江戸の風情を感じる、日常使いの「江戸切子」

2015.06.18 更新

日本を代表する工芸品のひとつ、江戸切子。その華やかな色彩と、細やかな文様には、思わず引き込まれる魅力があります。日常使いするには恐れ多い気もしますが、その背景には庶民のためのカットグラスとして発展した歴史がありました。

町民から生み出された江戸切子

東京スカイツリーのお膝元、東京都墨田区。下町情緒あふれるこの街には、江戸の伝統を現代に伝えるものづくりが、今も生き続けています。そのひとつが、江戸切子。今や東京を、いや、日本を代表する工芸品といっても過言ではありません。
「もともとはビードロ問屋が、輸入品を模してカットガラスを作りはじめたのが江戸切子のはじまりです」

明治32年(1899年)創業の江戸切子の老舗、廣田硝子の廣田達夫会長はそう話します。
ビードロとは、ポルトガル語でガラスのこと。切子というと日本特有のものに感じますが、もともとは海外のカットガラスを参考に作られたものでした。

同じく、海外との交易が盛んだった鹿児島県(当時の薩摩藩)にも、切子が伝えられています。ただ、薩摩藩主の庇護のもと、優美さを追求していった薩摩切子に対し、町人が始めた江戸切子は、あくまでも庶民のための切子として発展していった様子。(写真左が薩摩切子、右が江戸切子)
厚めのガラスに切子していることから、色のグラデーションが味わい深い薩摩切子に対し、江戸切子には薄いガラスに花鳥風月など江戸の風情を感じるデザインが施されています。

明治10年(1877年)には、生産の途絶えてしまった薩摩切子でしたが、その技術を再興させようと昭和60年(1985年)年に復活を遂げました。一方の江戸切子は、途絶えることなく、今日まで脈々と技術が伝承されてきました。

日用品をつくる職人技

作り方はどちらも同様。切子という名のとおり、ガラスにダイヤモンドの歯を当てて、切り目を入れるように削っていきます。透明ガラスの上に、色ガラスを被せているため、削ると透明の文様が浮き出てきます。

薄いガラスを同じ深さに削っていくため、とても繊細な力加減が求められる職人技。
「江戸切子はあくまでも日用品です。一点ものではなく、同じものをいくつも作れることが大切」

その道24年の切子士、川井更造さんは、そう話します。廣田会長が10年前に工房ショップとして開いた「すみだ江戸切子館」では、そんな匠に指導を仰ぎながら、自ら切子体験することもできるんです。
最近では、グラスのみならず、ランプシェードから窓ガラス、文鎮まで、日常使いのための幅を広げ続けている江戸切子。
4代目の現社長、廣田達朗さんは、新鋭のデザイナーと組み、伝統文様をモダンにアレンジした「蓋ちょこ」も生み出しました。
ガラスなので熱いものは御法度な印象ですが、切子館近くのカフェ「すみだ珈琲」では、江戸切子のカップで美味しいコーヒーを楽しむこともできます。
「江戸切子は庶民の手によって製作されてきたもの。“作品”ではなく、使ってもらえるものを作り続けていきたい」

廣田会長の言葉通り、日用品として使われることによって、時代に合わせて進化を遂げてきた江戸切子。日本酒やコーヒーを飲む器として、さらにはインテリアや文房具としても…。江戸切子のあるくらしで、江戸の風情を感じてみてはいかがでしょうか?

江戸切子が買える、体験できるお店

江戸切子でコーヒーが飲めるカフェ

長谷川浩史・梨紗(株式会社くらしさ)

長谷川浩史・梨紗(株式会社くらしさ)

広告出版社を退職後、世界一周、日本一周を経て「くらしさ」を設立。全国各地のモノ・コト・ヒトを伝え、つないでいく活動に尽力している。全国の仕事人に会いに行ける旅「Life Design Journey」も運営。http://lifedesign-j.com/

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP