2018年 京都の人気初詣先15選!着物でめぐりたい新春の古都

2017.12.26 更新

あまたの世界遺産が街中にあり、国内外から多くの観光客が訪れる千年の都・京都。厄除けや恋愛成就、合格祈願などのご利益がいただける神社仏閣が多数鎮座していることでも有名です。そこで今回は、お正月の初詣にぴったりな15ヵ所を厳選しました!また、せっかくの初詣は着物で出かけるのもおすすめ!便利な着物レンタル情報もあわせてご紹介します。

1.鴨川の源流、水の神様がおわす「貴船神社」

京都市左京区は鞍馬山の麓にある「貴船神社」。ご祭神は水の神様である高龗神(たかおかのかみ)で、酒造業や漁業など水に携わる人が多く訪れます。
恋愛成就など縁結びのご利益があることでも有名で、平安時代の歌人、和泉式部が夫との復縁を祈願し、それが叶ったという伝承も残っています。

ご神水に浮かべると占いの結果が浮かび上がる「水占いみくじ」も人気。新年の運試しにおすすめの初詣先です。
▲水占いみくじ。時には行列ができるほど人気があるそう

京都の市街地から少し北に離れた山間部にあるため穴場的な雰囲気が漂っているのも◎。大切な人とのデート初詣にもおすすめです。

【貴船神社へのアクセス例】
叡山電鉄鞍馬線・貴船口駅下車、徒歩約30分
京都市バス・貴船バス停下車、徒歩約5分

2.神代より続く京都最古の御社「上賀茂神社」

京都市北区にある上賀茂神社は、創建年代が不明なほど古く、神代の昔に遡ります。正式名称は加茂別雷(かもわけいかずち)神社といい、本殿の背後にある神山にご降臨された加茂別雷大神を祀っています。

また、敷地内には国宝2棟、国の重要文化財が41棟あり世界文化遺産にも登録されており、一年を通じて多くの観光客が訪れます。1月7日に執り行われる、年始めに白馬を見ると一年の邪気が祓われるという故事に則った「白馬奏覧神事」は必見です。

【上賀茂神社へのアクセス例】
京都市バス・上賀茂神社バス停降りて直ぐ
京都市バス・御園口町バス停下車、徒歩約1分
京都市バス・上賀茂御園橋バス停下車、徒歩約3分

3.いにしえより続く、癒しの森の御社「下鴨神社」

鴨川の下流にある下鴨神社は、京都有数の歴史を誇る御社。正式名称は賀茂御祖(かもみおや)神社といい、「しもがもさん」の愛称で近隣住民に親しまれています。

広大な敷地にひろがる原始の森「糺(ただす)の森」を含めた境内は、世界遺産にも登録されています。本殿へ向かう途路、森の中を歩くだけで心癒されます。1月4日には平安貴族の遊びであった蹴鞠(けまり)の奉納も行われています。

【下鴨神社へのアクセス例】
京阪電鉄・出町柳駅下車、徒歩約12分
京都市バス・下鴨神社前または糺ノ森前バス停降りて直ぐ

4.現代に蘇った、麗しき平安の都「平安神宮」

京都市左京区にある平安神宮は、幕末の動乱で荒廃した京都の町の再興を願い、明治時代に創建されました。

ご祭神は平安遷都を行った桓武天皇と、平安時代最後の天皇となった孝明天皇。大極殿(だいごくでん・外拝殿)・応天門(おうてんもん・神門)などが建つ境内は、平安京の正庁、朝堂院が8分の5の規模で再現されたもの。
大晦日には、境内すべての灯籠に火を灯す終夜万燈が行われるので、いにしえの都の風情に想いをはせてみては。

【平安神宮へのアクセス例】
地下鉄東西線・東山駅下車、徒歩約10分
京都市バス・岡崎公園 美術館 平安神宮前バス停下車または岡崎公園 ロームシアター京都 みやこメッセ前バス停下車または東山二条バス停下車、徒歩約5分

5.京都の町に響く百八つの鐘の音「清水寺」

東山・音羽山の中腹に広がる境内に、国宝、重要文化財を含む15の伽藍が建ち並び、世界遺産にも登録されている清水寺。「清水の舞台から飛び降りる」の語源となった本堂の舞台や、音羽の滝などはあまりにも有名で、国内外から季節を問わず多くの参拝者が訪れます。意外に知られていませんが、京都の町に荘厳な音を響かせる除夜の鐘を撞くことができる(予約制)のでチャレンジしてみては。

また、清水寺へと続く二年坂、三年坂エリアは着物姿が良く写る町並。カップルや友達なら着物をレンタルして、新年早々SNS映えする写真を撮影してみては?
【清水寺へのアクセス例】
京阪電鉄・清水五条駅下車、徒歩約25分
京都市バス、京阪バス・五条坂バス停下車、徒歩約10分

※清水寺本堂は、平成の大改修により2021年頃まで修復工事中のため、写真のように本堂が見えない場合があります。ただし、通常通り入場は可能です。

6.祇園や河原町などの繁華街からスグ!「八坂神社」

京都市内の中心街・祇園や河原町にも近く、「祇園さん」の愛称で親しまれる八坂神社。年越しや初詣の時期は約100万人もの人々が訪れるため、周辺の町は人であふれかえるほどの賑わいをみせます。

素戔嗚尊(すさのをのみこと)など数柱のご祭神がおわし、厄除けや縁結びなどご利益もさまざま。大晦日には大阪の今宮戎神社から福娘ら神職関係者が訪れ鯛を奉納する「今宮戎神社鯛奉納」が行われ、元旦には病気、災難を除き幸福を祈る白朮(をけら)祭が執り行なわれます。
また、八坂神社が座す祇園周辺お土産やグルメの名店がずらり!付近にはお茶席を体験させてくれる施設も多数あるので、着物など和の装いで歩くのにもってこいです。
【八坂神社へのアクセス例】
京阪電鉄・祇園四条町駅下車、徒歩約5分
阪急電鉄・河原町駅下車、徒歩約8分
京都市バス・祇園バス停降りて直ぐ

7.菅原道真公を祀る天満宮・天神社の総本社「北野天満宮」

菅原道真公をご祭神として祀る北野天満宮は、全国12,000社の天満宮・天神社の総本社。京都市上京区にあり、京福電鉄・北野白梅町駅からも徒歩5分程度。「北野の天神さん」「北野さん」の愛称で親しまれ、学問の神様として全国的な知名度を誇ります。

御神徳は学業成就・試験合格などで、受験シーズンを前に多くの受験生が願掛けに訪れます。大晦日には知らずの内に身につけた罪やけがれを祓い清める「大祓(おおはらえ)」などの行事が執り行われます。

【北野天満宮へのアクセス例】
京福電車・北野白梅町駅下車、徒歩約5分
京都市バス・北野天満宮前バス停降りて直ぐ

8.嵐山・嵯峨野の竹林に佇む、苔むす神社「野宮神社」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩約10分。野宮(ののみや)は伊勢神宮にお仕えする女性である斎王(さいおう)が伊勢へ行かれる前に身を清められた場所と言われています。

ご本殿には野宮大神(天照皇大神)が祀られているほか、子宝安産のご利益がある白福稲荷大明神、良縁結婚のご利益がある野宮大黒天などが祀られています。
境内横においてある「お亀石」は触れながら祈ると1年以内に願いが叶うといわれているので、年はじめの願掛けにおすすめです。
嵐山周辺にも着物をレンタルしてくれる店舗が多数。京都屈指の人気エリアを着物で散歩してみませんか?
【野宮神社へのアクセス例】
京福電鉄嵐山線、阪急嵐山線・嵐山駅下車、徒歩約5分
京都市バス・嵐山天龍寺前バス停下車、徒歩約5分

9.千本鳥居の幻想的な風景「伏見稲荷大社」

JR奈良線・稲荷駅からスグ。全国13,000社とも言われる稲荷神社の総本社で、世界遺産にも登録されている伏見稲荷大社。境内にところ狭しと奉納された千本鳥居はあまりに有名で、その幻想的な光景を求めて世界中から参拝者が訪れます。

鳥居は願いが叶った人が感謝を込めて奉納するもので、あまたの願いを叶えてきたということがわかります。正月三が日の参拝者数は約270万人で、数ある京都の神社仏閣の中でもNo.1。混雑は免れられないので、待ち時間を過ごすためのグッズは必携です。

【伏見稲荷大社へのアクセス例】
JR線・稲荷駅降りて直ぐ
京阪電鉄・伏見稲荷駅下車、徒歩約5分
京都市バス・稲荷大社前バス停下車、徒歩約7分

10.八幡・男山の山頂にある、全国屈指の厄除の神社「石清水八幡宮」

京阪電鉄・八幡市駅から男山ケーブル・男山山上駅下車徒歩5分。京都の裏鬼門(南西の方角)に位置し、都の守護、国家鎮護の社として篤い崇敬を受けてきた石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)。

源氏一門からは氏神として信仰され、必勝・弓矢の神として戦国時代の武将も多く祈願に訪れたといわれています。破邪顕正(はじゃけんしょう)・一発必中の霊験あらたかな御神矢(ごしんや)のお授けが有名ですが、正月期間(1月1日~2月3日)は神楽殿にて巫女による清め祓いを受けることができます。

【石清水八幡宮へのアクセス例】
男山ケーブル・男山山上駅降りて直ぐ(男山ケーブル乗り場は京阪電鉄・八幡市駅降りて直ぐ)

11.陰陽道のパワーにあやかろう!「晴明神社」

京都の中央を南北に走る堀川通り沿いに鎮座する「晴明(せいめい)神社」。平安時代中期に陰陽師として活躍した安倍晴明(あべのせいめい)公をおまつりした神社です。

天文陰陽博士として天文暦学の道を深く極め、霊術をも身につけていたといわれる晴明公。宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当てて、多くの人々から信望を集めました。
そんな晴明公の魂をおまつりするこの社を新年早々にお参りすれば、さまざまなご利益が得られるはず。
▲陰陽道では魔除け・厄除けの果物と言われる桃

境内にある「厄除桃」に触れれば、2018年の厄払いになること間違いなし!また、晴明公が念力により湧出させたと言われていてる「晴明井」を携帯電話の待ち受け画面にすると幸せが訪れるという噂も。こちらも要チェックです。

【晴明神社へのアクセス例】
地下鉄烏丸線・今出川駅下車、徒歩約12分
京都市バス・一条戻橋 晴明神社前バス停または堀川今出川バス停下車、徒歩約2分

12.京都最古の神社の一つ「松尾大社」

人気の嵐山エリアから少し南の場所にある「松尾(まつのお)大社」。平安京遷都前の1300年以上前から京都の地に鎮座しています。京都では最古の神社の一つとして数えられており、地元の人々からは「松尾さん」と呼ばれて親しまれてきました。

こちらの松尾大社では、古来より商業や寿命、交通、安産の守護神としても仰がれ、そのご利益にあずかろうと多くの人々が訪れています。
また、豪族の秦氏と所縁があり、秦氏が酒造りの技術に長けていたことから特に“酒造の神”としても崇められています。このことから、初詣にはお酒に関わる職業の方も多く参拝に訪れています。

【松尾大社へのアクセス例】
阪急嵐山線・松尾大社駅降りて直ぐ
京都市バス・松尾大社前バス停降りて直ぐ

13.元日は絶対に行くべし!病気平癒の霊石がある「西院春日神社」

右京区西院に鎮座する「西院春日(さいいんかすが)神社」。毎年約2万人が初詣に訪れる人気の神社です。

人気の理由は、神社内に納められている「疱瘡石(ほうそういし)」と呼ばれる霊石。およそ1200年前、淳和天皇の皇女・崇子内親王が疱瘡を患った際、こちらの神社にある霊石に病気が良くなるよう祈願したところ、内親王の疱瘡が霊石にうつり病が治ったという逸話から、病気平癒のご利益があるとされてきました。

長らく伝説上の石と思われてきましたが、実在することが判明し、現在では毎月1日、11日、15日に特別公開されています。もちろん元日も公開されるので、体の中で調子が悪いところがある方にはおすすめの初詣先です。

【西院春日神社へのアクセス例】
阪急京都線または京福電車・西院駅下車、徒歩約3分
京都市バス・西大路四条バス停下車、徒歩約3分

14.芸事に従事する人や芸能界を目指す人におすすめ「車折神社」

京都駅から嵐山に向かう途中におわす「車折(くるまざき)神社」。金運や商売繁盛、良縁成就、厄払いなどのご利益があるといわれています。ですが、この神社の特徴はそれだけにあらず!境内にある「芸能神社」が芸事上達のご利益があると大変有名なんです。
正月の初詣時期はもちろん、常日頃からテレビで活躍する俳優や芸人など、多くの芸能関係者が訪れています。芸能界を目指す若者にはおすすめの初詣先です。

【車折神社へのアクセス例】
京福電車・車折神社駅降りて直ぐ
京都市バス・車折神社前バス停降りて直ぐ

15.最古の神社建築「宇治上神社」

京都市の中心から少し離れた宇治の地に鎮座する「宇治上神社」。こちらの神社の本殿は創建から一度も火災にあったことがなく、国内最古の神社建築として国宝に指定されています。

宇治市では平等院と宇治上神社が世界遺産として登録されていますが、こちらの神社は朱色など華美な装飾がほとんどなく、重厚で厳かな雰囲気が漂っています。穴場的な存在なので混雑を避けて初詣に行きたいという人にはおすすめ。

なお、宇治は昔「兎道」と書いたことからうさぎとの縁が深く、うさぎの形をした可愛らしいおみくじが女性から大人気です。

【宇治上神社へのアクセス例】
京阪電鉄・宇治駅下車、徒歩約10分
JR奈良線・宇治駅下車、徒歩約12分
京都のおすすめ初詣先15選、いかがでしたか?
大晦日から元旦にかけては大勢の参拝者でにぎわう神社仏閣ばかりのため、混雑は必至です。少しだけ穴場のスポットもご紹介させていただきましたが、京都の冬は底冷えすることでも知られていますので、長時間の参拝に備えて暖かくしてお出かけください。
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

PAGE TOP