島根県
いずもちよづる

出雲千代鶴

ひっそりと蔵を構える、地域に根ざした地酒の魅力

  • 出雲千代鶴
  • 出雲千代鶴

日本神話「八岐大蛇(ヤマタノオロチ」伝説において、日本で最初に酒が造られたとされる島根県の雲南市。現在でも、たくさんの酒蔵が点在し、中国山地の清らかな水と地元産の酒米、出雲杜氏の技によって、良質の酒が造られている。出雲市大東町にある「松本酒造」は、生産した酒のほとんどが地元で消費されてしまう小さな蔵だが、ここの看板商品“出雲千代鶴”は、濃厚な米の旨みと、ほんのりした苦味がクセになる隠れた銘酒として人気がある。日本酒が好きな人は、ぜひ味わってみて欲しい。

PAGE TOP