカをあわせ、ストロベリー・ショコラ・マティーニで提供しています。シェイカーでホイップした生クリームを浮かべ、刻みチョコレートと金箔をデコレーション。ハート型のオレンジ・ピールの香りがポイントです。濃厚で甘酸っぱい『アイベリー』の味、チョコレートのビターな香りが絶妙のマッチしたフルーツ・カクテルです!

添付イメージ
投稿者:三澤政樹(山形・山寺・蔵王/山形県)
  • 2014/02/11
アイベリー

数あるイチゴの品種の中でも、一粒80グラム以上という最大級のサイズを誇る、ジャンボいちごの代名詞“アイベリー”。大粒の実ながら、繊細な味わいや芳醇な香りもしっかりと兼ね備えている。栽培が難しい上に階級も多いため、なかなか市場には普及しないが、大粒ならではの噛みごたえと品質の良さから、都心の高級フルーツ店などで扱われることが多い。佐賀県唐津市湊町にある「ガハハハウス」は、希少な“アイベリー”のいちご狩りを楽しめる唯一の農園。高級いちごを気軽に食べられると、毎春賑わいを見せる。

エリアで絞り込む