このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

松山 歴史と文学のまちを湯ったり観光

松山城

住所:松山市丸ノ内1

日本最後の完全な城閣建築の天守を有する広大な連立式平山城で、天守や門、櫓(やぐら)など21棟が国の重要文化財に指定されています。加藤嘉明が築城に着手し、寛永4年に完成させた四国最大の名城で、火災や戦火で失われた櫓なども全て木造で復元し、当時のままの姿を残しています。江戸時代以前に建築された天守は全国に12城のみの現存となり、その内の1つとして日本の100名城にも選定されています。また、敵の侵入を防ぐため二之丸を取り囲むように山麓から本丸にかけて配された「登り石垣」は、日本最大級で希少なものとなっています。

詳細はこちら

注目トピックス

  • 道後温泉本館

    道後温泉本館

    住所:松山市道後湯之町5-6
    3000年を超える歴史を持つという、日本最古の道後温泉のシンボル。明治27年に建造された木造三層楼の壮大な建物は、築後100年を迎えた平成6年、温泉施設として日本で初めて国の重要文化財に指定され、今なお現役の公衆浴場として利用されています。また、ミシュランガイドブック三ツ星観光施設としての評価を受け、映画「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとしても知られています。

  • 坂の上の雲ミュージアム

    坂の上の雲ミュージアム

    住所:松山市一番町三丁目20
    ドラマにもなった司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」。その舞台となった松山のまち全体を屋根のない博物館と見立てた『坂の上の雲』フィールドミュージアム構想の中核施設。小説の世界や高揚する明治という時代と主人公たちを育んだ松山の歴史を展示しています。

松山の美術館・観光施設

  • 子規記念博物館

    住所:松山市道後公園1-30

    正岡子規の世界を通して松山の伝統文化や歴史について理解を深め、新しい文化の創造に役立てることなどを目的とした博物館です。

    子規記念博物館
  • 秋山兄弟生誕地

    住所:松山市歩行町二丁目3-6

    秋山好古・真之兄弟の生誕地に、当時の湧水を今に残す井戸など、在りし日の暮らしを如実に再現しています。

    秋山兄弟生誕地
  • 萬翠荘

    住所:松山市一番町3-3-7

    大正11年に、旧松山藩主久松定謨の別邸として建てられたフランス式の洋館で、今も残る華やかな大正浪漫に触れることができます。

    萬翠荘
  • 鹿島

    住所:松山市北条辻

    北条港から渡船で3分で到着する島には、島名の由来ともなった野生の鹿が生息。春にはお花見を、夏は海水浴が、通年では釣りなどが楽しめます。

    鹿島
  • 松山城二之丸史跡庭園

    住所:松山市丸之内5

    松山藩主の邸宅跡を復元した庭園。花や木、芝生や水などを利用し、当時の間取りを再現しています。

    松山城二之丸史跡庭園
  • 子規堂

    住所:松山市末広町16-3

    正宗寺(しょうじゅうじ)内に俳人・正岡子規が17歳まで過ごした邸宅を模して建てられた建物。子規の遺墨や遺品、写真等約100点を展示しています。

    子規堂
  • 一草庵

    住所:松山市御幸一丁目440-2

    俳人・種田山頭火が放浪の果てに安住の地として選んだ場所で、現在も建物が残されています。庭には山頭火が詠んだ句碑があります。

    一草庵
  • 庚申庵

    住所:松山市味酒町2-6-7

    小林一茶とも親交の深かった松山生まれの俳人・栗田樗堂(ちょどう)が作った草庵。当時の姿を残して一部改修し、史跡庭園となり親しまれています。

    庚申庵
  • 道後公園

    住所:松山市道後公園

    14世紀前半から16世紀後半までの存続した中世伊予の守護、河野氏の居城「湯築城跡」があり、桜の名所としても有名です。

    道後公園
  • 坊っちゃんカラクリ時計・放生園

    住所:松山市道後湯之町6-7

    道後温泉駅前、道後商店街入口の放生園は、坊っちゃんカラクリ時計や足湯、句碑などがあり、夜にはガス灯もともる温泉情緒溢れるスポットです。

    坊っちゃんカラクリ時計・放生園
  • 道後温泉・椿の湯

    住所:松山市道後湯之町19-22

    道後温泉本館の姉妹湯として昭和28年に道後商店街の角に完成以来、多くの市民に親しまれている温泉。

    道後温泉・椿の湯
  • 道の駅「風和里」

    住所:松山市大浦119

    潮風が心地よい道の駅。新鮮な野菜・魚を販売する特産品販売所やレストランなどがあり、地元の味が気軽に楽しめます。

    道の駅「風和里」

写真提供:財団法人 松山観光コンベンション協会、社団法人 愛媛県観光協会

ページトップへ戻る
PAGE TOP