伊香保温泉すぐ近く!地球屋ハルナグラスで世界にひとつの万華鏡作り

2017.08.03

群馬を代表する名湯「伊香保温泉」から車で約10分という好立地に、もの作り体験工房「地球屋ハルナグラス」はあります。現在ここで体験できるメニューは20種類以上!ガラスのペンダントや箸置き、陶芸、クリアキャンドル作りなど様々なもの作りを楽しむことができます。その他にも「世界一のつるし飾り」を見たり、無添加パン工房でお腹を満たしたり…。1日いても十分に楽しめるこの場所で、一番人気の「万華鏡作り」に挑戦してきました。

▲「地球屋ハルナグラス」の工房内では、プレゼントにも喜ばれそうなガラス製品もたくさん販売しています

伊香保温泉のついでに行きたい!オトナ女子の知的好奇心をくすぐるもの作り体験工房

群馬県北群馬郡榛東(しんとう)村にある「地球屋ハルナグラス」。もともとこの場所には、100年以上の歴史を誇る老舗ガラス企業があり、ここで作られるガラス製品は「ハルナグラス」と呼ばれ群馬県ふるさと伝統工芸品に認定されていました。その後、ちょうど道を挟んだ向かい側で雑貨屋とパン工房を運営していた「地球屋」がその跡地を買い取り、2015年に「もの作り体験工房・地球屋ハルナグラス」として再スタートを切りました。
▲こちらが「地球屋ハルナグラス」。時間に余裕があれば、1度にいくつかの体験をしても楽しいかも♪
▲こちらは人気体験メニューの1つであるクリアキャンドル作り

さっそく「地球屋ハルナグラス」で世界にひとつの万華鏡作りに挑戦!

こちらの施設で1番人気の体験メニューが、万華鏡作り体験!基本タイプの万華鏡セットが1,080円(税込)、オイルワンドタイプ(オイルが入るタイプ)の万華鏡セットが3,240円(税込)で手作りできます。クルクル回すだけで小さな筒の中に美しい世界が広がる万華鏡を自分で作れるなんて素敵ですよね。そこで、基本タイプの万華鏡作りにチャレンジしてみました。
▲いよいよ体験スタート。スタッフが分からなければ随時レクチャーしてくれるので安心です
▲こちらが基本タイプの万華鏡セットに含まれるもの。筒の柄はお魚の柄や花柄の和紙など10パターンからお好きにチョイスできます

まずは、万華鏡の筒の部分を仕上げていきます。もともと筒の台紙は基本セットに入っているので、外側に貼付する和紙を選んで、決められたサイズにカッターで切っていきます。
▲まっすぐ切りとり線を引くだけの作業も、ついつい真剣な顔になっちゃいます
▲切った和紙を万華鏡の筒にクルクルと巻いて最後に両面テープで固定します
▲万華鏡の筒が完成しました。今回は花柄の和紙をチョイスしてみました

続いて、筒の中に鏡(反射板)を入れる作業です。3枚の鏡をちょうど三角柱になるように合わせて、テープで固定します。この鏡にビーズが反射することで、あの万華鏡特有のテクスチャが出来上がるのです。
▲鏡はあらかじめカットしてあるので、つなげて止めるだけの楽チン作業です
▲筒の中に鏡を収めて、回転部分の土台をはめて固定します

そして、いよいよ万華鏡作りのクライマックス!透明なプラスチックの土台の上に、あらかじめセットされているカラフルなビーズを敷き詰めていきます。さまざまな色や形をした10粒ほどのビーズを、筒からこぼれないように1つ1つ丁寧に敷き詰めました。シンプルな作業ですが、この作業が一番楽しかったです♪
▲願いを込めて入れたら叶うかも~なんて、乙女チックなことを考えているのは私だけ?
▲最後に万華鏡の上部に透明なプラスチックの板をのせ、黒いリングで固定します。細い筒の方も同様に、覗き穴部分をはめれば出来上がり!

世界にひとつの万華鏡が完成!最初は難しそうに見えましたが、意外と簡単にできちゃいました♪自分へのお土産にするも良し、甥っ子や姪っ子へのプレゼントなどにしても喜ばれそうですね。
▲1,080円(税込)で、本格的な万華鏡を作れちゃうなんて素敵ですよね
▲完成した万華鏡をクルクルと。心はすっかり童心にかえっていました♪

万華鏡だけじゃない!本格ガラス工芸の体験も

もともと老舗ガラス企業だった「地球屋ハルナグラス」。再スタートした際に、工場内には当時作られていたガラス製品の材料がいっぱい残っていたといいます。そのガラスを使って体験できるメニューの中で人気なのが「フュージング(Fusing)」。フュージングとは、数枚の板ガラスや粒状ガラス等を組み合わせ、ベースとなるガラスに約800度の高温で焼き付け融合させるガラス工芸の技法のことです。
▲まずはベースになるガラスを1点選びます。箸置きやペンダントなど、思い思いの作品が作れます
▲細かく刻まれたカラフルなガラスの破片。こちらを先ほどのベースのガラスに配置していきます
▲海をイメージしたペンダントを作っているところ。個々のセンスが問われますね

「フュージング(Fusing)」の体験料金は、箸置きの場合1個864円、2個1,296円、ペンダントの場合は1個1,944円です。焼き付けと冷却作業があるので当日のお渡しではなく、後日指定場所へ届けてくれます。(送料・手数料込で別途200円)※金額はいずれも税込。
▲クリアキャンドル作りや3D塗り絵(いずれも税込1,080円~)など、比較的短時間で、小さな子どもでも楽しめるメニューも豊富です
その他にも今話題のVR(バーチャルリアリティ)映像をみられる体験や、お花屋さんのオーナーと一緒に本格的な多肉植物を作れる体験など、たくさんのメニューが用意されているので、大人もしっかり楽しめます♪
▲高崎市にお店を構えるお花屋さんのオーナーが自ら丁寧に教えてくれます。オーナーのレクチャーは来館している時のみの不定期。会えたらラッキーです

ギネス世界記録保有!13,556個の「つるし飾り」は、恋が叶うパワースポット!?

一通り体験を楽しんだら、道を挟んで向かいにある「地球屋榛名」を覗いてみましょう。ちょっと変わった雑貨なども販売しているとても不思議な空間。お土産探しもおすすめですが、ギネス世界記録を保有している「つるし飾り」は必見です。
▲つるし飾りは入口すぐにあります。直径約3m・重さ280kgで存在感たっぷり

「つるし飾り」とは、糸の先に布製の人形などを吊るした伝統工芸の一種。一つ一つに長寿や健康などの願いが込められていて、女の子が生まれた際のお祝いとして全国各地で贈られています。

ここ「地球屋榛名」のつるし飾りは、なんと13,556個の絹の古布細工でできているそう!東日本大震災で被災された福島県の方たちの協力を得て、1つ1つ想いを込めてすべて手作りされました。その圧倒的な数により、2014年にギネス世界記録に認定!名実ともに「世界一のつるし飾り」です。
▲なんと、つるし飾りの中は願いが叶うパワースポットになっているとのこと!叶えたい女子は、ぜひ訪れてみてくださいね
▲2014年にギネス世界記録に認定されて以来、その記録はいまだに破られていません(2017年8月現在)
▲「地球屋榛名」の店内には個性的なギフトがいっぱい!オリジナルの「ぶす姫」というお人形も購入できます

なお、12月~3月には「つるし飾り」を作る体験もできるので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自家製ビール酵母×無添加のパンが大人気の「地球屋パン工房」

さらに「地球屋榛名」と隣接した「地球屋パン工房」へ。ここの自慢は、とことん材料にこだわった無添加パン!お水、小麦粉、卵、バターなど全ての材料に厳しい基準を設けており、都内の有名パン職人からもお墨付きをもらっているそうです。
▲「地球屋パン工房」の外観。ドアを開けた瞬間、ふわっと焼き立てのパンの香りに包まれます

なかでもこだわっているのが自家製の酵母。醗酵促進剤(イーストフード)、乳化剤などの添加物は一切使用せず、無添加にこだわり毎日店内の工房でパンを焼き上げています。
▲季節ごとの新作もどんどん追加されるので、訪れるたびに楽しみが増えそう!

パンのテイクアウトもできますが、おすすめはテラス席でのイートイン。今回は焼き立てのピザランチを頂きました。パンと同様の製造工程でつくられたピザ生地は、モチモチでとっても美味。具材もたっぷりのっていて、目に優しい緑を背景に至福のランチタイムを堪能しました!
▲「お野菜ごろごろピザランチ(1,080円※税込/ドリンク付)」。地元産の野菜がたっぷりのっていて食べごたえも抜群です
▲時間があればテラス席でゆったりランチを。別名“森の中のパン屋さん”と呼ばれているとおり、周辺は濃い緑に覆われています
また、広い敷地内ではフリーマーケットをはじめ、群馬県内外からゲストを招いたダンスやバンドパフォーマンスなども定期的に開催しています。
▲フリーマーケット開催日は地元のお客様も多く賑わいます

さらに!2017年9月19日(火)には、見学とバター作り体験が出来るバターファクトリーがニューオープン!こだわりのバターはお土産にも最適です。
▲「地球屋ハルナグラス」に隣接してニューオープンするバターファクトリー!
▲バター職人とコラボした地球屋プレミアムシリーズ

本格的なもの作り体験、ギネス世界記録保有の「つるし飾り」、そして心も体も満たされる無添加パンを使った美味しいランチなど、女子の一人旅でもグループ旅行でも十分楽しめる「地球屋」。伊香保温泉からも車で10分と近接、JR高崎駅からも車で1時間程度です。
もの作り体験をした後は、伊香保温泉でゆっくりするなど、旅のプランに加えてみてはいかがでしょうか。

※ギネス世界記録はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

この施設で体験できる他のプラン

takeko

takeko

普段はIT系ディレクター、時々ライター。趣味は美味しいお店開拓(でもすごく方向音痴です…)。学生時代は一人海外旅行が大好きで、行く先々ですぐ友達を作っちゃうタイプでした。社会人になり全国各地へ出張に行く度に、その土地の美味しいグルメと人に会う楽しみを覚え、現在も休みがあればどこかしらに旅に出ます。最近のブームは日本酒。いつかマイボトル酒が作りたい!と思ってます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP