滋賀県
でっちようかん

丁稚羊羹

小僧を意味する丁稚の名が付いた歴史ある羊羹

  • 丁稚羊羹
  • 丁稚羊羹

[画像提供]:和た与

丁稚羊羹の由来は、滋賀県近江八幡市によると「近江八幡から全国へ丁稚奉公に出た子供達が、帰省後に奉公先へお土産として持ち帰った」ものとされるが、丁稚でも買える安価な羊羹だったからという説もある。ちなみに丁稚とは関西言葉で小僧を意味する。その製法は、小麦粉と小豆を練ったものを竹の皮に包んで蒸し上げるというもの。独特のモチモチとした食感と、さっぱりとしたのど越し、竹皮の風味が特徴である。店舗によっては栗が入ったりもする。

PAGE TOP