香川県
わさんぼうはなしぼり

和三宝 花しぼり

職人の高い技術が作り出した至高の砂糖菓子

  • 和三宝 花しぼり
  • 和三宝 花しぼり

寛政2年(1790年)から始まったといわれる讃岐の砂糖作り。「竹蔗(ちくしゃ)」というさとうきびから取れる砂糖を「和三盆」といい、「和三盆」を「研ぎ」と呼ばれる職人技で何度も擦り混ぜ合わせることで、滑らかさと程よい甘さに調節したものを「和三宝」という。その「和三宝」を固めてつくる菓子はおみやげ等に人気があり、シンプルながらも気品にあふれた外見と、控えめさを感じる上品な甘さは、砂糖作りにこだわった讃岐の職人の傑作といえるだろう。

PAGE TOP