岩手名物「わんこそば」。どんどん♪じゃんじゃん~♪と掛け声に合わせて100杯越えに挑戦!

2016.05.24

お椀に入ったそばを何杯食べられるか!?そんな遊び心あふれる「わんこそば」は、岩手県を訪れる観光客にぜひ挑戦してほしい食のエンターテインメントだ。数を競うだけでなく給仕さんとの掛け合いも楽しい「わんこそば」。その醍醐味を実際に体験してみた。

盛岡の老舗そば屋「東家」へ

訪れたのは、岩手県盛岡市内にある老舗そば屋「東家(あずまや)」本店。店名は、もともと和食の料理人だった初代・東吉(とうきち)さんの名前をとってつけられた。今や、「わんこそば」で広く全国に知られる店である。これから夏にかけては修学旅行シーズン。食べ盛りの子ども達もわんさかやってくるそうだ。
▲風格ある佇まいの「東家本店」は明治40(1907)年創業。城下町盛岡の歴史ある商店街「中ノ橋通り」にある

「わんこそば」は盛岡市民なら誰もが知っているそば料理だが、実は会社の忘年会や子ども会の行事、県外のお客さんの接待など「イベント」がなければ、味わうチャンスはそう多くない。

というわけで、十数年ぶりの「わんこそば」体験に、なぜかわくわくしながら「東家」の暖簾をくぐった。
▲来店したのは午後の静かな時間だったが、休日の昼どきは満席になることも多いのでご注意を!

本気モードで「わんこそば」100杯越えに挑戦!

▲茹で加減は、長年の経験で見極める

同店では、毎日午前中に「わんこそば」用のそばを打ち終えるそう。春先から旅行者が増えるにつれて「わんこそば」のオーダーも増え、繁忙期になると一日中ずっとそばを茹で続ける日もあるという。
▲茹で上げたら、一気に冷水で締める

「わんこそば」の場合、食べやすいように、他のメニューで提供するそばよりも小麦粉の配分を多めにし、やや柔らかくのど越しがよいそばに仕上げているそうだ。
茹であがったそばは、さっとつゆにくぐらせて、お椀へ!この間数秒。煮干し、コンブ、カツオ節の出汁で毎朝作るつゆは、通常のそば用つゆよりも少し濃い目に仕上げている。
▲ベテラン達の早業で、そばがどんどんお椀に盛られていく!

さて、いよいよ体験!「わんこそば」のコースはそば食べ放題に加えて、薬味の内容や数などで料金も変わるが1人税込2,700円から。

今回は、鮪のお刺身、なめこおろし、とりそぼろ、胡麻、海苔、一升漬、浅漬け、とろろなどの9種類が付く税込3,240円のコースを注文した。(団体料金や小中学生・幼児料金は要問い合わせ)
▲テーブルに並んだ料理はすべてそばの薬味!手前右が「一升漬」

給仕を担当する本堂満智子(ほんどうまちこ)さんは、給仕歴18年のベテランだ。この日はマンツーマンの対応だが、5~6人のお客さんを一度に担当することもあるそうだ。まずは、本堂さんから食べ方のレクチャーを受ける。
▲優しく笑顔で説明してくれる本堂さん(右)

「お椀のふたを開けたらスタートします」
「はい」
「15杯食べると、普通のおそば1杯分です」
「はい」
「つゆを飲むとお腹がいっぱいになるので、そちらに捨ててくださいね。もちろん、飲んでも構いませんよ」
「はい!」
そんなやりとりをするうち、まるでマラソンのスタートを待つランナーのような緊張感とわくわく感に包まれる。

しかも、100杯以上食べた人には東家オリジナル「わんこそば証明手形」がプレゼントされると聞き、本気モードに。お椀の蓋をとって、卓上のエンターテインメントがはじまった。
▲テーブル手前がそばを入れるお椀。右上の小さな桶に余ったつゆをいれる

ちなみに筆者の最高記録は117杯。とはいえ、まだ胃腸が元気な20代の記録なので果たして胃袋がどこまでもつのか、一抹の不安を抱えて臨んだ。が、一口食べはじめると、1杯、また1杯……、つるつるとのどを通るから不思議だ。
▲1杯分はひと口で食べられる程度
▲「はい、どんどん」と掛け声をかけられもう1杯
▲「はい、じゃんじゃん」とまた1杯。気がつけば、数分で15杯をとっくに超えていた

本堂さんのお盆に乗せたそばがなくなり補充に行く間に、薬味もちょこちょこ味わう。なかでも東家自家製の一升漬は、ピリリと辛みが効いて旨い!味のバリエーションが広がるのはもちろん、気持ちを一から仕切り直すのにぴったりの薬味だ。

不思議なもので、50杯を越えるあたりから本堂さんとの絶妙なリズムも生まれ、どんどん椀数を重ねていく。「もう60杯行きましたよ~」と励ましをくれる本堂さんは、まさにランナーを応援するトレーナーみたいだ。

そして、そろそろくじけそうな90杯に差し掛かると、「もうすぐ100杯ですよ~がんばって」。100杯の声を聞いちゃあ、試合を降りるわけにはいかない!
▲心の体制を立て直して、残り10杯をクリア!

「やった~」と思ったのもつかの間。「わんこそば」は蓋をしないと終わらないのだ。実は、この蓋をするタイミングが難しい。「100杯越えたから、あと1杯ね」と迫られ、ついついひと口。
▲「いけます、いけます!」とベテランの技で迫る本堂さん
▲「いや無理ですって」と蓋をするも、隙間を狙ってそばが投入される。この攻防を何度か繰り返し……。
▲ついに107杯!奇跡の記録達成で終了
▲やったー、念願の証明書と手形を獲得

この日筆者が使った蓋付き椀は、岩手県の公認キャラクター「そばっち」が描かれた椀。「東家」では「わんこそば」用の椀としていくつか用意しており、小さなお子さん連れのご家族などに出しているそう。皆さんも、運が良ければこのカワイイ椀を使うことができるかも。
▲カワイイ「そばっち」椀は気持ちも盛り上がる

ところで、「東家」の初代・馬場東吉さんは、地元の割烹料理店で板前をした腕前。その味を引き継ぐ同店では、「わんこそば」以外にも、そば会席や季節限定そばなど人気メニューがいろいろ。

中でも、地元住民に根強いファンが多いのは「特製かつ丼(税込980円)」だ。そば屋ならではのダシとスパイシーな黒コショウの香りがクセになる味。こちらも試してほしい一品だ。
▲東家「特製かつ丼」には小さなおそばがサービスされる

たくさんのお客を一度にもてなす工夫から生まれた、「わんこそば」

さて、満腹のお腹を抱えて2階の座敷を下りると、階段に「わんこそば」の由来が記されていた。それによれば、昔から、岩手では宴会の最後に「お立ちそば」といって、締めの温かいそばを振る舞う風習があった。地主さんは、冠婚葬祭などに100人ものお客さんをもてなしたという。

しかし、そばは大きな釡で茹でても一度に10人前程度が限度。そこで100人の出席者がいたら100の椀に小分けして勧め、その間に次のそばを茹でて別の椀で「おかわりをどうぞ」と勧める、という工夫をしたらしい。

「もうけっこう」と断っても「そういわずに、もっと、もっと」ともてなすのが亭主の心意気。それが、遠方のお客さんをもてなす形として定着したのが「わんこそば」なのだとか。う~ん、そんな深い意味があったのか!
▲先代自筆の「わんこそばの由来」

100杯越えの野望も達成し、お腹もいっぱい。「わんこそば」は、給仕さんとのテンポ良い掛け合いも楽しみの一つなので、ぜひ一度お試しあれ。
写真撮影:川代大輔
水野ひろ子

水野ひろ子

岩手県在住フリーライター。行政や企業等の編集制作に関わる傍ら、有志とともに立ち上げた「まちの編集室」で、ミニコミ誌「てくり」やムック誌の発行をしている。 (編集/株式会社くらしさ)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP