とんこつラーメンだけじゃない!グルメの街、福岡・博多で味わえる絶品麺料理まとめ

2017.06.01 更新

福岡・博多といえばとんこつラーメン。地元はもちろん、全国からラーメン好きが足を運び、本場の味に舌鼓を打っています。そんな福岡・博多ですが、とんこつラーメン以外にも、大人気の麺料理があることをご存じですか?ここでは、「めんちゃんこ」と呼ばれる博多発のハイブリッド麺をはじめ、東京進出を果たした個性派うどんまで、絶対に食べておきたいおすすめの麺料理をまとめてご紹介します!

1.【肉ごぼううどん】うどんにコシは求めない!?福岡県民のソウルフード「牧のうどん」

福岡県民のソウルフードといえば「博多うどん」。強いコシを持たず、ふわふわと柔らかい麺が特徴の博多うどんを楽しみたいなら「牧のうどん」に足を運んでみましょう。1973年創業の「牧のうどん」は、「マッキー」の愛称で地元民から愛されている老舗店です。

人気ナンバーワンメニューは「肉ごぼううどん」。昆布やカツオ、サバなどで出汁をとった黄金色のスープと、太くて柔らかい麺がベストマッチ。その上に、すき焼き風の甘辛く煮込んだ牛肉と、まるまるとしたごぼう天をトッピングしています。
うどんを存分に堪能したらご飯を投入し、雑炊にしてシメましょう。スープの出汁とふわふわ卵のハーモニーにとろろが加わり、優しい味わいに仕上がっています。
汁を吸いやすい麺のため、「どれだけ食べても減らない!」となるのも、博多のうどんあるあるなんだとか。福岡が誇るふるさとの味、是非一度「牧のうどん」でご賞味あれ!

2.【ぬくかけうどん】大衆居酒屋で絶品うどんが楽しめる!うどん居酒屋の先駆け店「二◯加屋長介」

ここ数年で、福岡を中心に人気を集めている「うどん居酒屋」。通常の居酒屋として利用できるのはもちろん、シメに美味しいうどんを楽しめるのが「うどん居酒屋」の特徴です。そのパイオニア的存在として「二◯加屋長介(にわかやちょうすけ)」という大衆酒場が大人気となっています。

「二◯加屋長介」のうどんは博多流のやわらかい麺ではなく、しっかりとしたコシがあり、どちらかといえば讃岐うどんに近い印象です。
トッピングはごぼう天や角天(魚の練り物を四角に揚げたもの)など、博多らしさ溢れるものばかり。釜揚げ・釜玉など、うどん自体のメニューも豊富で、居酒屋ということを忘れてしまいそうです。
お刺身から肉料理、揚げ物など、ちょっとしたおつまみも提供している「二◯加屋長介」。手頃な価格で本格的なうどんが楽しめる大衆酒場で、博多の夜を満喫してみませんか?

3.【めんちゃんこ】麺とちゃんこ鍋が合体!?博多発のハイブリッド麺料理が有名な「めんちゃんこ亭」

「麺」と「ちゃんこ鍋」がひとつになったハイブリッド麺料理、「めんちゃんこ」。魚介・鳥・豚など、10種類にも渡る素材をベースにした旨味たっぷりのスープで、コシのある中太麺と具材を煮込んでいます。
そんな新感覚の麺料理を提供しているが「めんちゃんこ亭」。福岡を中心にハワイやニューヨークなど、海外にも出店しているグローバルなお店でもあるんです。お酒を一杯引っかけた後、身体に優しい「めんちゃんこ」でシメるのも良さそう!

4.【モツちゃんぽん】プリプリのモツと濃厚スープが相性抜群!激ウマちゃんぽんが楽しめる「たっちゃん」

福岡市地下鉄空港線・赤坂駅から徒歩6分ほどのところにある「チャンポン ホルモン たっちゃん」。ホルモン料理で一杯飲んで、シメにちゃんぽんを啜(すす)る、なんて乙ですよね!

人気の看板メニューはモツとちゃんぽんが同時に楽しめる「モツちゃんぽん」。牛テールでとった濃厚なスープと、プリプリのモツは相性抜群!スープは決してしつこくなく、全部飲み干したくなっちゃいます!
大きな牛テールを香ばしく焼き上げた「焼きテール」も大人気。
手掴みで思いっきりかぶりつき、ワイルドにいただきましょう。牛テールの旨みを存分に味わえる豪快な一品です。
仕事帰りにフラッと立ち寄るサラリーマンも多い「たっちゃん」。個性派ちゃんぽんを味わいたい方は、是非足を運んでみてください!

5.【博多皿うどん】博多の皿うどんは一味違う!?麺へのこだわりが半端じゃない「元祖ぴかいち」

皿うどんといえば、油で揚げたパリパリの麺を使う「長崎皿うどん」をイメージする方も多いはず。それに対して博多の皿うどんはちょっと変わっており、太麺と一緒に野菜を炒める焼きそばのような一品なんです。

そんな皿うどんを堪能できるのが、博多駅から徒歩5分に店を構える「元祖ぴかいち」。開店時刻の午前11時には、あっという間に満席になるという超人気店です。

こだわりの自家製麺を使用した「元祖ぴかいち」の皿うどんは、キャベツ・白菜・エビ・アサリ・豚肉・ホタテ・ニンジンなど、とにかく具だくさんでボリューム満点!ほどよく焼き目のついた麺には、魚介や野菜のエキスがしっかり染み込んでいます。
最後まで麺の食感を楽しめるよう、加水率を上げ、全卵を多く使用して伸びにくい麺に仕上げているのもポイント。人気店なので早めに足を運び、絶品皿うどんを堪能しましょう!

6.【特製担々麺】水炊きの名店が新たにオープン!博多ならではの担々麺が楽しめる「博多担々麺とり田」

博多の人々に愛されている水炊きの有名店「とり田」。その「とり田」が新たにオープンさせた「博多担々麺 とり田」が大人気です。

一番人気は、「とり田」の伝統的な水炊きスープをベースにした「特製担々麺」。
唐辛子や花山椒を使った刺激的な味となっていますが、後味がさっぱりしているので、とても食べやすいと評判です。
7月から9月までは、夏季限定で「冷やし担々麺」も用意。通常の担々麺と異なるのは、豆腐・鶏の切り身・トマト・アボカドといった夏らしい食材を使っていること。

濃厚かつ余韻に浸れるクリーミーなスープで、夏はもちろん、冬でも食べたくなる一杯です。「とり田」が手がける絶品担々麺、博多を訪れたらチェックすることお忘れなく!

7.【辛麺】博多イチの刺激が味わえる!「辛麺鶴商店」の「辛麺モツトッピング」

天神・親不孝通りに店を構える辛麺専門店「辛麺鶴商店」。天神店をオープンしてからわずか1年で、中洲に2号店を出すほどの人気店です。

見るからに辛そうな赤いスープの上には、ニラ・ミンチ・溶き卵とトッピングのモツ。辛さを楽しめるようにと作られたあっさりスープに合う中太麺は、北海道で製麺され、はるばる福岡まで輸送されているというこだわりようです。
1辛~15辛まで、辛さを選べるシステムになっているのも面白いところ。
福岡に訪れたら、「辛麺鶴商店」の「辛麺」に挑戦してみてはいかが?

8.【屋台のラーメン】はしごせずとも博多を満喫!名物料理が一気に楽しめる「中洲二丁目屋台」

とんこつラーメンに水炊き・モツ鍋・ゴマサバなど、博多ならではの名物料理はたくさんありますが、1日で食べ歩くのはそれなりに時間がかかります。「時間がないけど全部食べたい!」という欲張りさんは、「中洲二丁目屋台」に足を運んでみましょう。こちらは、前述の名物を全て提供している居酒屋で、観光客からも熱い支持を得ている人気店です。

中でも人気なのが、アッサリとんこつスープとストレート麺の上にネギとチャーシュー、きくらげをトッピングした屋台風のシンプルなラーメン。お酒のシメにも最適です。もちろん替え玉もあるので、ガッツリ食べたい方にもオススメ。
醤油あるいは味噌から選べるモツ鍋も人気メニュー。アルミ皿で提供されるので、最後までアツアツで美味しくいただけます!
年中無休で11:30~翌4:00まで営業しているので、ランチから宴会まで、幅広い広いシーンに対応。
「中洲二丁目屋台」に行くだけで、福岡・博多の魅力を存分に堪能できるはず!

9.【トリュフ豚骨RAMEN】高級食材をふんだんに使用したイギリス生まれの逆輸入ラーメン!「EIKOKU SHORYU」

1976(昭和51)年、ロンドンに「SHORYU RAMEN」というラーメン屋が誕生しました。2017年1月現在、イギリスで8店舗を展開している老舗ラーメン店が、「英国昇龍(EIKOKU SHORYU)」としてとんこつラーメンの本場、福岡に初上陸!
博多名物の焼鳥とお酒を楽しんで、最後にラーメンでシメるのが、お店のスタイルなんだとか。

オススメは黒トリュフを使った「トリュフ豚骨RAMEN」。
高級食材を使用しているのに690円(税抜)という破格の値段に驚きです。スープはポタージュのように、クリーミーでとろみがあるタイプ。トリュフの高貴な香りが口いっぱいに広がり、一度食べるとやみつきになること間違いなし!
ラーメン以外にも、博多名物の「鶏かわ串」を提供しています。甘辛く香ばしいタレの風味に、黒七味の香りがベストマッチ!
ラーメン屋のイメージを覆すオシャレな外観。それでいて、お頃価格で料理が楽しめるのだから、足を運ばないのはもったいないですよ!

10.【とんこつラーメン】博多に来たら必ず立ち寄りたい!老舗有名店「元祖長浜屋」

博多でうどんやちゃんぽんが人気と言っても、とんこつラーメン(長浜ラーメン)を外すことは出来ないでしょう。数あるとんこつラーメン屋の中でもとりわけ歴史が深く、最も有名なお店が「元祖長浜屋」です。

麺のかたさと油の量を伝え、自分好みにアレンジして注文できるのが元祖長浜屋流。一番人気のオーダーは「ベタナマネギオオメ」で、これは油量多めの「ベタ」、食べられる状態の麺で一番固い「ナマ」、そしてネギ好きにはたまらない「ネギオオメ」というもの。卓上の紅しょうがやゴマは自由に使えるので、味変アイテムとして、より自分好みのラーメンに仕上げるのも面白そうです。
それぞれの好みや食べられる量に合わせ、いろいろな味を堪能できる「元祖長浜屋」のラーメン。博多に来たら必ずチェックしておきましょう!

11.【めんたい煮こみつけ麺】名物明太子も堪能できる!「元祖博多めんたい重」

福岡に来たなら食べずには絶対に帰れないのが辛子明太子。せっかくなら明太子×つけ麺のコラボレーションを堪能してみてはいかがでしょうか。

西中洲にある「元祖博多めんたい重」は、一時幻と化した名物「めんたい重」を復活させたお店。こだわりのめんたい付けだれで食べるもちもちの太麺は、一度食べたらクセになる味わいです!
2010年に福岡初の明太子専門店としてオープンした同店。朝7時からオープンのため、朝食に訪れる観光客も多いそうです。
以上、編集部がオススメする福岡・博多の絶品麺料理まとめでした。ラーメン以外にもうどんや担々麺、ちゃんぽんなど、まさに「麺どころ」と呼ぶにふさわしい魅力的なバリエーション。ぜひ次の旅行先は福岡・博多で、麺料理の奥深さを体験してみることをおすすめします!
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP