青春18きっぷで行く!はじめてのひとり旅〈前編〉

2016.10.03 更新

こんにちは!小さい旅も大きな旅もだいすきな都内学生のみゆうです。女の子のひとり旅を応援するフリーペーパーを作成している「学生団体mof.」に所属しながらも、なんとひとり旅未経験。見て、感じて、食べて、食べて、食べて...。そんな初めてのひとり旅、旅録です。

▲これからの5日間お世話になる青春18きっぷ

はじめてのひとり旅になぜ18きっぷ旅を選んだか。
それは、まずは国内からがいいな…という小心者な理由と、時間はたくさんあるけどあまりお金がない学生の夏休みに18きっぷ旅はもってこいだよ~!と友人からすすめてもらったことがきっかけでした。

18きっぷの利用じたいも初めてで、長時間の移動に耐えられるのか…、人と一緒にいる時間が大好きな自分がひとりぼっちに耐えられるのか…など不安をあげたらキリがないため、勢いに任せてとりあえず出発することにしました。
▲憧れの角島が目的地!

夏休み前のつらいつらい試験期間を乗り越えるため、夏休み初っ端に18きっぷ旅を設定。
2016年8月4日~8日までの5日間、最近話題の角島大橋(山口県)の絶景を見ることをいちばんの目的とし、東京から本州最西端にある角島までを往復することに。果たして無事帰ってこれるのか、ドキドキ......。

いざ出発!東京から倉敷を目指します!

目を擦りながらも初めての一人旅にワクワクし無事東京駅から山手線4時50分の始発に乗ることに成功!乗り換え予定時間にタイマーをかけて睡眠をとります。大事。睡眠大事。

と、いいつつもワクワクしながら写真の練習。
▲たまたま小窓におさまった根府川駅の看板

品川で東海道本線に乗り換え、小田原、熱海、浜松、豊橋、大垣で行先のちがう東海道本線に乗り換えます。これだけ乗り換えてもまだお昼前。寝過ごすこともなく順調です。
▲向かい合う座席の電車に乗るだけで旅行気分が高まります

米原(滋賀県)で琵琶湖線に乗り換え、姫路で山陽本線に、相生(兵庫)で本日最後の乗り換えを。

そしてゆらゆら揺られること約12時間。
ふぁ~~~~~~~!!!
一日の半分をかけて到着したのは岡山県倉敷!お尻が痛い痛い!

歴史にかなり詳しいというわけではないのですが、時代を感じることのできる建物や町に行くことが好きなので、ここ倉敷で最初に降り立つことにしたのです。
▲新鮮な空気にテンションがあがり、嬉しそうな私

さっそく向かったのは美観地区!
旧幕府の天領の町として知られ、白壁や格子の窓など歴史ロマン薫るすてきな町並みです。

夕方に到着したので観光できる時間は短いですが、かけ足で巡ってみたいと思います!!ドン
▲美観地区の入り口付近。もう素敵。素敵~~~
▲岡山土産として人気のきびだんご
▲写真スポットであろう場所で撮っていただきました
▲川舟に乗ることはできませんでした...残念
▲風情ある古い町並み。歩いてるだけなのに落ち着きます

町並みだけでなく、立ち並ぶお店もそれぞれ独特の味わい深さがありました。
▲なんだか惹き込まれるお茶屋さん
▲趣ある古本屋の蟲文庫
▲店先から漂う不思議な雰囲気。おばあちゃん家に来たかのような安心感に包まれます

美観地区では1カ月遅れで七夕があるそうで、8月4日のこの日は、あちこちに短冊が飾られていました。
▲ほのぼの幸せになるお願い事発見。にしても短冊ながっ

昔の建物や町並みをしっかり残しつつも、おしゃれな雰囲気いっぱいの美観地区。
もう少し時間があったらいろんなお店にゆっくり入りたかったな~と思いました。

どんどんシャッターが下り寄れるお店もなくなってきたし、お腹もすいたので美観地区の中にあるお蕎麦屋さんで天丼をいただくことに。
▲とーーーっても美味しかった
▲店内に短冊があったので私も切実なお願い事を
そしてこの日は、あらかじめネットで調べて雰囲気がすてきそうだった「Hostel&Bar クオーレ倉敷」に泊まることに。
▲階段を降りるとホステルのエントランスもあるバルへ
▲流行りのポケモンGOも楽しめます
▲吹き抜けの地下にはバル、吹き抜けのうえが宿泊部屋

スタッフの方から「リビングのようにバルを利用していいですよ~」と声をかけていただき、バル内にある雑誌を読んだりハンモックにゆられたりと、とても居心地よく過ごさせていただきました。
▲宿泊したドミトリータイプの212号室。ひとり旅をする7人がルームメイトでした

部屋の中には2段ベッドが4つあり、ベッドひとつぶんが自分のスペースという感じです。
ちょっと窮屈かな~と覚悟していきましたが、思っていたよりもベッドも広くて1泊するだけ、と思うとちょうどいいくらいでした!
▲外国からの宿泊者もたくさんいました!わたしも記念に書きました

2日目:高松経由で広島へ。
美味しいものときれいな景色でお腹も心もパンパンに

この日の朝ごはんは讃岐うどん!と決めていたので早起きをして香川県へ。
朝は苦手なのですが自分でも驚くほどパッと目が覚めました。食い意地ですね。

8時半すぎに倉敷を出発し、山陽本線で岡山駅まで。岡山駅からはマリンライナーに乗り瀬戸大橋を渡ります。スピード感あるマリンライナーも18きっぷで利用できるんです!
▲初マリンライナー!天気も良くてきもちいい!
▲こんな楽しい駅の標識が。うどん県さぬきうどん駅(訳:香川県高松駅)
▲四国上陸~~~~~~~~~~~~~~!
▲おうどん。大好きなナスの天ぷらといっしょに!税込470円
おなかをを満たしたところで次に向かうは宮島。来た道を引き返し岡山まで戻り、ゆらゆら電車旅再開です~
山陰本線に乗り宮島口駅に到着したのは夕方17時頃。
フェリー乗り場までの途中にある「うえの」にて本日の夕飯となる穴子飯弁当をゲット!
▲店先までいい匂いがぷんぷん

すぐさまフェリーに乗り宮島へ。
18きっぷでフェリーにも乗れるんです。乗るしかないですよね。
▲風がきもちいいいい
▲宮島に無事到着!
▲あちこちにいる野生の鹿ちゃんたち
▲餌をもらえないと分かった瞬間に立ち去るお鹿様

鹿ちゃんたちに別れを告げ、宮島センター街へ!
▲宮島名物が並びます
▲ほっこりする看板を発見。私は幸せ、私は幸せ~(呪文)

お腹がすいた!!!しかしここで弁当を広げるわけにはいかない、、、
宮島名物食べるしかない!!!そんなとき私が選んだのは紅葉堂の「揚げもみじまんじゅう」。
▲字体からも伝わるおいしさ。まだ食べていないけど、分かる、絶対においしい
▲1個税込180円なり
▲食いしん坊&欲張り。ひとりで3種を頬張ります
▲気づいたらぺろり完食

そういえば朝のおうどんから何も食べていなかったのです。ご愛嬌、、
お気に入りは瀬戸内レモン。さっぱりしていて真夏にはもってこいな爽やかな味でした。

お腹を満たしてむかうは厳島神社。
▲神聖な場所へ
▲綺麗な赤は撮っていて楽しいです
▲神社本殿から見る大鳥居
▲叶うといいなあ、頑張れ!!
▲鹿が砂浜を散歩しています

干潮だったので大鳥居の元までいけました。
▲迫力大!満潮時に浸っていたであろう跡があり、なんだか神秘的な気分に

何年か前に、満潮の厳島神社に来たことがあったのですが、そのときとはまた違った感動がありました。
潮の満ち引きで景色が変わるのは当たり前だけど、こんなにも違ってどっちがいいとか決められないですね~ 

さあ、夜ご飯は来る途中に購入した穴子飯です!
▲ご当地弁当感がすてき。こちらは「レギュラーあなごめし弁当(税込1,944円)」
▲香ばしくふかふかな穴子。タレが染み込んだご飯もうまうまっ
いい匂いを嗅ぎつけてきたのか、シカがたくさん集まってきました。一時的にモテモテに。
▲穴子飯を守ることに必死で、持っていたパンフレットを食べられてしまった
▲ばっちりカメラ目線いただきました。

ゆっくりのんびり過ごしているとあっという間に夕焼け空に。お昼とは違った宮島の雰囲気もすてきです。
▲水面がキラキラ
▲この景色をみながらのんびりデートなんて羨ましい

急遽決定?!地元民とカープ応援!

そんなこんなで宮島を満喫し、宿泊先の広島駅へ帰ります。

20時頃広島駅へ着くと、真っ赤な群団が!!!なにやら近くのマツダスタジアムでカープと巨人の試合があるそう!!わたしも急遽参戦することにしました。
▲球場に向かう途中に発見

私が着いたころにはもう始まっていて、球場は大盛り上がり!
▲白熱する球場
▲点が入るたびに近くのおじさんたちがハイタッチしてくれます

野球観戦はふだんしないのですが、みんなで一緒に応援して、よろこんで、と一体感がありました。
のちにカープが優勝することになるとは……!
なにより地元の人たちと少し仲良くなれた気がして、とっても嬉しかったです。

さあ、明日はこの旅の一番の目的地角島へ!無事に行けるのか……?!
後編へ続きます……!
菱沼 美優(学生団体mof.)

菱沼 美優(学生団体mof.)

都内学生。女の子のひとり旅を応援する学生団体mof.所属。フリーペーパー『たびぃじょ』の企画・制作を行っている。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

今おすすめのテーマ

PAGE TOP