福岡県
からとまりえびすかき

唐泊恵比須かき

ぷりぷりでミルキーな2種類の牡蠣をカキ小屋でそのまま食べ比べ

  • 唐泊恵比須かき

福岡市の西部に位置する西区宮浦エリア。ここにある漁村・漁港は、唐泊(からとまり) と呼ばれ、昔から漁業が盛んな場所。漁師さんに大切に育てられたブランド牡蠣「唐泊恵比須かき」は、身が大きく、ぷるんとした食感で何ともミルキーな味わい。1年で食べごろになる“マガキ”と、3年間かけてゆっくり育てるため、大振りで食べ応えがある“岩ガキ”の2種類を養殖しているが、運が良ければ、4月中旬から5月上旬は真ガキと岩ガキの時期が重なるため、カキ小屋で両方を味わうことができる。ぜひ食べ比べてみたい。

PAGE TOP