富士山の麓で関東一の味を堪能!「いでぼく」の乳製品を一度に楽しめる場所

2015.08.28 更新

静岡県富士宮市にある「井出種畜牧場」、通称「いでぼく」。ここの牛乳はなんと2012年から4年連続で、関東生乳品質改善共励会の最優秀賞を受賞し、関東一の品質に輝いているのです。牧場の一角には、その牛乳を使ったジェラートや自社で製造したチーズを味わえるショップ&カフェも併設。地元や県外からのお客様でいつも賑わっています。

天気の良い日には、富士山のデーンとした姿を目の前に拝める場所にある「いでぼく」。白黒模様の「ホルスタイン種」のほか、「ジャージー種」「ブラウン・スイス種」の3種類の牛を育てている牧場です。
それぞれの牛から搾った牛乳は、そのまま飲むのに適している「ホルスタイン」、バターやジェラートをはじめとしたアイス作りに最適な「ジャージー」、飲用のほかチーズ作りに向いている「ブラウン・スイス」と、味・乳質が全く異なります。
▲スッキリした味わいの「ホルスタイン」牛乳(写真中央)、とても濃厚な「ジャージー」牛乳(右)、「ブラウン・スイス」は日本では希少で、低脂肪・高タンパクの貴重な牛乳(左)

牧場直営だから作れる、贅沢なジェラート

牛舎のすぐ横にある「ミルクハウス」では、早朝に搾ったフレッシュミルクとそれを使用したジェラートを販売。
種類は、チョコチップ、抹茶、いちご、小倉、かぼちゃ、ラムレーズン、コーヒー、ゴマ…など、選ぶのに迷ってしまうほど豊富です。
一番の人気は、ミルクの味をそのまま楽しめる「ジャージーミルク」。お味はというと、「う~ん、濃厚!なのに上品な甘さで口どけさっぱり!!」。牛乳のおいしさが凝縮していて、甘いものが苦手な人にもぜひ食べてみてもらいたい絶品です。
▲シングルコーン380円(税込)、ダブルコーン450円(税込) ※写真はシングルコーン
「うちのジェラートは溶けやすいんで、早めに食べてくださいね」と声をかけてくれたのは、社長の井出俊輔さんです。

いでぼくのジェラートは無添加で、搾りたての牛乳をたっぷり使用しているため、溶けやすいといいます。もともと牛乳は約88%が水分ということで、溶けやすいのは牛乳が多い証拠なのだとか。

チーズにヨーグルト、プリン…乳製品のオンパレード!

また、「ミルクハウス」の隣にあるカフェ「大地」では、自社で製造したチーズやデザートも味わうことができます。こちらもメニューが盛りだくさん!
出来立てのチーズは普段食べているものより、とってもみずみずしい印象です。
▲チーズ3種盛り、600円(税込)。さっぱり味の「モッツァレラ」(右)、独特の歯応えとミルクの甘みを楽しめる「ストリングチーズ」(奥)、弾力のある食感とあっさりした味わいの「スカモルツァ」(左)
チーズがたっぷり乗った焼きたてピザは、その味が引き立つシンプルな味わい。
▲ピザ 小サイズ850円(税込)、大サイズ1,380円(税込) ※写真は大サイズ
店内で楽しめるメニューのほか、フルーツヨーグルトや地元の洋菓子店とコラボレーションして作ったプリンなど、テイクアウトメニューもあってお土産も充実しています。
▲フルーツヨーグルト400円(税込)、プリン250円(税込)

おいしさの秘密はストレスフリーな牛

毎朝搾ってすぐの新鮮ミルクを使用して製造するジェラートやチーズ、ヨーグルトなどは、この場所でしか楽しむことのできない贅沢な味わい。

おいしさの秘密は「いでぼく」の環境にもありました。見ての通り、牛舎と生乳加工場が目と鼻の先にあるのです。
通常、牧場と加工場はある一定の距離を離して設置しなければいけないそうなのですが、「いでぼく」の牧場は衛生管理が行き届いているため、特別に近距離での加工場設置を許可されたのだそう。

確かにジェラート片手に、ミルクを提供してくれた牛さんを見ていても、全くといっていいほど臭いません。

「掃除を徹底しています。糞尿まみれの牧場から、おいしい牛乳が搾れる訳ないですから」
と井出さん。

また、「いでぼく」には大勢の観光客が訪れますが、乳搾り体験は行っていません。大切なのは、牛の生活リズムに人間が合わせ、牛にストレスを与えないことだそう。
▲「僕らの仕事は“命”を育てることなんです」とさらっと話す井出さん
こうして品質管理された「いでぼく」の牛乳は、関東県下に約2,500ある酪農牧場の生乳品質を審査する「関東生乳品質改善共励会」で、2012年から4年連続で最優秀賞を受賞しているのです。

「おいしい牛乳をありがとう!」と牛さんに語りかけながら、そのミルクをたっぷり使ったジェラートやピザなどの味を堪能する。ここでしか味わえない豊かな時間を過ごしに、車を走らせて行く価値ありですよ!

「いでぼく」を訪れるイベント

長谷川浩史・梨紗(株式会社くらしさ)

長谷川浩史・梨紗(株式会社くらしさ)

広告出版社を退職後、世界一周、日本一周を経て「くらしさ」を設立。全国各地のモノ・コト・ヒトを伝え、つないでいく活動に尽力している。全国の仕事人に会いに行ける旅「Life Design Journey」も運営。http://lifedesign-j.com/

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP