都内から約1時間半!自然豊かな秩父で思い出が作れる体験10選

2017.08.30

埼玉県の西部、荒川の上流に位置する秩父エリアは都内からも日帰りで大自然を満喫できる観光スポットとして注目を集めています。特別天然記念物である長瀞の「岩畳(いわだたみ)」など、特徴的な地形を船から眺めるライン下りで有名ですが、近年ではよりアクティブに、急流にも挑戦するラフティングの“聖地“となっています。そんな秩父の自然を満喫できるアクティビティやものづくり体験などに参加し、思い出作りしてみませんか?

※ご紹介する体験は、空き状況により予約ができない可能性があります。

乗り込んだ仲間は運命共同体!ラフティングで渓流を冒険しよう

最初にご紹介するのはラフティングです。川下り系アクティビティとしては有名なので、このジャンルの遊びに興味がある方なら経験があるのではないでしょうか。
ラフティングの特徴は何と言っても急流越え。うねる白波を仲間と共にクリアしていくスリルは他では味わえない醍醐味です。ライフジャケットとヘルメットを着用するので初めての方はもちろん、泳ぎが苦手という方でも安心して参加できます。
▲会社やサークルのメンバーなど大勢で参加するのも楽しそう!
「カヌーテ上長瀞ベース」は、長瀞で一番最初にラフティングを始めた施設。だから長瀞の川を熟知しています。
コースでは白波が立つほどに流れが激しいところと、穏やかなところが程よくあるのですが、単に川を下るだけではありません。穏やかな場所ではボートを止めて滝に打たれてみたり、岩から川に飛び込んでみたり、体一つで水に浮かんでみたり。全身ずぶ濡れになって思いっきり楽しめます。

【開催時期】例年4月上旬~11月上旬

カヤックで手つかずの自然が残る渓谷を散策しよう

続いてご紹介するのはカヤック。小回りが利くので見たいものの間近まで行くこともできるのが魅力です。季節ならではの風景だけでなく、秩父の自然が生み出した特徴的な地形もじっくりと観察することができますよ。
気の赴くまま、ゆったりとカヤックを漕いでいると、実に贅沢な時間だと感じます。
▲四季折々の景観が楽しめる自然豊かな長瀞渓谷
「ウォーターパーク長瀞ラフティング」はラフティングとカヤックの体験ができるアウトドア施設。フレンドリーで経験豊富なインストラクターが、安全のための講習やパドルの漕ぎ方まで丁寧に指導してくれます。小学生でも参加OKです。
家族や友達同士の思い出作りだけでなく、これから趣味として本格的に始めていきたいという方にもぴったりですよ。

【開催時期】通年

安定性が高いゴムボート「ダッキー」で渓流下りに挑戦!

次の川下り系アクティビティは、カヤック型のゴムボート「ダッキー」です。
見た目はラフティングボートを小さくしたような感じで1~2人乗り用。カヤックに比べて安定性が高いのが特徴です。また操作が簡単なので、初心者でも心配ありません。
▲安定感抜群のダッキー。流れの速い場所でもこの通り、余裕のVサイン!
「ブループラネットカヤックス」では、長瀞の急流下りをこのダッキーで体験することができるんです。1mを超える波にも挑戦!ラフティングと違って少人数の力で乗り越えていかないといけないので、スリルだけでなく、達成感もかなり感じられます。もちろんガイドがバックアップしていますのでご安心を。

【開催時期】4月下旬~10月初旬

アウトドア好きの間で注目のアクティビティ「パックラフト」

最後にご紹介する川下り系アクティビティは「パックラフト」です。これはダッキーと同じく空気で膨らませるタイプの1人乗りボートですが、ダッキーと大きく異なるのはその重量。わずか3kg程度と携帯性に優れていることから、リュックに入れて山を登り、川を渡る際にその場で膨らまして使うことができます。今アウトドア愛好家の間で注目を集めているアイテムです。
▲冒険心をかきたてるパックラフト。簡単に持ち運びできるので使い方は様々
「アムスハウス長瀞ラフティング」が主催するパックラフト体験は、流れが穏やかな場所を自分のペースでクルージングする体験です。スリルを味わうのではなく、気軽に楽しめる自然満喫派の方におすすめのアクティビティなんです。
何しろ軽いので、川に入ってパドルを漕いでみると最初はくるくると回ってしまったり、なんてこともありますが、コツをつかめばスイスイ。手つかずの長瀞の美しい風景を楽しんでみませんか?

【開催時期】例年4月~11月

サイクリング感覚で自然を満喫できるマウンテンバイク体験

ここからは陸系アクティビティを3つご紹介。山に囲まれた秩父・長瀞ではマウンテンバイクもおすすめです。
街から離れた里山の風景や、トレッキング用に整備された山道もスイスイと駆け抜けることができるため、スポーツと観光をセットで体験できるのが魅力です。
こんなマウンテンバイク体験なら、普段から自転車に乗り慣れている方には気軽に挑戦できそうですよね。
▲マウンテンバイクはハンドルとサドルがほぼ同じ高さで、初めて乗る人は戸惑うことも。でも30分も練習すればこの通り
そんな秩父・長瀞の魅力をいいとこ取りできるマウンテンバイク。「グランデックス 長瀞ベース」では、長瀞を知り尽くしたインストラクターがガイドブックには載っていないような美しい風景を巡るオリジナルコースを案内してくれます。のどかな田園風景からスタートし、山の中のトレッキングコースへ。最後は長瀞の名所「岩畳」を眺める絶景ポイントを目指します。
スポーツとしてではなくサイクリング気分で楽しめるから、女性やシニアの方にもおすすめです。

【開催時期】5月上旬~7月中旬、10月上旬~12月中旬

運転免許不要!スリル満点の本格カートレース体験

豊かな自然に囲まれた「秩父ミューズパーク」は秩父エリア随一のプレイスポット。1日では回りきれないほどの広い敷地の中に、サイクリングなどのスポーツ施設のほかコテージやキャンプ施設もあり、連日多くの家族連れで賑わっています。
中でも人気のアトラクションはパーク内にある「F1リゾート秩父」のカート。親子で楽しめる2人乗りゴーカートから、本格的なタイムトライアルレースまで、気軽にモータースポーツを楽しめるとあって、注目を集めているんです。
▲小型のエンジンですが時速60kmにも。アクセルを踏んでみればそのスピードとパワーに興奮すること間違いなし!
カートは車高が低く地面スレスレを駆け抜けるため、体感速度は実際のスピードの3倍以上とも。他のマシンとぶつかったりコーナーでスピンしたり、スリル満点です。
ここでは10周+10周+15周と、3回挑戦できるため、まずはマシンの操作やコースに慣れてから、友達同士でタイムトライアル。そしていよいよ本格的なレース!といった楽しみ方も可能です。

【開催時期】通年

高さに興奮!森の自然を活かしたアスレチックに挑戦

「秩父ミューズパーク」の中でもう一つ外せないアクティビティがアスレチックです。森の中に設計されたダイナミックなアスレチック施設「フォレストアドベンチャー・秩父」は、地面から高い位置でのコース設計となっているのが特徴。専用の安全ハーネスを装着して、ケーブルやはしごを使い木から木へと空中移動していく本格的なアスレチックで、大人も童心に帰って楽しめるアクティビティです。
▲思わず真剣になってしまうこの高さ!
小学校4年生から参加可能で、参加する人全員がセーフティブリーフィング(安全講習)で、ハーネスの使い方を学びます。
コースの所要時間は約2時間半。38のアクティビティがあり、最も高い位置ではおよそ20mにもなります。特徴的なのはワイヤーロープを滑車で滑り降りるジップスライドが6つもあることで、最長のものは約150m、体感時速は40~50kmにもなるとか。病みつきになりそうなスリルを味わえます。

【開催時期】通年

自然に囲まれた工房で自由な発想をカタチにする陶芸体験

アクティブに体を動かすのもいいですが、クリエイティブに頭を使う陶芸体験もおすすめです。
秩父の市街地から離れ、自然に囲まれた山里にある「倉林陶芸工房」では、ロクロで器を作ることができるだけでなく、手びねりで小物やオブジェ、ランプシェードなど、それぞれが思いおもいの作品を作ることができるんです。講師の方も、参加者の自由な発想を後押しするようなアドバイスをしてくれるので、どういうものを作りたいのかを伝えましょう。
陶芸のおもしろいところは体験時と焼き上がりで作品の印象ががらっと変わってしまうこと。焼き上がりは縮んでしまいますし、釉薬によって色が付きます。特にこちらで使っている釉薬は焼き上がりが白くなるものなので、完成イメージを持って作品づくりに取り組むといいでしょう。
所要時間は約2時間(焼き上がった作品は約6週間後に宅配便で届きます)。思いっきり想像力をかきたてて、世界に一つだけの作品を作ってみませんか?

【開催時期】通年

ワンちゃんも入店可能な工房で、肉球プレート作り体験

長瀞エリアにある「陶芸広場いっき」では、ガレージにある秘密基地みたいな工房で陶芸作品づくりに挑戦できます。
この工房の特徴はワンちゃんも作品づくりに参加できること。人気のコースは「肉球プレート作り」です。旅の記念品としてだけでなく、ウェルカムボードなどにアレンジしてもおもしろいかもしれませんね。
▲ワンちゃんとのロングドライブで立ち寄ったり。ここなら他にはない思い出の品が作れそう
ワンちゃんだけでなく、子供の手形や足形でもいい記念品になりそう。想像力を膨らませてあなたらしい楽しい作品に仕上げましょう。
焼き上がりまでは約1カ月。着払いで発送することも可能です。どんな作品に仕上がっているのか待ち遠しいですね。

【開催時期】通年

日常から離れ、ありのままの自分を見つめる宿坊体験

携帯電話もつながらない秩父の山あいにひっそりと佇む「大陽寺」は、正和2(1313)年に開山しました。ここでは自然に囲まれ情報から遮断された環境で、自分自身を見つめ直す1泊2日の宿坊体験ができるんです。
宿坊体験と言っても僧侶としての厳しい修行を体験するものではありません。写経や読経、座禅などのプログラムは基本的に自由参加。身構えることなく、仕事や日々の生活を忘れ自然体で過ごす気持ちで、体験を楽しんでみましょう。
▲開放感のある縁側で写経に取り組む。自然の風景を前にリラックスできる
座禅はあぐらをかいて座り、意識を体の中の深い部分に集中していきます。すぐに背中をパシン!と叩かれてしまうイメージがありますが、叩かれるのは希望者だけだそう。それでも住職が前に来ると、ほどよい緊張感が気持ちを引き締めます。
歴史あるお寺にゆっくりと流れる時間。自分自身をリセットする機会にできそうですね。
自然が豊かなこのエリアは、都会生活の喧騒を忘れさせてくれる貴重な体験がいっぱいです。都内から電車わずか約1時間半という思い立ったらすぐに行ける距離感もいいですね。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

※ご紹介した体験は、空き状況により予約ができない可能性があります。
オフィスCLICK

オフィスCLICK

旅行、遊び、グルメ、おケイコ・習いごと、住まい・暮らし、就職・転職etc. ライフスタイルにまつわるアレコレな記事&広告を手掛けるクリエイティブプロダクションです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP