眺めるだけじゃもったいない!桜島で大自然と戯れる体験プログラム

2015.06.17

鹿児島のシンボルといえば、桜島!桜島は鹿児島の内海・錦江湾に浮かぶ火山島です。昔は本当に「島」だったのが、大正3(1914)年の大噴火によって大隅半島と陸続きになったというのは有名な話です。現在も活発に活動を続けていることでも世界的に注目されています。人も住んでいるし、意外にも鹿児島港からフェリーで15分程とアクセスが良く、旅人が気軽に訪れることのできる観光地のひとつでもあります。そんな桜島では最近、様々な体験プログラムが人気なのだそう。今回は桜島の体験プログラムを運営する「桜島ミュージアム」にご協力いただき、一番人気のシーカヤックと散歩感覚でサクッと回れるガイドウォークを体験してきました。

小学生でも楽しめるビギナー向け「ちゃぷちゃぷカヤック」

今回体験したのは、初心者向けの「ちゃぷちゃぷカヤック」。気軽にシーカヤックを体験できる1時間のプログラムです。準備運動の後、波が穏やかなビーチでガイドさんから操船方法を教わります。安定性のある2人乗りのカヤックを使用するので、初心者でも安心です。前身、後退、方向転換や停止など、ひと通りの方法を習ったら、いよいよ大海原に出発!
いざ海に漕ぎ出ると、行き交う船の波がこちらに向かってくることも。あえてオールを漕ぐ手を休めてその波に身を任せていると、ふわっと身体を押されるような大自然の持つ不思議なパワーを感じます。

ここでしか見られない絶景を満喫!

そして、ガイドさんにいざなわれて到達したポイントからは、桜島と鹿児島市内の高層ビル群、さらに霧島連山を一挙に見ることができます。鹿児島の観光地を一望できる、まさに穴場スポット!こんな景色はここでしか味わえません。
浅瀬まで進むと、海底にまで溶岩が広がっているのがわかります。箱メガネで水中をのぞいてみると、その溶岩に生息するサンゴ礁やイソギンチャク、小魚たちの姿が。ただし、ずっとのぞいていると、船酔いしてしまうので注意してくださいね。

そんなこんなであっという間の1時間。今回は「桜島ミュージアム」による初心者向けコースでしたが、本格的にシーカヤックを体験したいなら、桜島ミュージアムが連携している「かごしまカヤックス」による「桜島GEOツアー」がおすすめ。3時間コースと1日コースがあるので、もっとディープに桜島を満喫することができます。「桜島GEOツアー」も「桜島ミュージアム」のホームページから予約OK!シーカヤック体験の際は、濡れても構わない服装で来ることもお忘れなく。

「知って」「見て」「触って」桜島を100倍楽しむ!

次に参加したのは「気軽に火山ガイドウォーク」です。今回のガイド役は、火山地質学の専門家であり「桜島ミュージアム」代表の福島大輔さん。「桜島ビジターセンター」で桜島の歴史や地層、植生などについて教えていただいたあと、付近を散策しながら本物の溶岩や植生を体感します。
▲突然カバンから小さなビールのおもちゃを持ち出し、たとえ話をしながら説明する福島さん


ユーモアを交えながらわかりやすく説明する福島さん。「知った」上で実際に見たり触ったりといった「体験」をすることで、桜島をより身近に感じられます。また、主要スポットを巡るコースや、火山や地質についてより専門的に学べるコース、桜島の穴場を回るコースなど、様々なコースが用意されているのもうれしいポイントです。
ほかにも桜島では「溶岩でピザ窯&ピザ作り体験」や「桜島天然温泉掘りツアー」などの体験プログラムが20個以上もあるそう。降灰に見舞われながらも、鹿児島県民に心から愛される桜島。実際に現地に足を運んで桜島を丸ごと体感することで、人気の理由がきっとわかるはず。
さわだ悠伊

さわだ悠伊

鹿児島市出身・在住のフリーライター。グルメ、旅、コラム等ジャンルや媒体を問わず活動中。鹿児島県内の離島取材も豊富。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP