鹿児島県・注目ランキング

ご当地グルメ
rank1
生さつまあげ詰合せ

鹿児島・桜島

3.4
rank2
かんぱち

鹿児島・桜島

3.3
rank2
白くま

鹿児島・桜島

3.0
観光スポット
rank1
内之浦宇宙空間観測所

内之浦・志布志・大隅半島

3.0
rank2
蒲生の大クス(国特別天然記念物)

鹿児島・桜島

3.0
rank2
桜島フェリー(鹿児島市船舶局)

鹿児島・桜島

3.0

鹿児島県・今の旬なグルメ

鹿児島県のクチコミ情報

鹿児島はラーメンの種類も豊富です。枕崎港や串木野港付近では、

鹿児島はラーメンの種類も豊富です。枕崎港や串木野港付近では、まぐろラーメンが、湧水町では、アーモンドラーメンが、美容と健康志向なので、女性に人気です。鹿児島は全般的に豚骨ベースのラーメンですが、天文館周辺の「ラーメン小金太」がおすすめです。

投稿者:図師修(霧島・国分/鹿児島県)
  • 2014/10/18
鹿児島ラーメン

人口一人当たりのラーメン店の数が九州で最も多いといわれている鹿児島県のご当地ラーメンが”鹿児島ラーメン”。豚骨をベースに、鶏ガラ、野菜、煮干、昆布なども使う半濁スープで、ダシを重視したまろやかな味わい。麺には、沖縄の流れを引いた太麺、台湾のビーフンから来た細麺と、ふたつのスタイルがあるが、いずれもやわらかめにして出すという特徴がある。トッピングも店によって様々なものがのせられているので、食べ歩いてお気に入りの1杯をみつけてみて欲しい。

鹿児島は、黒牛、黒豚と高級肉の代名詞になっています。柔らかく

鹿児島は、黒牛、黒豚と高級肉の代名詞になっています。柔らかくうまみ成分が上質なので一口食べれば、病み付きになります。霧島市隼人町にある「 地どりの里・永楽荘 」はおすすめです。黒牛だけでなく、鶏肉も絶品です。生のレバサシやトリサシは外してはいけませんよ。

投稿者:図師修(霧島・国分/鹿児島県)
  • 2014/10/18
鹿児島黒牛

鹿児島黒牛の歴史は古く、明治時代には全国でいち早く県の畜産試験場を設立し、おいしい牛肉づくりのための研究が始まった。当時県内各地で飼われていた羽島(はしま)牛・加世田(かせだ)牛・種子島(たねがしま)牛などの牛に、改良に改良を重ねて生まれたのが現在の鹿児島黒牛である。おいしさや安心・安全にこだわり、丁寧に育てられた鹿児島黒牛は、きめ細やかなやわらかい肉質とバランスのよい霜降りが自慢。その品質・生産量ともに和牛肉の王様と呼ぶに相応しい。

垂水かんぱち「海の桜勘」のカマが鹿児島より届きました

垂水かんぱち「海の桜勘」は刺身や漬け丼で食べても美味しいが、塩焼きしたカマを豪快に食べるのが好きです。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.0
  • 2014/10/13
かんぱち

平成2年頃から県内で広く養殖されるようになり、養殖生産量は全国第1位(平成18年時点)の。刺身用に消費が伸びており、関東を中心に高級魚として人気がある。一見ブリやヒラマサと似ているが、眼から上の部分に黒い帯があり、背面からみると左右2本の縞が八の字に見えることから、「カンパチ」と呼ばれる。身は赤みでコクがあり美味。南方系の海水魚で、魚類・スズキ亜目・アジ科・ブリ属に属し、体長は大きなものになると2m近く、体重は10キロを超えることもある。寿命は大体10年前後。漢字では間八または勘八と書く。

早速食べました「よしや蒲鉾店」のさつま揚げ

やはり、鹿児島から届いたばかりの白金酒造 幻の芋「栗黄金」の原酒をブレンドした秋季限定の芋焼酎 「白金乃露 栗黄金」を呑みながらいただきました。香り高くまろやかな口当たりのこの芋焼酎によしやのイモ天がよく合う。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.5
  • 2014/10/07
生さつまあげ詰合せ

その日に出荷されて直送されるできたてさつまあげ、本場鹿児島の味を知らない人にぜひおみやげにしたい。いとより鯛のすり身を主原料とし、地酒や焼酎、黒砂糖で味付けし、植物性の菜種油で風味よく揚げてある。ほんのりした甘み、ぷりぷりの弾力、やはり本場は違うと実感できるおいしさだ。詰合せは人気のさつまあげが数種入り、いろいろな味を楽しめる。写真はきくら揚3個、れんこん揚2個、棒天3個、しそ棒天2個、野菜天2個の計12個入り。新幹線型の「つきあげあん号」はフレスタ鹿児島中央駅店のみで販売、単品を150円(税込み)で買える。

鹿児島から届いた「よしや蒲鉾店」のさつま揚げ

鹿児島の親戚から中央駅近くの「よしや蒲鉾店」のさつま揚げが届きました。柔らかく、ほんのり甘く、芋焼酎に良く合うんだこれが。特に好きなのはイモ天とキビナゴ天です。食べ始めると止まらなくなるほど旨い。

添付イメージ
投稿者:須山徹郎(品川区・目黒区・大田区/東京都)
  • 4.0
  • 2014/10/06
生さつまあげ詰合せ

その日に出荷されて直送されるできたてさつまあげ、本場鹿児島の味を知らない人にぜひおみやげにしたい。いとより鯛のすり身を主原料とし、地酒や焼酎、黒砂糖で味付けし、植物性の菜種油で風味よく揚げてある。ほんのりした甘み、ぷりぷりの弾力、やはり本場は違うと実感できるおいしさだ。詰合せは人気のさつまあげが数種入り、いろいろな味を楽しめる。写真はきくら揚3個、れんこん揚2個、棒天3個、しそ棒天2個、野菜天2個の計12個入り。新幹線型の「つきあげあん号」はフレスタ鹿児島中央駅店のみで販売、単品を150円(税込み)で買える。

エリアで絞り込む

都道府県

エリア

宿泊日
/ /

利用人数(大人)

食事

旅館・ホテル グルメな宿
オーベルジュ