香川県
さぬきうどん

讃岐うどん

全国的に認知されているブランドうどん!強いコシが魅力

  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん
  • 讃岐うどん

[画像提供]:社団法人 香川県観光協会

香川県は雨量が少なく、温暖な気候に恵まれているため、良質な小麦が作られている。うどんに欠かせない塩も、遠浅で潮の干満の差が大きな長い砂浜と、雨の少ない気候が塩作りに最適。出汁の素材である炒り子の原料となるカタクチイワシが伊吹島周辺で豊富に捕れ、小豆島でしょうゆが多く生産されるなど、うどんや出汁の材料がいずれも地元にあることから、讃岐にうどんが定着した。
香川県内に900店舗とも言われるさぬきうどん店の中で、名店といわれ行列ができる店の多くは、製麺所の軒先でうどんが食べられる形が取られている。
現在ではうどんに適した讃岐の夢2000と言う銘柄の小麦を作る農家も増えている。
讃岐の人は 「うどんは別腹」とご飯とは別にうどんを楽しみます。下段写真は、「やまうちまき(薪)」で焚く、地元の名店のちょっと太目のうどんです。“ひやひや”や“ひやあつ”はこの店から生まれたとか 麺と汁の温度のことです。

このご当地情報の関連記事

PAGE TOP