蒜山高原の山ぶどうでつくった極上ワインを堪能する「ひるぜんワイナリー」

2016.11.13 更新

西日本有数の避暑地・蒜山高原で、自生していた野生の山ぶどうから糖度が高く酸味の少ない山ぶどうを選び、栽培してできた高品質な「ひるぜんワイン」。雄大な自然の中でワインをつくる「ひるぜんワイナリー」で思う存分「ひるぜんワイン」を堪能します。

蒜山三座を望むワイナリーでテイスティング

「ひるぜんワイナリー」は、蒜山三座(上蒜山・中蒜山・下蒜山の3つの山)の風吹く牧歌的な雰囲気の高原の一角にあります。こちらでは、実際にワインをつくる醸造所に醸造の工程を垣間見れる見学スペースを備えており、季節ごとの作業風景を見学することができます。

さらに、施設内には「ひるぜんワイン」を思う存分堪能できるカフェが併設されています。また、ワインショップではここでつくられたすべてのワインが購入可能です。

まずは施設奥にある醸造所を見学します。
秋は山ぶどうの収穫期、醸造所はフル回転です。「ひるぜんワイン」の社長、植木啓司さんがワイン醸造工程を丁寧に説明してくださいます。植木さんはワイナリーにいる際はできるかぎり店頭に立ち、接客することを心がけているそうです。
▲「ひるぜんワイナリー」の奥にある見学スペース

「ひるぜんワイン」は、1981(昭和56)年に蒜山高原の北部、旧川上村(現真庭市)の村おこしのために地域に自生していた山ぶどうを活用した商品開発の一環として開発したものです。植木さんは美味しいワインづくりのため43歳のときに大学へ入りなおして山ぶどう栽培を一から学んだのだとか。
▲ひるぜんワイン有限会社 代表取締役社長の植木啓司さん。イケメン!
▲一種類ずつ丁寧な解説が訊けるテイスティングコーナー

試行錯誤の上つくりあげた、高品質なワインを10種類テイスティングできるのがこちらのコーナー。植木さんやワイナリーのスタッフの説明を伺いながら試飲できます。
わたし、正直、「日本のワインは甘ったるくてジュースみたいなんでしょう?」と思っていました。しかーし!「ひるぜんワイン」をいただいて、日本のワインの概念が変わりました。美味しい!

豊富な鉄分とポリフェノールを含む山ぶどうを原料にしたワインは、野性味を持ちながら口当たりがふわりと柔らかく飲みやすいのが特徴。蒜山産の山ぶどうは甘みが強いため、こっくりしているけれど後味すっきり、旨みをしっかり舌に感じます。
ひるぜんワインでつかう山ぶどうは色が濃いのが特徴。色も楽しめます。

「ひるぜんワイン」との相性抜群のランチを楽しむ「カフェ・コアニエ」

テイスティングで自分好みのワインを選んだ後は、「ひるぜんワイン」が堪能できるカフェ「カフェ・コアニエ」でランチがおすすめ。「ひるぜんワイン」に合うチーズの提案をしてもらえたり、ワインが楽しめるランチメニューが揃っています。
おすすめは「蒜山産そば粉と地元食材のお食事クレープ~高原ガレット~」(税込1,080円)。本場フランスと遜色ない、本格的なガレットです。ガレットに使われているそば粉は蒜山産、具材のハムは蒜山ジャージー牛のハムと、こんなにおしゃれなのに地場食材を使っています。こちらのお供にはライトな口当たりの「ひるぜんロゼ」がおすすめ。
平日でも売り切れるほど人気の「蒜山薬膳カレー」(税込870円)。濃いめの味には、赤ワインをオーク樽で熟成させた「山葡萄」がおすすめ。スパイシーでフレッシュなタンニンの深い味わいが美味しい逸品です。
▲左から「山葡萄」(700円)、「ひるぜんロゼ」(450円)、「妖精たちの宴」(500円)※すべて税込。グラス一杯料金

ハンドルキーパーにはノンアルコールワインの「妖精たちの宴」がおすすめ。「ワインよりもワインらしい」と言わしめる、濃厚な深い味わいと品格の山ぶどう果汁です。ノンアルコールなのに、蒜山産のチーズとよく合います。
食後にはソフトクリーム(各種税込350円)をいただきましょう。

こちらは一番人気の山ぶどうとジャージーミルクのミックス。
ジャージー牛のソフトクリームというと濃厚さが売りのものが多いですが、このソフトクリームはとても軽い。山ぶどうの酸味もスッキリとしていて食後のお口直しにも最適です。
このソフトクリームをつくるにあたっても、植木さんは蒜山中のソフトクリームを食べ尽くし、他店とは違う味を追求したそうです。
また、自社ぶどう園を持つ「ひるぜんワイナリー」では、秋に山ぶどうの収穫体験ができます。蒜山の美しい自然も堪能できるおすすめの観光スポットです。日程はホームページなどでチェックしてください。

蒜山は、ジャージー牛やジンギスカン、蒜山やきそばなどたくさん名物がありますが、私はこの「ひるぜんワイナリー」が一押しです。
ワインを通じて、観光客のみならず地域振興に寄与できるワイナリーを目指す「ひるぜんワイナリー」。蒜山に来たらぜひ訪れていただきたいスポットです。
ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは「地域の魅力を広告する」地域広告会社です。 広告といってもチラシやポスターをつくるだけではありません。地域のおいしい野菜があれば、それを使って商品も作ります。素敵だと思う商品を販売したりもします。地域の魅力を掘り起こして「これ、いいでしょ!」と伝えていく、それが私たちの仕事です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP