愛媛県
いきたいめし

活き鯛飯

卵のコクが鯛の旨みをアップする! 松山市の”活き鯛めし”

  • 活き鯛飯
  • 活き鯛飯

[画像提供]:松山市観光産業振興課

新鮮な鯛の刺身を、醤油だしの入った生卵に入れ、よくからめてからごま、刻みねぎなどの薬味と一緒に温かいご飯にかけて食べる豪勢な一品。この瀬戸内を代表する郷土料理は、南予地方が発祥で、海賊が敵に見つからないように岩陰や船の上で煙を出さずに料理したことが始まりだともいわれている。松山では、鯛をご飯と一緒に炊き込んだ“鯛めし”も古くから親しまれており、最近では“活き鯛飯”として市内でもこの郷土料理が食べられるようになった。

PAGE TOP