流れる星を堪能。八重山諸島のロマンティックリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」

2016.06.28 更新

太陽が輝く昼も、夕日にうっとりする夕方も、星がきらめく夜も。海と緑に囲まれ、極上の時間を過ごせる小浜島のリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ小浜島」。島の食材をふんだんに使った食事や開放感あふれるスパを体験し、心も身体もリラックス。静かな楽園でのんびりゆったり過ごしてきました。

※星野リゾートによる「星野リゾート リゾナーレ小浜島」の運営は2017年3月31日をもって終了。2017年4月1日より「ホテルアラマンダ小浜島」「ホテルニラカナイ小浜島」としてユニマットプレシャスが運営しております。

青い海、星降る夜を堪能できる

星野リゾートが運営する「星野リゾート リゾナーレ小浜島」は、東京ドーム約26個分もの広大な敷地面積を持つ一大リゾート。敷地内には八重山諸島唯一のゴルフコースもあります。緑あふれる敷地内にはヴィラタイプのお部屋が点在し、手入れの行き届いた敷地内には一年中、鮮やかな花々が咲き誇っています。
▲気持ちのいい緑があふれる敷地内

広い敷地はカートに乗って、ワクワクしながら部屋まで移動。そして部屋に入った瞬間、目の前の景色に心躍ります!

ヴィラタイプの2階の部屋からは、八重山のきれいな海が!思わずため息が出てしまうほどの眺望です。
▲デイベッドから八重山のきれいな海を一望(スーペリアスイート)
▲広々としたツインルーム(リゾナーレツイン)

ゲストルームの中には、ベッドルームのほかにデイベッドやプールまで付いたスイートルームタイプのお部屋もあるとのこと。ほとんど部屋から出ずに、のんびりと過ごす人も多いという話にも頷けます。
▲広々としたテラスにプール、デイベッドも楽しめるロイヤルスイートルーム

非日常を心ゆくまで味わえる

夕方、プライベートビーチの「イルマーレビーチ」まで散歩に行ってみました。陽が傾き始め、一層静かなひと時を感じます。鳥の声と波の音しか聞こえません。

ビーチまでは宿泊棟付近から歩いて7、8分ほど。散歩しながらのんびり行くのもいいけれど、20分置きにホテル内を循環するシャトルバスが出ているので利用するととても便利です。
▲ビーチの目の前にある「島Books&Cafe」

海を眺められるカフェ、「島Books&Cafe」には、海や島、旅などをキーワードとしたスタッフおすすめの本がたくさん並んでいて、カフェ内での貸出は無料。本を読みながらスイーツやドリンクを楽しめます。
▲森の中の図書館を想起させる「ガジュマル広場」

ビーチのすぐ前の「ガジュマル広場」には、森の中だというのにこんな本棚が。広場にあるハンモックに揺られながら、自由に本を読めます。
▲ガジュマル広場。暗くなるとライトアップされます

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」では、宿泊客が目一杯滞在を楽しめるよう、数多くのアクティビティプログラムが準備されています。

海でのシュノーケルやシーカヤック、夕暮れの景色を楽しむカヌーに、ガイドさんと敷地内をカートに乗って沖縄ならではの生き物を探しにいく「プライベートサファリ」など。ほかにも、季節によって変わるアクティビティもあります。
※各アクティビティの開催時間や料金など詳細はホームページをご確認ください。
▲ウインドサーフィンなどの様々なアクティビティが楽しめます
▲陽が落ちるとロマンチック度がアップ
▲無料で楽しめる「ティンガーラ ハンモック」に揺られながら満天の星を。天の川もくっきり見えるんです

島々のものをふんだんに味わえる食事

▲旬な食材を使う「DEEP BLUE」のコース料理の一皿(写真はイメージです)

ディナーは、レストラン「DEEP BLUE」でコース料理(6,500円~・税込)を。琉球の食材を使い創作されたイタリアンは、これまでに味わったことがないような美味しさに驚きの連続でした。料理に合ったものをサーブしてくれるワインコース(お料理プラス3,800円・税込)のワインがまた美味しくて感動はさらにひとしお。

朝は「クラブハウスレストラン」で朝食ビュッフェを。もずく酢やゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理から和食、洋食、フルーツやスイーツまで、味わいつくせないほどのメニューがずらりと揃います。
▲豊富なメニューが並ぶ朝食ビュッフェ

八重山の自然の中で心も身体もリラックス

▲朝日を浴びながらビーチでストレッチを

ホテル内で体験できるコンテンツの中でも特におすすめなのは、雨天・荒天の日以外、毎朝行われている無料のアクティビティ「フレッシュエアストレッチ」。早起きをしてビーチで行うストレッチはなんとも言えない気持ち良さでした。
▲オーシャンビューのスパルーム

全室オーシャンビューのスパ専用施設「リゾナーレ 琉球スパ」では、ハイビスカスや月桃(げっとう)など沖縄独特の素材を使ったメニューが体験できます。

この日は、3月~6月の春限定「ハイビスカスの微笑(2泊3日の「ハイビスカス美人ステイ」に含まれる)」プランの中の「露天ハイビスカススパ」と、通年提供している「珊瑚礁の恵」(60分21,600円・税込)からボディスクラブの施術を体験させてもらいました。

ボディスクラブでお肌を磨いたあとは、「露天ハイビスカススパ」の開放感の中でリラックス。どちらも、ビタミンとクエン酸がたっぷりのハイビスカスエキスを使用しているのでお肌がすべすべになったように感じます。ステイ取材の極上の締めくくりでした。

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」は、友達や恋人と一緒にアクティブにステイするのはもちろん、ひとりで心からのんびりする過ごし方もおすすめです。

石垣島から船で約25分の小浜島で味わえる贅沢。飛行機と船を乗り継いで小浜島まで来たら、楽園の癒しをさらに感じられること間違いなしです。
笹本真純

笹本真純

石垣島在住の編集者、ライター。八重山のローカル誌「月刊やいま」編集、沖縄観光サイト「沖縄CLIP」フォトライター。八重山の島々の人、自然、食、祭り、芸能などあらゆる事柄を取材している。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

今おすすめのテーマ

PAGE TOP