岩手県
がんづき

雁月

昔ながらの農作業を想いおこす素朴な田舎の甘味

  • 雁月
  • 雁月
  • 雁月
  • 雁月

岩手県や宮城県を中心とした東北地方で、昔から農作業の合間のおやつとして食べられていたという郷土料理。トッピングにクルミや黒ゴマを用いることから、まるく蒸された「がんづき」の上にちらばる黒ゴマを、月と雁(かり)の姿になぞらえ「雁月(がんづき)」と呼ぶようになった。黒砂糖やザラメ、玉砂糖などで甘さを出すことで表面が茶色っぽくなるため、これを「黒雁月」と呼ぶ。一方、上白糖(白砂糖)や牛乳を加えて、白く仕上げたものを「白雁月」と呼ぶ。

PAGE TOP