長野でアスパラガス収穫体験!雪解け水で育った旨み凝縮の味を堪能してきた

2017.05.12

日本有数の豪雪地帯である長野県飯山市。山々からの雪解け水は豊富なミネラルと養分を含んだ地下水となって大地を潤し、さまざまな農産物を育みます。そのひとつが「アスパラガス」。長野県はアスパラガスの生産量が豊富で、なかでも飯山市は一大産地です。露地栽培にこだわった飯山産のアスパラガスは太くて栄養価が高く、味が濃くて根元までみずみずしいと評判。そこで、飯山市へと向かいました。

雪解け水と昼夜の寒暖差が生み出す 旨み凝縮のアスパラガス

長野県の北端に位置し、新潟県との県境にある飯山市は、北信濃あるいは奥信濃ともよばれる地域。関田(せきだ)山脈に囲まれ、冬は平地部で最深積雪平均が140cm、山間部では400cmを超える日本有数の豪雪地です。雪解け水は千曲川(ちくまがわ)となって市内の中央を悠々と流れ、周囲の田畑を潤します。
▲飯山市中心部を南北へと流れる千曲川

そんな飯山市で主力の農産物がアスパラガス。この野菜は90%以上が水分でできているので、飯山のおいしい水を存分に吸収して育ちます。しかも飯山市は昼夜の温度差がはっきりしているので、糖度が高くておいしいアスパラガスが育まれているのです。さらにグリーンが濃く色鮮やかで、穂先がきゅっとしまっているのも、滋味深い飯山産アスパラガスの特徴です。
▲長野県はアスパラガスの生産量が全国第3位(2014年農林水産省「作物統計」)。飯山市を中心とした北信地域で生産しています

そんなおいしいアスパラガスを求めて目指したのは、飯山市信濃平(しなのだいら)地区。田園風景が広がり、山々に囲まれた飯山市内のなかでも特に自然と共生する里山の暮らしが体験できるエリアです。ここにはアスパラガスを生産する農家民宿がいくつもあり、「信州いいやま観光局」では宿泊(1泊2日11,200円~2泊3日27,500円/税・サ込)で収穫体験を受け付けています。いずれのプランも、アスパラガスのほかに旬の山菜を使った料理が味わえると人気を集めています。
▲アスパラガスの例年の収穫最盛期は、ゴールデンウィーク明けから5月下旬

たどり着いた信濃平の畑からは、ニョキニョキと見事な大きさのアスパラガスが生えていました。なんとアスパラガスは根が1m以上にもなる野菜で、水はけがよく栄養分が高い理想的な土地では24時間で20cm近くも地上に向かって伸びることがあるそうです。

では早速、収穫体験スタート!

まずはジャージなど、汚れてもよい服装に着替えを。靴は歩きやすいスニーカーか長靴で。長靴は飯山駅の観光案内所でのレンタルも可能です(要予約・税込500円/1日)。爪の汚れなどが気になる人は軍手も持参します。小雨決行なので、天候次第ではレインウェアも必要です。

続いて、農家さんから採り方の説明や注意事項を伺います。
「アスパラガスは病気になりやすい植物です。そこで、畑の中で歩いていい場所や収穫できないものをお伝えするので、それに従ってください」
生えていればなんでも採っていいというわけではないようです。
▲畑の中にはこれから成長するアスパラが眠っています。踏まないように気をつけながら進みます

それでは、いざ畑に入って収穫!農家さんの指示に従い、アスパガラスの上部を優しく持って鎌や小刀で根元から刈ると…。なんと、刈ったばかりの茎の断面からは水滴が!いかに水分豊富なアスパラガスであるかを実感できます。
▲片手で優しく上部を持ち、根元に刃先を置いて手早く切ります
▲収穫したてだからこそ実感できる切り口のみずみずしさ。ぜひ現地で体感してほしい!

収穫の所要時間は1時間ほど。それだけでも食べきれないほど収穫ができます。それに、畑の中で農家さんにいろいろな話を聞きながら過ごす時間は、本当にさわやかで気持ちがいい!日々の疲れも吹っ飛んでしまいそうです。
▲短時間の収穫でも袋いっぱいに

採れたてのアスパラガスを昼食や夕食で堪能

こうして収穫した大量のアスパラガスは、農家民宿の昼食や夕食でいただくことができます。収穫体験プランは、飯山の自然をたっぷりと体感できる宿泊プランが特に好評だそう。さらに、希望者はおみやげとしてアスパラガスを持ち帰ることもできます。
▲収穫体験の後は農家民宿でアスパラガスを使った料理をいただきます。こちらはアスパラガスを使った生春巻き(料理の内容は民宿によって異なります)
▲アスパラガスのムースを提供している民宿もあります

さらに、農家の方からは地元ならではのおいしいアスパラガスの食べ方も教えていただきました。なんと、地元では採れたてのアスパラを生のままスライスしてサラダに入れて食べているのだそう。新鮮だと生でも食べられるんですね!また、BBQでそのまま焼いたり、軽く茹でてポン酢とマヨネーズをかけて食べたりするのもおいしいそうです。
▲新鮮なアスパラガスを斜め切りにスライスして生のままサラダにトッピングするのが地元の食べ方!
▲BBQで焼くのもおすすめ

ちなみに、アスパラガスは疲労回復に効果があるといわれている野菜です。アスパラガスの旨味成分である「アスパラギン酸」は疲労回復の栄養素として多くの栄養ドリンクに利用されており、持久力を向上させたり、代謝を促す効果、体力や免疫力を高めて丈夫な体をつくる効果などがあるそう。さらに、「アスパラギン酸」には美容への効果も期待されていて、多くの化粧品に含まれているのだと農家の方に教えていただきました。
▲アスパラガスの独特の味わいは穂先に多く含まれる「アスパラギン酸」によるもの。なお、その名称はアスパラガスから発見されたことから名付けられたのだとか

おいしいアスパラガス料理を求めて 道の駅「花の駅・千曲川」へ

飯山市では収穫体験だけでなく、千曲川に沿った国道117号線にある道の駅「花の駅・千曲川」内の農産物直売所「千曲川」やスーパーなどで採れたてのアスパラガスを購入することもできます。
▲道の駅「花の駅・千曲川」の農産物直売所「千曲川」。契約農家から採れたて野菜が次々と運ばれてきます

道の駅「花の駅・千曲川」にある「Cafe 里わ」では、この時期だけの特別メニューとして、アスパラガスを使った料理も提供。5月下旬から6月上旬までは、期間限定でアスパラガスを使ったペペロンチーノ(税込1,200円)が味わえます。サッと加熱したみずみずしいアスパラガスの甘みが生きた、オイルベースのパスタです。
▲新鮮な野菜や飯山特産の米などを使ったオリジナルメニューが揃う「Cafe 里わ」
▲アスパラガスを使い、エビをトッピングしたペペロンチーノ(税込1,200円)
▲「Cafe 里わ」にはテラス席もあり、食事をしながら雄大な山並みを楽しむことができます

この「Cafe 里わ」以外にも、5月下旬から6月にかけては、期間限定でアスパラガスを提供する飲食店が飯山にはあります。水滴がしたたるほど新鮮なアスパラガスはやはり産地でしか味わえない逸品。ぜひ、この時期ならではの旬の味わいを飯山市で堪能してください!
島田浩美

島田浩美

編集者/ライター/書店員。長野県出身・在住。信州大学卒業後、2年間の海外放浪生活を送り、帰国後、地元出版社の勤務を経て、同僚デザイナーとともに長野市に「旅とアート」がテーマの書店「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。趣味は山登り、特技はマラソン。体力には自信あり。(編集/株式会社くらしさ)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP