長野県
にほんしゅ

日本酒

湧き出る清冽な水と、上質な米とのコラボレーション!

  • 日本酒
  • 日本酒
  • 日本酒
  • 日本酒

[画像提供]上段・下段画像:信州・長野県観光協会

美味しい清酒を造るには、なんと言っても原料の水と米がよくなければならず、酒瓶一升の酒を造るためにはその約20倍の仕込み水が必要。水の良し悪しは酒の品質に多大な影響を与える。酒の味を左右する水に求められるのは、カルシウムやマグネシウムを多量に含み、酒の味を悪くする鉄分などをほとんど含まない天然水。信州には広く日本の屋根として親しまれる飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈があり、山肌を伝って流れる水は、長い年月をかけ大地をくぐり地上に姿を現す。各醸造元ではこれら名水に匹敵する清冽な水で酒造りをしている。

PAGE TOP