北海道
あいぬりょうり アイヌ料理

北の大地の独特の食文化”アイヌ料理”を味わう

このご当地情報の登録者: ぐるたび事務局
  • アイヌ料理
  • アイヌ料理

北海道エリアの先住民族であり、独自に発展した食文化を持つアイヌ民族の料理で、サケ、ニシン、ふき、まいたけ、などの一般的な食材に加え、シカ、タヌキ、キツネ、トド、サメ、キトピロ(行者にんにく)、サルナシの実、などといった多彩な食材を用いて作られていた。現在でも、アイヌ文化が引き継がれる阿寒湖のアイヌコタンで、”マアム(キトピロと山菜の炊き込みご飯)”、”ユックオハウ(鹿肉のスープ)”、”めふん(サケの背ワタの塩辛)”がセットになった代表料理”ユックセット”を始めとする様々な伝統料理を楽しめる。

PAGE TOP

都道府県からえらぶ