茨城県
なめかたばーがー

行方バーガー

地元の野菜や特産品をフルに活用したご当地バーガー

  • 行方バーガー
  • 行方バーガー

[画像提供]上段・下段画像:行方市観光協会

行方市商工会が中心となり開発された“行方バーガー”は現在4種類。養殖場から逃げだして繁殖し、ワカサギなどを食い荒らすアメリカナマズを具材にした「なめパックン」は、脂肪が多く美味しいとされるナマズのカマの部分だけを使用し、パティやトッピングには地元で取れた野菜をふんだんに使用している。 また、茨城産豚肉のメンチカツが具材の「ぶたパックン」、特製ダレで煮付けた地元霞ヶ浦の鯉(養殖鯉)が具材の「こいパックン」、地元合鴨農法で育った鴨肉が具材の「かもパックン」も一度は試してみたい逸品に仕上がっている。

PAGE TOP