【期間限定】松阪牛の食べ歩きが楽しめる「ちょこっと松阪牛」が最高すぎた!

2017.10.28

和牛の世界的ブランドとして名を馳せる松阪牛。三重県を訪れたら松阪牛を食べずには帰れない!でも、松阪牛といえば高級品、手軽に楽しむことはできないかな?…という方に嬉しいお知らせ。テイクアウトでリーズナブルに松阪牛の食べ歩きができる2017年11月30日までの期間限定企画「ちょこっと松阪牛」をご紹介します。

今までなかった!松阪牛の食べ歩き

松阪市商店街連合会や観光協会、運輸事業者などが立ち上げた「豪商のまち松阪プロモーション実行委員会」が主催する「ちょこっと松阪牛」。
「ちょこっと松阪牛」ってなに?
その企画が実現した背景を、松阪市の佐野さんに伺いました。
▲「ちょこっと松阪牛」のパンフレットを手に説明してくださる、松阪市観光交流課の佐野謙太さん

「JR・近鉄松阪駅前にある観光情報センターに来られる方の中で『ガッツリというより、軽く松阪牛が食べたいんだけど…』という声がすごく多くて。それなら、多くの方に松阪を訪れてもらって手軽に松阪牛を楽しんでもらおうということで、市内27店舗にご協力いただき『ちょこっと松阪牛』という企画が実現したんです」
でも、2017年11月30日で終わってしまうなんて残念ですね…?

「そうですね。各店舗さんにアンケートを取って、その結果次第ではまた来年同じような形で開催する可能性も出てくるかもしれませんね」とのこと。

予定は未定とのことなので、この開催期間中にぜひ「ちょこっと松阪牛」を楽しまなくっちゃ!
ということで、今回は27店舗の中から8店舗を巡り、松阪牛グルメをテイクアウトしたいと思います。数量限定品もあるので、早い者勝ちですよ~!

パスタソースキッチンの「松阪牛ひとくちステーキ イゾラ風リゾットを添えて」

まずはじめに訪れたのは、松阪駅から車で約5分のところにある、手作りパスタソースのテイクアウト専門店「パスタソースキッチン」。
▲古民家を改装した、ひときわ目を引く建物
▲パスタソースやイタリアの惣菜がたくさん並ぶ店内では、無農薬栽培のバジルを選定中でした!

「おっしゃれ~!」
なんて絵になる店内でしょう。
本場イタリアで修行を積んだシェフが作るパスタソースや惣菜は、ひとつひとつ愛情込めて手作りされます。
▲ちょこっと松阪牛「松阪牛ひとくちステーキ イゾラ風リゾットを添えて」970円(税込)をGET! ※数量限定なし

お料理はテイクアウトのみですが、特別に店内で撮影させていただきました。
970円で食べられる松阪牛にしては、お肉のボリュームがすごいです。
松阪牛の内もも肉を使用したステーキは、赤身なのにと~っても軟らか。
ハーブで焼き上げたお肉は塩のみのシンプルな味付けで、甘みのある松阪牛の風味を最大限に引き出しています。
ジュワ~ンとにじみ出る肉汁がリゾットに染み込み、これまた美味でした!!!
▲通常はテイクアウト用の容器に入れて、フォークも付けてくれます

竹輝銅庵の「松牛焼しぐれ煮入り」

続いて訪れたのは、松阪駅から車で約15分のところにある「竹輝銅庵(ちっきどうあん)」。こちらは、竹材を使った作品のギャラリー工房で、施設内にはカフェが併設されています。
▲中に餡の入った「松牛焼(まつぎゅうやき)」というお菓子が名物の「竹輝銅庵」
▲牛の形の「松牛焼(しぐれ煮入り)」大1個300円・小1個150円(いずれも税込)。写真は大 ※数量限定なし

「ちょこっと松阪牛」開催中は、餡の代わりに松阪牛のしぐれ煮が入ったものが、10:00~16:00の間、予約なしで楽しめます。
注文してから焼いてもらえるので、熱々が食べられるのも嬉しい。
熱々の皮の表面がサクサクしています。生姜のきいた松阪牛のしぐれ煮もコクがあっておいしい~!
皮があまり甘くないので、お菓子というよりはホットサンド的な?…小腹がすいたときにバクバクっといきたい一品です。
2つに割った後は、牛の顔を見ることもなく、すごい勢いで食べてしまいました。
▲イベント終了後も予約をすれば購入可

LODGERの「松阪牛と松阪豚のキーマカレー」

次に訪れたのは、松阪駅から車で約5分のところにある、レストラン・カフェ「LODGER(ロジャー)」。
可能な限り三重県産の食材にこだわるイタリアンレストランです。
こちらのお店で買える「ちょこっと松阪牛」のメニューは「松阪牛と松阪豚のキーマカレー」。

松阪が生んだブランド牛「松阪牛」と、松阪牛と同じく、人間の体温で溶けてしまうという甘みのある上質な脂が特長のプレミアムな豚肉「松阪豚」が、たっぷりと使われています。
▲「松阪牛と松阪豚のキーマカレー」950円(税込) ※1日10食限定

わ~ぉ!こんなにきれいなキーマカレーはじめて~!

10種のスパイスを使い、イタリアンをベースにしたオリジナルレシピのキーマカレー。
上にはバルサミコとハチミツに漬け込んだ甘酸っぱい紫キャベツが散りばめられ、半熟卵、カシューナッツ、バジルやタイムなど数種類のハーブがミックスされたエルブ・ド・プロヴァンス、チリパウダーがトッピングされています。
見た目だけでは想像しづらいですが、このすべてが口の中で混じり合った時、あまりの美味しさに顔がニヤけます。そしてスプーンが止まりません(笑)
スパイシーなのにツンとした尖りがなく、とてもマイルド。
後を引くおいしさです。
▲カフェ&レストランのクールな店内。階上はゲストハウスになっています
「松阪牛と松阪豚のキーマカレー」の販売は11:30~14:00。テイクアウトだけでなく店内で食べることもできます。

かめやの「ちょこっと松阪牛網焼き丼」

こちらは松阪駅から徒歩1~2分のところにある松阪牛料理の名店「かめや」。
▲松阪牛料理と精肉販売の「かめや」

かめやは、「お肉博士1級」の称号を持つビーフソムリエが選びぬいた極上松阪牛が、すきやき・ステーキなどで堪能できる料理店です。

網焼きの芳ばしい香りだけでお腹が反応してしまいます。
▲「ちょこっと松阪牛網焼き丼」1,080円(税込) ※数量限定、なくなり次第終了

これぞ松阪牛!
噛むほどにお肉の芳醇な香りが鼻を抜け、旨みがあふれだします。
かめや秘伝の甘辛いタレがお肉の味をグイグイ引き出しています。
具材の玉ねぎやいんげんにも松阪牛の旨みとタレの味がしっかり絡んでいるので、ご飯が進むこと!
「ちょこっと松阪牛」ですが、大盛りでも食べられそう…。
▲かめやの女将・西村りえさん

「ちょこっと松阪牛網焼き丼」はテイクアウト販売のみのため、店内で食べることはできません。
商品は精肉販売のカウンター越しに受け取ります。

INVER HOUSEの「松阪牛ローストビーフ バゲットサンド」

続いてご紹介するのは、松阪駅から車で15分足らずのところにある、白と緑のコントラストが美しい外観のレストラン&ワインバー「INVER HOUSE(インバーハウス)」。
こちらでは「松阪牛ローストビーフ バゲットサンド」をGETしたいと思います。
▲しっとりと大人の時間が楽しめそうな店内

店内もドキドキするほど雰囲気があっておしゃれ!
▲「松阪牛ローストビーフ バゲットサンド」1,500円(税込) ※1日12個限定

しっとり軟らかでジューシーなローストビーフが、カリッと焼けた芳ばしいバゲットによく合います。
種入りマスタードの香りがアクセントになり、深みのある上品な甘みが特長の松阪牛ならではの味わいがストレートに感じられる逸品です。
▲オーナーシェフの前川正浩さん

「松阪牛ローストビーフ バゲットサンド」はテイクアウトだけでなく、店内で食べることも可能。
販売時間は、火・金曜が16:00~22:30、水・木・土・日曜が11:30~15:00と18:00~22:30となっているので、ご注意くださいね。1日12個の限定販売です。
▲INVER HOUSEから車で5分ほどのところにある中部台運動公園で「松阪牛ローストビーフ バゲットサンド」を楽しむ

噛みしめるたびに溢れ出るお肉の旨み…う~ん!松阪牛のローストビーフが美味しすぎ~!

霜ふり本舗の「松阪牛入りミンチカツ」

次に訪れたのは、松阪駅から車で約20分のところにある「霜ふり本舗」。
松阪牛の自社牧場を持つ精肉店です。
こちらでは、松阪牛を贅沢に使った「松阪牛入りミンチカツ」をご紹介したいと思います。
▲アッツアツ!見るからにおいしそ~!

ミンチカツの中身は、松阪牛50%と三重県産豚50%。
商品は注文後に揚げてくれるので、揚げたての熱々が食べられます。
▲お肉がぎっしり!「松阪牛入りミンチカツ」108円(税込) ※数量限定なし

ホフホフとほおばると、サックサクに揚がった衣の中はしっとり軟らかく、とてもジューシー。
ソースも何もつけなくていいように、しっかりと味付けされています。
お肉の存在感ガッツリですが、まったくくどくありません。

松阪牛がふんだんに使われているのに108円って、…申し訳ないほどお得感いっぱいですよ!
▲揚げたての「松阪牛入りミンチカツ」を受け取ります。写真右は「お肉博士1級」の称号を持つビーフソムリエ・瀬古洋一朗さん
▲広くてモダンなつくりの店舗

いながきの「松阪牛たこやき」

霜ふり本舗から約20分、「松阪牛たこやき」を求めて車を走らせ「いながき」を訪れました。
「いながき」は、地元で人気のお好み焼き屋さん。
店内に入り、お目当ての「松阪牛たこやき」を注文すると、さっそく店主が焼き始めました。
たこ焼きを焼く姿を食い入るように見ていると、おっと!ここで松阪牛が入りました。
このたこ焼きは「たこ焼き」ですが、タコは入りません。なんとタコの代わりに松阪牛が入るんです。
▲くるりん!…おぉ~!まん丸なたこ焼きが焼けてきました
▲「松阪牛たこやき」10個入550円(税込)

「いながき」の松阪牛たこ焼きは通年メニューなので、「ちょこっと松阪牛」の期間終了後でも購入することができます。
▲甘すぎずスパイシーなソースとだしの風味が合わさって、松阪牛の旨みを引き立てます

中がトロッとやわらかく、とっても筆者好みです~。
噛むたびに松阪牛の芳醇な香りと旨みが感じられる「松阪牛たこやき」…かなりイケます!

健食 たぬみせの「松阪牛納豆揚げ」

最後に松阪駅から車で約10分のところにある納豆専門店「奥野食品」の工場レストラン「健食 たぬみせ」をご紹介します。
「たぬみせ」は、駐車場脇の通路から奥に入った工場の2階にあり、入口付近からはガラス越しに納豆の製造風景を見下ろすことができます。
▲平日はランチ、土日はモーニングも営業

「納豆揚げ(270円・税込)」は、オリジナルスパイスを効かせた米粉をベースに、ニラ、ごま、紅しょうが、つなぎとして納豆などが入った生地を海苔の上に乗せて揚げてあり、百貨店のイベントなどでも大好評という「たぬみせ」の名物です。
▲「松阪牛納豆揚げ」は、プレーン・ピリ辛・カレーの3種類があり、各324円(税込) ※3種合わせて1日10個限定、11:00〜14:00に販売

その納豆揚げに松阪牛のしぐれ煮がトッピングされたのが「松阪牛納豆揚げ」。
表面はサクッとしていて中はもっちり。チヂミに近い食感です。
しぐれ煮がちょこっと上に乗るだけで、松阪牛の上品な香りが口いっぱいに広がります。

とてもしっかりとした味付けなので、
「ご飯ほしい~!」
「ビールほしい~!」
と叫びたくなってしまうかも。
▲注文後に揚げてもらえる熱々の「松阪牛納豆揚げ」をGET!

公園で楽しむ「ちょこっと松阪牛」

今回、8通りの松阪牛グルメを楽しみましたが、どれもが深みのある上品な香りを持ち、甘みのあるその味わいは、さすが松阪牛!

松阪牛をこんなにいろんな形で味わうことができるなんて、めったにないチャンスです。
開放感のある公園にシートを広げて、みんなでワイワイ「松阪牛パーティー」で盛り上がるのもいいかもしれません。
手軽にピクニック気分でほおばる松阪牛も最高にイケてます。
▲松阪駅から車で10分ほどのところにある鈴の森公園

すき焼きやステーキなど、「がっつり食べる」というイメージのある松阪牛。
もちろん、がっつり堪能するのもいいけれど、ちょこっとずついろんな味が楽しめるこの機会に、本場松阪で松阪牛の食べ歩きを楽しんでみてはいかがでしょう!
Yukitake

Yukitake

三重の雑誌「Edge」をはじめ、さまざまな雑誌・情報誌において、グルメ・観光などの記事を執筆。女性目線の取材とソフトな文体を大切にしています。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP