香川県
きまもり

木守

千利休が愛した茶碗をイメージした上品で風雅な銘菓

  • 木守
  • 木守

[画像提供]:三友堂

「木守」とは晩秋の柿の木に、ただ一つ残された実のこと。その昔。千利休が6人の弟子たちに楽長次郎作の7つの茶碗を見せ、好きなものを与えたところ、趣のある赤楽茶碗が残った。利休はこの茶碗に「木守」と銘打ち、こよなく愛したという。その後「木守」は名器として高松藩松平家に伝わった。――の故事にちなむ。中心の焼印は名器の巴(ともえ)高台(こうだい)を模したもの。自家製柿ジャム入り羊羹を、讃岐特産の和三盆糖を配した麩焼きせんべいでサンド。サクサクとやさしい口当たりの麩焼きせんべいと、干し柿のあわい甘さの調和が風雅な時間へと誘う。

PAGE TOP