仙台駅前で見つけた!インスタジェニックなコッペパン

2017.05.28

「仙台ロフトの地下に、女子に人気のかわいいコッペパンがある」と耳にし、早速行ってみることに。かわいいコッペパンとは、いったい…?そこで目にしたのは、約50種類の色とりどりなコッペパン。つい写真におさめたくなるパンがいっぱいです。

米粉パンの人気店「MonaMona」が手掛けるコッペパン専門店

ウワサの現場は、仙台駅の目の前に立つ「仙台ロフト」の地下1階。その名も「MonaKoppe(モナコッペ)」。
宮城県は富谷市成田と仙台市河原町にある米粉パン店「MonaMona(モナモナ)」の姉妹店として、2016年11月にオープンしたコッペパン専門店です。

仙台ロフトはJR仙台駅や地下鉄仙台駅と直結しているため、通勤・通学途中に立ち寄る人が多い好立地。この日も、老若男女さまざまな人が足を止めていました。
▲テイクアウト専門店。小さな店内にはコッペパンがずらり

そして、ありました、コッペパン!つい足が止まってしまうのも納得の素敵なビジュアル。MonaKoppeでそろえるコッペパンの種類は、なんと約50種類もあります。
▲惣菜系もスイーツ系も、目移りしてしまう幅広い品揃え!
▲最もお手頃なトッピングシリーズは173円(税込)~

店長の大曲(おおまがり)嘉奈さんによると、「惣菜系もスイーツ系も、和洋まんべんなくそろえています。米粉パンなので、だし巻き卵やきんぴらごぼうなど和風の惣菜にも合うんですよ」とのこと。
▲MonaMona河原町店での勤務を経てMonaKoppeの店長になった大曲さん

味も見た目もたまらない!おすすめコッペパンはコレ!

「食欲をそそるような、そして写真映えするビジュアルもこだわりなんです」と大曲さん。それでは、種類豊富なコッペパンから、おすすめのコッペパンをいくつかご紹介しましょう!

まずは、惣菜系のおかずコッペから。店の一番人気は「生ハムとモッツァレラチーズ」。生ハム、モッツァレラチーズのほか、ポテトサラダ、オニオンスライスも入って具だくさん。爽やかなバジルソースがアクセントに。
▲「生ハムとモッツァレラチーズ(346円・税込)」はワインにも合うそう

和洋の定番惣菜を挟んだコッペパンもファンが多いそう。
▲「だし巻き卵ときんぴらごぼう(238円・税込)」はあっさりめの味付け
▲大好きなおかずを一度に楽しめる「ハンバーグナポリタン(302円・税込)」

「切り干し大根のペペロンチーノ(238円・税込)」といったユニークなコッペパンもありました。

続いては、おやつコッペ。スイーツ系の看板商品は「プリンアラモーナ」です。
MonaMona富田成田店のパティシエが作った焼きプリンがゴロリ。甘さ控えめのホイップクリームと旬のフルーツの組み合わせでボリューム満点です。

そして、宮城の郷土料理「ずんだ」のコッペパンももちろん人気。枝豆の風味が際立つずんだ餡をたっぷりとトッピング。しかもプラス30円でホイップクリームをのせてもらえます。
▲「ずんだホイップ(205円・税込)」(手前)と「プリンアラモーナ(410円・税込)」(奥)

「クッキーオレオ&ティラミス」など、おやつにもってこいの濃厚スイーツ系も人気上昇中!
▲「クッキーオレオ&ティラミス(216円・税込)」はマスカルポーネホイップとコーヒーシロップ入り

まだまだあります!個性派&定番コッペパン

おもしろいコッペパンをそろえているのも、コッペパン専門店ならでは。
「フレッシュフルーツ&グラノーラ」は、真っ黒な見た目がインパクト大!黒の正体は体にやさしい竹炭パウダーで、ヘルシー志向の女性に好評だとか。後のせグラノーラのザクザクとした食感も印象的です。
▲見かけによらずやさしい甘さの「フレッシュフルーツ&グラノーラ(324円・税込)」

もう一つが、自家製の米粉ケーキを挟んだケーキ系のコッペ。もちもちのパン&しっとりとしたケーキが意外にも好相性!
▲「自家製チーズケーキ(194円・税込)」。※「自家製ガトーショコラ(194円・税込)」もあり

定番のコッペパンも忘れてはいけません。
「米粉パンのおいしさをしっかりと楽しむなら、クリームだけのシンプルなコッペパンがおすすめ」と大曲さん。クリーム系のフレーバーもいろいろとそろっています。
▲「粒入りピーナッツクリーム(173円・税込)」(下)と「ラムレーズン(194円・税込)」(上)
▲弾力があり、歯ごたえ抜群!腹持ちの良さも米粉パンの特徴

ここまでいろいろなコッペパンをご紹介してきましたが、優柔不断な欲張りさんには「本日のBOX」がぴったり。ミニサイズの日替わりコッペパンが3個入ったお得なセットで、満足度高し!
▲「本日のBOX(518円・税込)」。この日はたまごハンバーグ、豆サラダ&生ハム、ずんだ練乳ホイップ(※日によって内容は異なる)

値段はそのままで、タマネギ抜きなどの注文にも柔軟に応じてくれます。パンのカットサービスもあるので、いろいろ買って、みんなでシェアして食べることもできますね。
▲保存料不使用、無添加の手作りコッペパン
使用するコッペパンは、MonaMonaでその日に焼いたもの。「ひとめぼれ」を中心とした宮城県産の米粉85%、グルテン15%の配合で作られています。
「米粉を使ったパンなので、栄養満点でヘルシー。もっちもちの食感で、噛むほどに甘みが増すのが、このコッペパンの特徴ですね」と大曲さんは話します。
▲手際よく、美しく具を盛り付けていきます

こんなにバリエーションが豊かだと、どれにしようか迷ってしまいますね。そんな時はスタッフに相談するのが一番。店頭にお目当てのコッペパンが並んでいなくても、希望を伝えればすぐに作ってくれるそうですよ。
▲MonaMona富谷成田店。敷地内にはカフェもあります

なお、MonaMonaでは食パンやフランスパン、クロワッサンなど80種類以上の米粉パンをラインナップ。MonaMonaにも足をのばして、米粉パンの世界に浸るのもおすすめですよ。
加藤亜佳峰

加藤亜佳峰

編集者・記者。編集プロダクションMOVE所属。仙台を拠点に、企画・編集・取材・執筆を担当。旅行誌を中心に、情報誌やムック、書籍、パンフレットなど幅広いジャンルの印刷・出版物を手がける。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP