福岡県
くるめやきとり

久留米やきとり

久留米市は「焼きとり日本一」

  • 久留米やきとり
  • 久留米やきとり

久留米焼きとりの特徴は、その品数の多さ。鶏や豚、牛、魚介類、野菜、巻物などを竹串にさし、炭火でじっくりと焼きあげる。また、ダルム(主に豚の小腸)やセンポコ(主に牛の大動脈)などの珍しい内臓ものの品数が多いのも特徴だ。数量は少ないが中には馬肉をつかったやきとりもあり、そのバラエティーの豊かさで大人から子供まで魅了するB級グルメである。久留米の焼きとり店の店主たちは、お客が喜ぶ味を追求して一品一品を追加しており、それが今日の豊富なメニューとして表れているのだ。久留米やきとりは、ゴム工場などで働く人たちを中心に福岡屋台の影響を受け、発展したものがはじまり。現在、久留米市には焼きとりを出す店は約200軒あるといわれている。

PAGE TOP