鹿児島県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
知覧茶

鹿児島・桜島

3.6
rank2
柑橘類

鹿児島・桜島

3.4
rank2
坂元のくろず

霧島・国分

3.4
観光スポット
rank1
内之浦宇宙空間観測所

内之浦・志布志・大隅半島

3.0
rank2
蒲生の大クス(国特別天然記念物)

鹿児島・桜島

3.0
rank2
桜島フェリー(鹿児島市船舶局)

鹿児島・桜島

3.0

鹿児島県・今の旬なグルメ

鹿児島県のクチコミ情報

毎朝飲んでます

霧島市福山町の「坂元のくろず」は、お隣垂水市の天然ミネラルウォーターで割って朝食前に毎日欠かさず飲んでます。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.5
  • 2015/01/15
坂元のくろず

美容に健康によいと大注目の黒酢。その故郷は霧島市の福山町で、江戸時代から200年以上続く伝統製法で黒酢が造られている。海の向こうに桜島を望む丘陵地に広がる一面の壺畑。この壺に米麹、蒸し米、地下水を仕込み、1年以上じっくり自然発酵させたものが本場の黒酢。まろやかな風味は、良質な原料米から生まれるアミノ酸、有機酸などによるもので、長期間の熟成によりさらに味わい深いものになっている。また、霧島に行ったらぜひ、このくろず壺畑見学をおすすめしたい。

さつまいもバター

鹿児島空港で購入。さっそく朝食にパンに塗って食べました。 感想 ・・・ 美味しい。まじで美味しい。サツマイモの香りとバターの風味がすばらしい。 さすが鹿児島、サツマイモの使い方最高です。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.5
  • 2014/12/17
鹿児島県のさつまいも

中米から南米北部が原産の”さつまいも”。鹿児島へは西暦1700年前後に種子島島主の前田利右衛門が琉球より持ち帰り、栽培・普及に貢献し、その後の食生活史を塗り替えた。カロリーは米、小麦の3分の1程度で繊維質に富み、加熱しても壊れにくいビタミンCやカリウムを多く含んでおり、健康美容食としても注目されている。頴娃・知覧のブランド産地を中心に、5月の早掘りを皮切りにほぼ年中供給されている鹿児島のさつまいも。現在は健全なバイオ苗100%利用で色も形もすぐれものである。

桜島小みかん

鹿児島のお土産は鹿児島空港で購入した「桜島小みかん」。小粒ながら爽やかな香りで甘味が濃い。よく見ると皮の表面に火山灰らしきものが見えます。そして、なっなんと世界一小さなみかんとしてギネスに登録されているそうだ。  スゴイ!。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.5
  • 2014/12/17
柑橘類

夏は「ハウスみかん」冬はブランド金柑「春姫」が有名である。ハウスみかんの栽培地域は、日置・出水・曽於地区。「お中元商材」として人気が高く、特に「ハウスパンダリン」は、食味・外観ともに優れた商品として人気がある。JA南さつまの金柑「春姫」は、“ハウス栽培の金柑の中で、糖度16度以上、Lサイズ以上、果実全体が濃いオレンジ色でおおわれている”という基準を全てクリアしたものだけを出荷。「春姫」は生のまま食べても甘くて美味しい。

たんかん最高誰が食べても美味しいと評判

たんかん最高誰が食べても美味しいと評判

投稿者:大西理嗣(屋久島・種子島・奄美大島/鹿児島県)
  • 2014/11/19
柑橘類

夏は「ハウスみかん」冬はブランド金柑「春姫」が有名である。ハウスみかんの栽培地域は、日置・出水・曽於地区。「お中元商材」として人気が高く、特に「ハウスパンダリン」は、食味・外観ともに優れた商品として人気がある。JA南さつまの金柑「春姫」は、“ハウス栽培の金柑の中で、糖度16度以上、Lサイズ以上、果実全体が濃いオレンジ色でおおわれている”という基準を全てクリアしたものだけを出荷。「春姫」は生のまま食べても甘くて美味しい。

山は語ってくれないけど地元の人は温かく語ってくれるよ

屋久島の大自然はすばらしく俯瞰するだけで大感動を呼びます。一方、自然を畏れそして共生してきた人たちとの触合いは柔らかな感動をくれます。そして屋久島の旅行を貴方だけの思い出にしてくれますよ。「いなかを感じる旅」のプログラムはガイドたちが貴方だけと触合うために語りかけてくれます。予約制だけど里めぐりなら通年実施可能だから空き時間さえあれば日程調整なしで参加できるよ。屋久島しかじゃない、吉田集落だけの文化や暮らしぶりを楽しんでみてください。

添付イメージ
投稿者:大西理嗣(屋久島・種子島・奄美大島/鹿児島県)
  • 4.5
  • 2014/11/20
屋久島町吉田「いなかを感じる旅」

ありそうでなかった屋久島島民とふれ合う体験型観光プログラム。場所は屋久島の中でもディープな集落「吉田」。屋久島に平家の落人が辿りつたとも言われる集落、吉田だけかもしれない風習や文化を地元の人と楽しめます。所要時間は2時間程度、参加料も1,000円前後とお手軽。おすすめプログラムは、吉田をまるごと知ることができる「里めぐり」。日よって開催可能なプログラムは異なるので詳細はこちらのURLページで要チェック(https://coubic.com/yoshida)

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ