2018 大阪のおすすめ初詣スポット5選。ご利益満載の寺社仏閣はここだ!

2017.12.27 更新

あわただしい年末年始、新しい年を迎える準備はOKですか?商人の町・大阪には商売繁盛や恋愛成就など、ご利益満点の神社仏閣がたくさん!デートや縁結び祈願など、今年の初詣はどこにいきますか?

参拝者数200万人超!全国から人が集まる「住吉大社」

摂津国一宮、全国に約2,300社ある住吉神社の総本山・住吉大社(すみよしたいしゃ)。第一本宮に祀られている底筒男命(そこつつのおのみこと)は住吉大神ともよばれ、神道で最も大事な祓(はらえ)をつかさどる神様。他にも航海安全、農業・産業などそのご利益は多岐にわたっています。
元旦の朝5時から行われる若水の儀(じゃくすいのぎ)は、1年の初めに神井からくみ上げられた神聖な水を各宮にお供えし、無病息災を祈願し邪気を追い払う儀式。続いて行われる元旦祭が終わるころには、境内は多くの初詣客であふれます。例年の初詣者数(正月三が日)は約230万人。大阪各地だけでなく全国から訪れる人気の神社です。
混雑が見込まれるので、参拝の待ち時間は比較的長め。暇つぶしのアイテムは必須です。

【住吉大社までのアクセス例】
南海本線・住吉大社駅下車、徒歩約3分
南海高野線・住吉東駅下車、徒歩約5分
阪堺線・住吉鳥居前駅降りて直ぐ

梅田の繁華街にある、曽根崎心中の舞台「露天神社(お初天神)」

創建1300年を誇る古社で、主祭神は少彦名大神(すくなひこなおおかみ)。露天神社(つゆてんじんじゃ)の社名は、祭神でもある菅原道真公が詠んだ「露と散る 涙に袖は朽ちにけり 都のことを思い出ずれば」という歌に由来するとも言われています(諸説あり)。
上方を代表する浄瑠璃作家・近松門左衛門の代表作「曽根崎心中」の舞台としても有名で、主人公の徳兵衛とお初にちなみ、お初天神(おはつてんじん)との愛称で地元の人たちに愛されています。二人の恋物語にあやかった縁結び神社とも知られ、境内には恋愛成就の願掛け絵馬がいくつも。今年こそ運命の人と結ばれたい!という方にはおすすめです。もちろん、カップルで訪れるのも良いですね。

【露天神社までのアクセス例】
阪急・梅田駅または地下鉄谷町線・東梅田駅下車、徒歩約5分

商売繁盛!十日戎で知られる「今宮戎神社」

「えべっさん」の愛称で親しまれている今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)。天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、事代主命(ことしろぬしのみこと)などを祀り、推古天皇の御代に創建されたといわれる古社です。

手に鯛と釣竿を持つ戎さまは、もともとは漁業の神様。かつては浜だった場所にあった社の近くには、海産物をはじめとした市が開かれ、その市の守り神としていつしか商売繁盛の神様になったと言われています。
境内に「商売繁盛笹もってこい!」の声が響く十日戎(とおかえびす)は、年明け1月9日~11日に開かれます。3昼夜にわたって福笹の授与が行われ、3日間に約100万人を超える参詣者が訪れます。

【今宮戎神社までのアクセス例】
南海高野線・今宮戎駅降りて直ぐ
地下鉄御堂筋線・大国町駅または地下鉄堺筋線・恵美須町駅下車、徒歩約5分

病気平癒、でんぼの神様がおわす「石切劔箭神社」

「石切さん」として親しまれている石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)。祭神である饒速日尊(にぎはやひのみこと)に神武天皇が授けたといわれる劔(つるぎ)を祀っていることからその名がついたと言われています。

その劔がどんな岩をも切り通すと言い伝えがあり、でんぼ(関西の方言で腫れ物の意)を取り去る、から転じて病気平癒にご利益があるといわれています。
三之鳥居から本殿に至る参詣道には百度石が置かれていて、願掛けのためお百度を踏む参拝者が数多く訪れています。先にご紹介した三社と比べると比較的穴場の初詣先ですよ。

【石切劔箭神社までのアクセス例】
近鉄奈良線・石切駅下車、徒歩約15分
近鉄東大阪線・新石切駅下車、徒歩約7分

聖徳太子ゆかりの寺院、良縁成就の「愛染堂(勝鬘院)」

593(推古天皇元)年に、聖徳太子が四天王寺のひとつとして建立した施薬院(せやくいん)。当時講ぜられていた勝鬘経(しょうまんきょう)という名にちなみ、後に勝鬘院(しょうまんいん)と呼ばれるようになりました。
金堂に奉安されている愛染明王は、良縁成就・夫婦和合の本尊として有名です。境内にある「愛染めの霊水」は飲むと愛が叶うといわれ、女性参詣者が毎年たくさん訪れるほか、カップルにもおすすめの初詣先です。

正式名称は勝鬘院ですが、愛染明王信仰の普及とともに愛染院(あいぜんいん)と通称され、今では「愛染さん」の愛称で親しまれています。

【愛染堂 勝鬘院までのアクセス例】
地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」より徒歩2分
いかがでしたか?ご利益はさまざまですが、どの神社仏閣へも、神仏への感謝の気持ちを忘れずお祈りすれば、きっと健やかで平和な1年が過ごせることでしょう。1年の計は元旦にあり。身支度を整えて、いざ初詣へでかけましょう!
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

PAGE TOP