新潟のイチゴ「越後姫」食べ放題!デートにも使えるイチゴ狩りスポットへ

2017.04.11

新潟においしいイチゴがあること、ご存知ですか?みずみずしさと、甘みが評判の「越後姫」は、雪国の寒さが育んだイチゴ。新潟平野の広々とした景色の中に建つ「そら野テラス」で、越後姫のイチゴ狩り・食べ放題はもちろん、イチゴを使ったドリンクにスイーツなど、イチゴを堪能してみませんか?イチゴに囲まれて過ごすあま~い休日はデートにもおすすめです。

▲心待ちにしていた新潟ブランドイチゴ「越後姫」のイチゴ狩りを体験します

ファーム、マルシェ、デリカ、カフェがひとつになった夢の複合施設

JR新潟駅から車でドライブすること約30分。新潟市の南西に位置する西蒲区(にしかんく)は、のどかな田園風景が広がります。この土地の特色である「そら」と「野」を感じる場所というコンセプトのもと、2016年にリニューアルオープンした農業の複合施設「そら野テラス」に到着です。
▲周囲に広がる大パノラマを施設内にも取り込むような開放的な造りと、木のぬくもりを感じる建物

越後姫のイチゴ狩りや、田植え、稲刈りなど季節に合わせた農業体験ができるそら野テラス。館内には他にも、周辺地域の新鮮農産物が積まれた直売所のマルシェや、手作り惣菜とスイーツが並ぶデリカコーナー、そしてランチやお茶、デザートが楽しめるカフェも併設。周辺地域の食材と憩の時間を求めて、県内外からお客さんが足を運ぶ人気スポットです。

冬の寒さと春の日差しで育まれた新潟のお姫様「越後姫」

そら野テラスで栽培されているイチゴは全て、新潟ブランドの「越後姫」。寒冷地でも育ちやすいようにつくられたイチゴです。香りが良いのと、みずみずしい果汁量、そして全国の品種と比べても果肉が柔らかいことが特徴。そのため痛みやすく、県外へ流通する量は多くはありません。新潟へ足を運んで食べる価値ありのイチゴなのです。
▲形はコロンと丸みを帯びています。旬は3月下旬~ゴールデンウィークです

寒さのなかでゆっくり成長することが、甘みにもつながっているという越後姫。寒さに強い品種ですが、それでも冬場は8度を下回らないように暖風をかけるそう。また、温かい気温だけでなく、季節が冬から移ろい春の日差しが降り注ぐことでさらに甘くなります。まさに季節の恵みですね。

高めの糖度で甘みと軽い酸味も兼ね備えたフレッシュ感のあるお姫様といった味わい。雪国の新潟だからこそ生み出されたイチゴと言えます。

そら野テラスでは、1月からマルシェに並び始め、3月になるとイチゴ狩り体験がスタートします。待ちわびていたシーズンオンの知らせを聞き早速、イチゴ狩りを体験してきました!

甘い香りに包まれてイチゴ狩りを体験!

イチゴ狩りができるのは、9:30、11:00、13:00、14:30、16:00の1日5回。まずはマルシェに向かい、開始時間の10分前に受付と会計を済ませます。
プランは【食べ放題コース(30分)】大人1,800円(入園料・税込)と、収穫したイチゴの【お持ち帰りコース】量り売り210円/100g(入園料200円別途必要・税込)の2種類。※3月末現在の料金。季節が進むにつれ金額は下がります。

今回は食べ放題コースをチョイス。ウキウキする気持ちを抑えつつ、収穫用のハサミとヘタ入れの紙コップを受け取り、いざ越後姫の待つストロベリーハウスへ!
▲ストロベリーハウスの前には可愛らしい看板が立っています

そら野テラスでは全8棟のビニールハウスで約15,000株の越後姫を栽培しています。3月から6月までのイチゴ狩りシーズンは生育状況を見て、その時々で旬のハウスへ案内してくれます。
▲ハウスいっぱいに広がるイチゴの香り。早く食べて!と言う越後姫の声が聞こえてくるよう

それでは、さっそくイチゴ狩り開始!株やイチゴの果肉を傷めないよう、収穫にはハサミ使います。イチゴのヘタの少し上を切り収穫。狙うのは、ヘタの近くまでしっかり赤く色づいたイチゴです。
▲食べごろを迎えた越後姫を前に、迷いばしならぬ迷いバサミ。どれにしようか悩んだ末に、人生初の越後姫にハサミを入れます
▲もぎたてを生でガブリ!
▲みずみずしい!そして、甘くておいしい!越後姫の濃い味わいをダイレクトに堪能!

「イチゴ狩りの楽しさは色々ありますよ」そう話すのは、イチゴ栽培の責任者を務める真柄雄一(まがらゆういち)さん。イチゴは先端部分から色づき始め熟していくため、先が一番甘いのだそう。
▲食べ放題の楽しみ方や、越後姫の特徴、栽培へのこだわりなどを話しながらハウス内を一緒に回ってくれました
▲確かに先の部分から色づき始めています。先だけがポッと赤いのがまた可愛らしい!
▲ヘタの方から先端へ向かって食べてみます。一番最後の口の中が一番甘い!この食べ方いいです!

スーパーなどでは、大きく形の整ったものが見栄えもして需要があります。でも、イチゴ狩りでは、小粒のものも「かわいい」、「食べやすい」と女性や子どもから評判がいいと真柄さんは言います。
そしてイチゴの大きさについて、「初めに生る実はじっくりと成長し大きい実をつけます。それから日を追って株の成熟や気温が上がってくると、実が熟す期間は短くなり早く収穫できるようになる。そうするとサイズも小ぶりになっていきます」と教えてくれました。
▲大きいサイズを求めて、ハウス内を歩きます。なんだか宝探をしているような気分です

制限時間内で、いくつ食べられるか競争してみるのもよし。面白い形のイチゴを探して比べ合うのもよし。緑の葉が茂り、小さな白い花が咲いていたり、畑だからこそのイチゴの姿を見られるのも楽しいですね。

食べる楽しさ、見つける楽しさ、イチゴを存分に堪能しました。
▲日差しをたくさん受けて育った越後姫が、きらきら輝いています

自家製イチゴドリンクでカフェタイム

イチゴ狩りを楽しんだ後は、併設しているカフェ「トネリコ」でゆっくりするのもおすすめです。
店内には大きな窓があり、平野を臨むことができます。明るく開放感のある空間でゆったりとランチセットやピザでお食事タイムにするのもいいですね。今回は、越後姫を使ったドリンクをいただきました。
▲壁面2面が大きな窓になっていて明るい店内。喫茶も食事も楽しめます
▲越後姫でつくったシロップをソーダで割った、「自家製フルーツソーダ 越後姫」450円(税込)。イチゴが香る、爽やかでリッチな味わいです
▲宝山酒造 造り酒屋の「麹あまざけ 越後姫」450円(税込)。越後姫の存在感がほどよく、優しくもさっぱりした甘酒。マルシェで瓶入りも販売中

お土産に手作りジャムやイチゴスイーツ!

帰りはマルシェに寄ってお土産探しもいいですね。市場のような賑やかな雰囲気で、たくさんの品物が木の棚に並んでいます。
西蒲区は県内でも有数の農業地域。お米はもちろん、春キャベツ、きゅうり、ブロッコリーなど数々の野菜が並んでいます。また、季節によってイチゴをはじめ、桃、梨、ぶどう、柿、といった果樹も並び、マルシェが一層賑やかになります。
▲豊富な品ぞろえで、活気のあるマルシェエリア。ついついあれもこれもと買い求めてしまうオシャレな店内です

そして、多くのファンが心待ちにするのが、越後姫。毎年1月頃からマルシェでの販売が始まると、越後姫を求めて県外からやってくるお客さんも少なくないそう。
▲その日の朝に収穫されたばかりの越後姫。早い時には午前中で完売することも
▲マルシェ店長の藤田友和さん。農園で収穫した越後姫とブルーベリー、いちじくをジャムに加工し、マルシェで販売しています

贈りものにも喜ばれる自家製ジャム。「限られた設備の中で製造に手間がかかりますが、そら野テラスの恵みを詰めて丁寧に作っています」と藤田さん。それぞれの部門と連携して手作りにこだわっています。
▲越後姫ジャム、ブルーベリージャム、いちじくジャム各140g・620円(税込)

店内を奥に進んだところにはデリカのコーナーがあり、野菜たっぷりのお惣菜が並びます。
スイーツのショーケースには、越後姫を使った季節限定スイーツもあります。イチゴをそのまま食べるのはもちろんおいしいですが、あんこや生クリーム、スポンジと一緒に楽しむイチゴも美味ですよ。
▲上から時計まわりに越後姫の米粉シフォン200円(税込)、そら野ロール 越後姫190円(税込)、いちご団子190円(税込)

そら野デリカで購入したスイーツ。どれも越後姫の存在をしっかりと感じることができます!
▲外のベンチで、青空の下、マルシェやデリカで購入したものを食べることもできます

そら野テラスの庭には、ウサギと30kgある大きなカメもいます。マルシェで売っているエサをやったり、大きな田園と空を眺めながらピクニック気分で過ごすのも気持ちがいいですよ。

新潟ならではを堪能できる、そら野テラス。まずはイチゴ狩りが出来る今、足を運んでみませんか。デートにもおすすめです。きっと季節ごとに訪れたくなるドライブコースになりますよ。

4月からゴールデンウィークに掛けての週末は毎年イチゴ狩りで賑わうので、予約が賢明。または、日にちをずらして平日に訪ねるとゆっくりと、あま~いひとときを楽しめそうです。
岩渕直子

岩渕直子

1987年生まれ、長岡市シティプロモーションサイト「な!ナガオカ」参加ライター。空想の「喫茶ヤマカワマチ子」を主催。中山間地の集落で営まれるおばあちゃんたちの暮らしぶりにあこがれており、山へ通う暮らしをしている。おばあちゃん、おにぎり、おしゃべり、チヤホヤされることが好き。 編集:唐澤 頼充

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP