徳川家も愛したブランド栗!秋こそ食べたい小布施の栗スイーツ名店まとめ

2017.10.02

長野市に隣接する小布施(おぶせ)町は、知る人ぞ知る栗の名産地。かつては徳川幕府の厳しい管理下に置かれ、収穫された栗は究極のブランド栗として将軍家に献上されたといいます。“紀州みかん”、“甲州ぶどう”と並ぶ「徳川三大果」と謳われたのが、この“小布施栗”。今回は、そんなブランド栗のおいしさを堪能できる絶品栗スイーツの名店を厳選してご紹介します!

長野県の北東部に位置する小布施町。人口は1万1千人ほどの小さな町ですが、小布施栗を目当てに、なんと年間約120万人もの観光客が訪れるといいます。小さな町ゆえ生産量は他の生産地に及びませんが、小布施栗の人気はピカイチ。町内には、“濃厚で甘みが強く、コクのある味わい”と評判のブランド栗を味わえるお店が数多く点在しています。

1.栗餡×蜜栗×栗蜜!栗・栗・栗のクリームあんみつ「泉石亭」

▲富商・高津家の屋敷跡に建つ泉石亭。長野電鉄・小布施駅から徒歩約6分

まず、ご紹介したいのが「泉石亭(せんせきてい)」。こちらは、小布施で初めて栗菓子を販売した老舗菓子店「桜井甘精堂(さくらいかんせいどう)」が手掛ける食事処です。きれいなお庭を眺めながらティーブレイクできるとあって、店内は観光客で連日大にぎわい!
▲店内はしっとりとした雰囲気。ゆっくり過ごせる半個室の席もある

このお店でぜひとも食べていただきたいスイーツが「クリーム栗あんみつ」。【栗餡】と大粒の【蜜栗(栗の甘露煮)】がのったあんみつに、【栗蜜(栗の砂糖蜜)】をたっぷりかけて楽しむ、まさに栗尽くしの和スイーツなのです。
▲「クリーム栗あんみつ」680円(税込)

栗餡とは、ふかした栗を裏ごしし、砂糖と一緒に練り上げたもの。あんみつと聞くと、小豆の餡を想像するかもしれませんが、小布施で餡と言ったらこの栗餡が一般的です。小豆餡とはまったくの別もの。
▲器中央に鎮座するのが、特製の栗餡。その上には大粒の蜜栗がのる

そんな栗餡をスプーンで口に運んでみると……“栗感”満載のギュギュギュッと凝縮された濃厚なフレーバー!大粒の蜜栗もずしりと重みがあって、栗好きにはたまらないおいしさです。栗蜜(栗を煮る時に使った砂糖蜜)も、栗から染み出た風味やエキスが詰まっていて深いコク。上品な甘さで、バニラアイスとの相性も抜群です。大粒の蜜栗まで楽しめて、シアワセ~!
▲栗餡を寒天で寄せて作る「栗ようかん」600円(抹茶付き・税込)もおすすめ。栗の風味がダイレクトに伝わってくる

なお、栗菓子の原材料として欠かせない栗餡は、言ってみれば“味の要”。店ごとに少しずつ味わいが違うので、お好みの味を探してみるのも楽しいかもしれません。ちなみに、桜井甘精堂の栗餡は、栗の風味を残すためにできるだけ工程を減らしているので、少し粗目。力強い栗の風味が楽しめますよ。
▲小布施名物の栗おこわと信州そばの両方が楽しめる「甘精堂御膳(野菜天)」2,500円(税込)
▲旧家高津邸の風情をいまに残す立派な庭園

2.「栗きんとん」はマストバイ!小布施きっての老舗菓子店「桜井甘精堂」

▲どっしりとした佇まいの桜井甘精堂 本店

泉石亭の目の前にある「桜井甘精堂 本店」にも足を運んでみましょう。こちらの創業は文化5(1808)年。泉石亭でも楽しめる栗ようかんは、なんと200年も前から続くお菓子なのだとか!食べきりサイズの「ひとくち栗ようかん」1個・238円(税込)も販売しているので、お土産としてもおすすめです。
▲和洋の栗菓子を多数扱っている。常温で持ち歩けるものも多い

和洋さまざまな栗スイーツを扱っている同店ですが、新栗の季節だけしか味わえない特別なお菓子が「茶巾しぼり 栗きんとん」。収穫したばかりの栗を裏ごしし、砂糖と混ぜ合わせて、一粒ずつ茶巾しぼりで仕立てた素朴なお菓子です。冷凍保存をしないため、新栗ならではのフレッシュな風味が楽しめますよ!
▲毎年9月下旬から10月上旬頃まで販売する数量限定の「茶巾しぼり 栗きんとん」1,296円(5個入り)、2,484円(10個入り) ※各税込(販売のない日もあるため要確認 ・要予約・発送不可 )

定番の栗かの子は、そのままお茶請けとしていただくのはもちろんのこと、ブランデーをかけても美味。余った餡はクラッカーの上にクリームチーズと一緒に塗って食べてもおいしいそうなので、ぜひお試しを!
▲栗餡と蜜栗で作った栗100%のきんとん「純栗かの子」1,296円~(270g~)。奥は、バターが香る生地に蜜栗を刻んで混ぜた「マロンフィナンシェ」152円(1枚) ※各税込

3.店舗でしか食べられない激レア栗スイーツが充実!「小布施堂」

▲佇まいにも風格を感じる小布施堂 本店。長野電鉄小布施駅から徒歩約7分

続いてご紹介する「小布施堂 本店」も、小布施を代表する有名栗菓子店の1つ。こちらの店舗では、和洋多彩な栗スイーツの購入だけでなく、奥にある飲食スペースで食事やお茶を楽しむこともできます。
▲しっとりとした雰囲気の飲食スペース。店頭で販売している栗スイーツや季節限定のお菓子もメニューに並ぶ

せっかく新栗の時期に訪れるなら、9月・10月の限定生菓子「雁(かり)の山」をいただいてみるのはいかがでしょう?丁寧に裏ごしをした採れたての栗と小豆のこし餡を合わせた生菓子なのですが、とても繊細なお菓子のため、持ち帰りはできません。こちらの店舗でしか味わうことができない貴重な一品なのです。
▲小布施にそびえる雁田山(かりたやま)に見立てた生菓子「雁の山」550円(抹茶付き・税込)。栗で空、小豆餡で雁田山を表現している
▲食べる直前にサクサクの最中で栗餡を挟んで食べる、2017年の新作「栗あんせんべい」もおすすめ。店内メニュー650円(抹茶付き・税込)、店頭販売1,620円(2枚×5袋、栗餡80g入り・税込)

そして、この時期に小布施堂でぜひともいただきたい名物メニューといえば、毎年9月中旬~10月中旬の時期にだけお目見えする、超ビッ“クリ”サイズの「栗の点心 朱雀(すざく)」!一見モンブランのようにも見えますが、そうめん状に絞られた栗には砂糖が一切含まれていないため、栗本来の味がそのまま楽しめます。
▲同店の秋の風物詩「栗の点心 朱雀」1,500円(税込)。1個に対して使われる小布施栗の量はなんと16~17個分! ※2人でのシェアも可

毎年の栗の出来栄えを確認してもらうことが目的なので、「おいしければ栗のおかげ。そうでなければ栗のせい」なのだとか。分厚い栗の層をかき分けた先には、特製の栗餡がほんの少しだけ隠されています。

毎年大、大、大行列ができる「朱雀」の販売は整理券制。どうしても食べたいという方は、早朝から店舗前に並ぶことをおすすめします(整理券の配布開始時間は平日8:30~、土・日・祝8:00~)。ブランド栗“小布施栗”の味わいを心行くまで楽しめます。

4.通年いただける「モンブラン朱雀」も人気!系列店「えんとつ」

▲小布施堂 本店と同じ敷地内に建つえんとつ

「早朝から並ぶのはハードルが高すぎる!」「新栗の季節には行けないかも(涙)」という方には、「朱雀」を通年販売のモンブランスタイルで提供する系列カフェ「えんとつ」へ行ってみましょう。

こちらは整理券制ではないので、早朝から並ぶ必要はありません(……が、新栗のシーズンや連休中はやはり大行列ができるそうです。それなりの覚悟は必要かもしれません)。
▲シンプルモダンな雰囲気の店内。男性だけで来店する人も多いそう

さて、こちらがウワサの「モンブラン朱雀」。見て下さい! このコーヒーカップがかすむほどの、こんもりとした大きさを!拳が2つあっても足りないほどの、すごい迫力です。
▲「モンブラン朱雀」1,500円(ドリンク付き・税込)。フルーツは季節ごとに入れ替わる。この日はスイカとネクタリン

「朱雀」同様、表面にはそうめん状に搾り出した栗餡がたっぷりかかっています。早速フォークを入れてみると、その層の厚さにまたまたびっくり。超・超ビッグなモンブランのなんと半分近くを栗餡が占めているではありませんか! 生クリームを使わず、栗と砂糖のみで仕上げているという栗餡からは、栗本来の香りがふわり。 
「こんなに栗を満喫できるモンブランは初めて!」
▲下から、スポンジ生地、イタリアンアイスクリーム、栗かのこ、カスタードクリーム、栗餡、と何層にもなっている

中に隠されているのは、フワフワ食感のイタリアンアイスクリーム。香ばしいカラメルでコーティングしたサクサクのナッツが混ぜ込んであり、味や食感にアクセントを与えています。土台のスポンジ生地からトップの栗餡まで、いろいろな味が幾重にも重なっているので、とっても楽しい!

生クリームを使っていないのと、アイスクリームがとても軽い食感なので、くどさを感じることなく食べ進めることができます。途中「ちょっと飽きてきたな」と思ったら、お皿に添えてあるチョコレートソースやカシスソースを付けると、また違った味わいが楽しめますよ。

5.国内産の優良栗だけをすべて自社で仕込む「竹風堂」

▲竹風堂 小布施本店。1階が栗菓子や栗おこわの販売、2階が食事・喫茶処になっている。長野電鉄小布施駅から徒歩約8分

さて、桜井甘精堂、小布施堂と並んで、小布施の栗菓子御三家と呼ばれているのが、ここ「竹風堂(ちくふうどう)」。こちらでは、小布施栗を中心に国産の優良栗だけを使った、上質な栗菓子が各種そろいます。
▲栗菓子がずらりと並ぶショップスペース

こちらで絶対に食べてほしいのが、2階の食事処で提供されている「栗あんしるこ」。栗餡だけで作ったおしるこは、超濃厚&超贅沢な味わいです。栗の香りや風味をガツンと感じることのできる食べ応えのある一杯ですよ。
▲栗を飲んでいるかのごとく、ずっしり重めの「栗あんしるこ」572円(税込)。途中、しょっぱめの紫蘇の実(右上)で箸休めを

「竹風堂」の栗餡は、風味も甘みもしっかり立たせたバランス系。香ばしく焼き上げたお餅に、しっかりとあんこを絡ませて楽しみます。
▲店の味がそのまま自宅で楽しめる「栗あんしるこ」もおすすめ。594円(1袋・餅2個付き・税込)

そして、こちらの栗菓子の中で人気NO.1といえば「どら焼山」。生地はまるでパンケーキのようにフワフワ、口の中ですっとなくなるほど口どけがいいのが特徴です。栗餡の中に砕いた蜜栗がたっぷり入っているところもうれしいですね!
▲粗めに砕いた栗がゴロゴロ入った「どら焼山」216円(税込)

また、これ以上ないほど贅沢な栗菓子として話題なのが、選りすぐりの栗だけを使った究極の栗ようかん「華厳妙韻(けごんみょういん)」。
▲超大粒の栗がゴロゴロと入った「華厳妙韻」。贈り物にもおすすめの一品

1棹4,800円(税込)となかなかのお値段ですが、2017年6月に新発売して8月中旬には完売してしまったというから驚きです。新栗の仕込みを待って、11月には販売を再開するそうなので、ぜひ食べてみてください。

6.栗のおいしさが詰まった濃厚ジェラートを堪能!「マローネ」

竹風堂 小布施本店の隣にあるのが、竹風堂のジェラートショップ「マローネ」。ショーケースには常時11種類のフレーバー(うち1、2種類はソルベ)が並びます。シングルは350円、ダブルは450円(コーンとカップから選択・共に税込)。
▲店内でイートインも可能なジェラートショップ「マローネ」

その中でも人気なのは、ミルクベースのジェラートに竹風堂の特製栗餡を練り込んだ「栗」。特製栗餡をたっぷり練りこんでいるというだけあって、舌ざわりも味わいも、ずっしり濃厚!栗の風味がしっかり楽しめるので、「栗を食べた~!」と実感できる、食後の満足感もバッチリのひんやりスイーツです。
▲ねっとり濃厚な舌ざわりの「栗」

また、竹風堂のロングセラー落雁「方寸(ほうすん)」を練り込んだ、ちょっと変わったジェラートもありました!こちらは、きな粉にも似たほのかな香ばしさを感じる和風ジェラートです。小布施産のサワーチェリー「チェリーキッス」を使ったヨーグルトベースのジェラートも人気なので、ぜひ味わってみてください。
▲落雁を練り込んだ「方寸」(左)とさくらんぼの果実がゴロゴロ入った「チェリーキッス」(右)。甘酸っぱいチェリーソースがかかる
▲どっしり存在感があり、どれもクリーミーで濃厚な味わい。地元産牛乳で作る「おぶせ牛乳」も人気とか
和洋さまざまな栗スイーツの食べ比べができる信州・小布施町。新栗の季節に合わせて、ぜひお出かけしてみませんか?
松井さおり

松井さおり

出版社勤務を経て、フリーランスのライター&編集者に。雑誌や書籍を中心に、主に、食・旅・くらしなどにまつわる記事を執筆している。現在は、東京から長野県長野市に拠点を移し、県内外を奔走する日々。(編集/株式会社くらしさ)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP