【2017年】父の日の贈り物プランまとめ ~世界で1つだけのプレゼントも作れる~

2017.06.02

今年の父の日は6月18日(日)ですね!お父さんに感謝を伝えるプレゼントはもう買いましたか?ネクタイやお酒などの贈り物が定番ですが、今年は手作りの品物や思い出に残る時間を一緒に過ごすというプレゼントはいかがですか。今回は父の日のプレゼントにおすすめのプランをご紹介します。

【山梨(笛吹)】明治創業の老舗ワイナリーで、お父さんとワインを試飲

▲国の登録有形文化財に認定されている石蔵発酵槽

ブドウ栽培の聖地・山梨県は笛吹市にワイナリーを構える「ルミエールワイナリー」。こちらの創業はなんと明治18(1885)年、130年以上もの歴史を誇る“超”がつくほどの老舗です。

こちらで体験できるワイナリーツアーでは、実際にブドウ畑に足を運び、ブドウの知識や生育方法などを学ぶことができます。ちょうど父の日がある6月頃には、かわいらしいブドウの花を見ることもできるとか。
▲9月中旬~10月上旬にかけては、たわわに実ったぶどうの様子も見られる(品種によって時期は異なる)

また、醸造棟ではワインの造り方を学ぶことができます(父の日の時期とはずれますが、秋には仕込みの風景を見ることもできます)。そして一番のお楽しみは、何と言っても試飲。100年以上前に造られた石蔵発酵槽で仕込んだワインを見学し、敷地内の売店で試飲させてもらうことができます。
▲ルミエールワイナリーのイチオシ「石蔵和飲」。和やかに楽しむという意味が込められている

日頃から家族のためにがんばっているお父さんに感謝の気持ちを込めて、ワイナリーツアーをプレゼントしてみませんか?現地で限定ワインを購入し、帰宅後にプレゼント!なんていうサプライズもできますよ。

【群馬(赤城)】赤城高原に広がるブティックワイナリーで、お父さんとワインを試飲

「ブティックワイナリー」とは、ブドウの栽培からワインの醸造までを手掛けるワイナリーのこと。赤城高原に広がる壮大なぶどう畑を持つ「奥利根ワイナリー」ではそんなブティックワイナリーならではの見学ツアーが人気を博しています。
ワインの造り手が自らガイド役を務め、ぶどう畑のことや醸造・熟成という製造過程など、テイスティングを通して詳しく説明してくれます。
お楽しみはフレンチオーク、アメリカンオークの樽で6~12ヵ月熟成させた樽熟ワインのテイスティング!ワイナリーにある専用テイスティング・ルームにて思う存分試飲ができます。
あまりの美味しさに、お父さんもついつい飲みすぎちゃうかも!?

【長野(諏訪)】お父さんと信州二八そばを打つ

▲つながり易く、そば切れしないため初心者にも打ちやすい「信州二八そば」

風光明媚な湖として人気の諏訪湖から程近い所にある「諏訪そば打ち道場」。ここは創業90余年の製粉会社・高山製粉が運営するそば打ち道場です。

老舗の製粉メーカーが作る上質のそば粉は、味が濃くつながりが良いと評判で、そば打ち初体験の人でも本格的なそばが打てると人気となっています。
館内は最大36人が同時に打てるほどの広さがあり、参加した人たち同士、すぐに仲良くなれる環境です。これなら人見知りのお父さんでも大丈夫なはず。エプロンや帽子、お持ち帰り用タッパーまで用意してあるので、手ぶらで行ってもOKです。
▲道場は中央道諏訪ICから5分、上諏訪温泉・諏訪湖畔から15分の場所にある

熟練した講師の指導のもと、約5人前の蕎麦を打つことができ、終了後はすぐに茹で上げて試食することもできます。打ちたてのそばの歯応えに、お父さんとの会話もきっと弾むはず。

また、残った蕎麦はお土産にして持って帰ることができるので、父の日当日、お父さんと一緒に行けないという方は、プレゼントとして家で湯がいてあげるのもいいですね。

【長野(小諸)】築140年以上の旧古民家で、お父さんとそばを打つ

伊藤深水(大正・昭和期の画家)がこよなく愛した古民家を移築して造られた「はりこし亭」は老舗旅館「中棚荘(なかだなそう)」の別邸で、国の登録有形文化財にも認定されています。そんな由緒ある古民家で「そば打ち」が体験できるとあって県内外から多くの観光客が訪れています。
そば粉・小麦粉は自社農園で栽培されたものを使用し、初心者も対応してくれるそば打ち体験としては珍しく、粉を混ぜる作業から学ぶことができます。
そば打ちもさることながら、趣のある古民家の雰囲気をお父さんもきっと気に入ってくれるはず。父の日に、親子で打ったそばを食べてみませんか?

【神奈川(川崎)】工場萌えの聖地・川崎で、お父さんに工場夜景をプレゼント

日本の5大工場夜景の筆頭に挙げられる神奈川県川崎市の工場群。夕闇に浮かぶ摩天楼を一目見ようと連日多くの“工場萌え”ファンが集っています。

東京のクルーズ会社「ジール」では、羽田空港とこの川崎工場群を結ぶクルーズを航行しており、ロマンチックな光景を見られるとあってカップルにも大人気です。
▲羽田空港C滑走路から飛び立つジャンボジェット機。夕日に浮かぶシルエットがカッコイイ!

そんな工場夜景クルーズですが、実はお父さん世代にも大人気。特にカメラが趣味のお父さんを連れて行けば間違いなく喜んでもらえるはず。

空港から飛び立つジャンボジェット機を横から撮影したり、東京港を彩る大井ふ頭・青海の巨大コンテナ船とガントリークレーンを眺めたり…レインボーブリッジの夜景も観ることができますよ。
2017年6月の運航は父の日の前日の6月17日のみ!大人気のクルージングプランなので早めの予約がおすすめです。

年に一度、父親に感謝を伝える日に、船上デートをプレゼント!というのも粋ですよね。

【千葉(成田)】飛行機好きのお父さんに最適!空港見学ツアーをプレゼント

「Event Office ミキキートス」では、成田空港にある3つのターミナルをめぐる空港見学ツアーを実施しています。

航空検定に合格した元海外ツアーコンダクターが、各ターミナルの見どころや滑走路・飛行機に関する豆知識を分かりやすく説明してくれると人気を呼んでおり、すでに800名以上の参加者を記録しているとか。
第1ターミナルでは、日本一の長さを誇る成田空港のA滑走路を、そして第2ターミナルではB滑走路や管制塔・ランプタワーの様子を見学することができます。特に、2015年にオープンしたばかりのLCC専用ターミナルは、奇抜な内装で必見です!
普段、飛行機に乗りたくても乗ることができないお父さんなら、とても喜んでもらえるプレゼントになること間違いなしです。

【長野(安曇野)】自然豊かな安曇野の観光スポットをタクシーで巡る

自然豊かな長野県の中でも指折りの景勝観光エリアとして有名な「安曇野」。澄んだ空気と湧き水、そして冠雪する中央アルプスを望める絶好のロケーションは何度も足を運びたくなりますよね。
▲安曇野の湧水でわさびを育てる大王わさび農場。近年、長野の人気観光スポットとして話題となっている

「南安タクシー豊科本社」では、そんな安曇野の観光名所をタクシーで気軽に巡れるプランを提案しています。

日本アルプスの総鎮守として有名な「穂高神社」や、大下駄で有名な「東光寺」、園内に湧く湧水でわさびを育てる「大王わさび農場」など要所は全て押さえているので、ドライバーさんに任せきりでOK!普段運転を買って出てくれるお父さんにのんびり観光を楽しんでもらいつつ、運転をしなくてすむのでお酒だって飲めちゃいます。
▲三叉路や辻の入り口など、道すがらに出合う安曇野の小さな守護人・道祖神

キレイな景色を眺めながらお父さんとのんびりタクシー観光…子供の頃の話で盛り上がったり、いっぱいおしゃべりをしてみては?

【東京(蒲田)】吹きガラス体験でオリジナルグラスをお父さんにプレゼント!

毎日お仕事お疲れさま!の感謝を込めて、ビールやお酒を注ぐオシャレなグラスをプレゼントしてみませんか?
東京大田区にある「東京ガラス工芸研究所」では、約1,300度に熱して溶かしたガラスを自由自在に操ってオリジナルのグラスや一輪挿しなどのガラス製品を作ることができます。
▲高温の炉で熱したガラスを筒に巻きつける。この後、柔らかくなったガラスを息で膨らませていく

工法は熱したガラスを吹いて膨らませる「吹きガラス」。熱々のガラスを前に怯んでしまいそうですが、そこは経験豊富なプロが一緒に作ってくれるから大丈夫。30~45分程度で色鮮やかなガラス製品を作ることができますよ。
▲様々な色のガラスを混ぜて、色鮮やかなグラスに

こんなステキなプレゼントなら、お父さんも間違いなく喜んでくれるはずですね。

※火を用いた作業のため、服装にはご注意ください。レーヨンやナイロン素材は特に避けミニスカートや半ズボン、ヒールの高いものやサンダルなどはご遠慮ください。

【東京(大塚)】お父さんに手作りの錫のぐい飲みをプレゼント

▲銅の金属加工ができるプランもあり

いつもの晩酌に高級感をもたらしてくれる錫(すず)の酒器。冷気を感じる高貴な口当たりに、普段飲んでいる日本酒がひとつ上のグレードに感じます。

そんな錫の酒器を作れるのが東京・大塚にある「アーティス」。金属を金鎚で打って成形していく伝統的な金属加工技法である「鍛金」を主にした造形を行っており、時代を超えて生き続けるものを作ることができると話題になっています。
酒器の定番であるお猪口は難易度が高い形ですが、ベテランの講師が丁寧に指導してくれるので、何とか形にすることもできるはず!いつもお仕事をがんばっているお父さんに、手作りの錫の器をプレゼントしてみませんか?

※本プランは錫の小皿作りがメインの体験です。もちろんお猪口作り等にもチャレンジできるので、自分が作りたい形を当日申し出てください。

【長野(松本)】国宝・松本城と名所旧跡をタクシーで巡る

▲松本のシンボル、国宝・松本城

日本最古の五重天守が現存する国宝「松本城」を筆頭に、城下の風景を再現したようなお店が並ぶ「縄手通り」、和風と洋風の入り混じった擬洋風建築が美しい「旧開智学校」など、歴史探訪を楽しむことができる松本。

そんな松本の魅力をガイド付きで案内してくれるのが「松本タクシー」の市内観光プラン。松本城はもちろん、縄手通り、旧開智学校、そして民芸品や工芸品が展示されている民芸館などを2時間30分ほどで巡ってくれます。
▲江戸時代の風情が今に残る縄手通り。一年を通じて歩行者天国となっており、多くの観光客が行き交う

大正14(1925)年創業の松本タクシー。長年のタクシー業で培ってきたノウハウを元に、有名観光地を熟知したベテランドライバーが紹介してくれますよ。
▲国の重要文化財に指定されている旧開智学校

大人の男性でこの手の話が好きな方は多いはず。歴史好きのお父さんにおすすめの観光タクシープランです。

おまけ:【長野県(野尻湖)】お父さんと一緒に童心に帰ろう!家族でカヌー体験

最後に1つ、家族でできるアクティビティをご紹介。年に一度の父の日に、お父さんを湖に連れ出してカヤック体験はいかがですか?

標高654mの高原に位置し、長野県で諏訪湖に次いで2番目に大きい天然湖「野尻湖」で活動する「ウクディ パドリング スクール」では、初心者でも半日でカヤックを自在に操れるようになる体験を開催しています。
普段はソファーで横になっているお父さんでも、プロの方の親切な指導があるので大丈夫。1人でカヌーを漕げるようになるまで教えてくれます。
家族全員がカヌーに慣れてきたら、誰がゴールまで早く漕げるかレースをしても面白いですよ。お父さんと一緒に童心に帰れること間違いありません。

清々しい高原の湖で汗を流した後は、長野のちょっと良い温泉宿で日頃の疲れを癒すのもいいですね。
今回ご紹介した父の日におすすめなプラン以外にも、お父さんたちが喜んでくれそうなプランはたくさんあります。
父の日まであとわずか!今年は手作りの物をプレゼントしたり、お父さんと一緒に物を作ったり、アクティビティを楽しんだりしてみませんか?
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP