鹿児島県
かつお

たんぱく質、ビタミンB群・D群たっぷり豊富な枕崎産カツオ!

  • 鰹

[画像提供]:鹿児島県商工労働水産部

おなじみの鰹節の生産量は全国第1位(2002年時点)。この鰹節をつくるときの煮汁から作られるせんじは、まさに珍味だ。たたき、ビンタ料理や腹皮など親しみの深い魚でもある鰹は、黒潮海域に住み、春になると群をなして北上し、9~10月に南下。鰹はたんぱく質が多く、脂肪が少なく、血合いにはビタミンB群・D群を豊富に含んでいる。枕崎では1707年、森弥兵衛が紀州から来て、鰹節の製造法を伝えたという記録があることから、当時すでに鰹節が商品として取り扱われており、鰹が獲られていたことがうかがい知れる。

このご当地情報の関連記事

PAGE TOP