レトロなのに新しい!会津若松「七日町通り」で外せないお店7選

2018.02.10 更新

福島・会津若松市の「七日町(なぬかまち)通り」は、大正期以前のレトロな建物が立ち並ぶ観光スポット。江戸時代から続く老舗をはじめ、かわいらしいデザインの会津漆器の専門店や、地元食材を贅沢に使用した鉄板焼き屋など、新たにオープンしたお店も人気です。本当は秘密にしておきたい、「七日町通り新旧おすすめの7軒」をご紹介します!

▲「ほしばん絵ろうそく店」の絵ろうそくは女性に大人気!

会津17市町村の逸品が大集合!水出しコーヒーの「駅café」

JR七日町駅を起点とする七日町通りは、地元の偉人・野口英世の名を冠した「野口英世青春通り」まで約700m続きます。藩政時代に会津若松城下の主要街道として大いに栄え、かつては宿や料亭、商家、酒蔵などが立ち並んでいました。
近年は、その歴史の面影を残しつつも、新しいお店が続々とオープン。気軽に散策を楽しめる「大正ロマン香る通り」として、会津観光の目玉の一つとなっています。

最初のおすすめのお店は、七日町駅構内にあります。
▲「駅café」。木製のドアを開けると…
▲レトロな空間にかわいらしい雑貨がズラリ!カウンターにいるのは店員の佐藤詠子(うたこ)さん

じつはこの「駅café」は、会津地方(福島県西部)17市町村の雑貨や食べものなど、さまざまな商品がそろうアンテナショップでもあるんです。
「スタッフが実際に使ったり、食べてみたりして、“本当におすすめしたい!”と思ったものだけを販売しているんですよ」(佐藤さん)
▲人気の「会津木綿マカロン小銭入れキーホルダー」(648円)は、お薬入れにもぴったり
▲こちらは、木製の玩具メーカー・南会津工房「き」のおままごとセット(4,320円~)。プレゼントのほか、インテリアとしても人気
▲珍しいお菓子類は、眺めているだけでも幸せな気分に。手書きのポップのコメントもユニーク

もちろん、カフェメニューもオススメです。
ぜひ注文したいのがこちら。
▲「会津のおやつセット」(648円)。店内で販売しているお菓子3品(写真右)に、自家製シフォンケーキ(写真左)とコーヒーがついてきて、とってもお得!

この日のお菓子は、会津名物のみそパンにたっぷりチョコがかかった「会津ラスク」(販売価格は378円)、メレンゲを固めた素朴な味の「おばあちゃんのおやつ菓子」(販売価格は216円)、素材本来のやさしい甘さが◎の「みしらず乾燥柿(セミドライ)」(販売価格は515円)。どれも、すっごくおいしい!

手づくりシフォンケーキには季節の野菜が使われていて、この日はパンプキンでした。地元で有名な「やまひろファーム」の「紅玉りんごジャム」(販売価格は540円)と生クリームが添えられていて、ふわふわのシフォンケーキによく合います。口に入れた瞬間、思わず顔がほころびました。
▲13時間かけて抽出した水出しコーヒーはミルクでさらにまろやかに

「コーヒーはペルーのチャンチャマイヨ渓谷というところでとれた豆を使用しています。水出しすることで、カドがとれたまろやかな味わいになるんですよ」(佐藤さん)
たしかに、酸味が少なくて飲みやすく、お菓子との相性もバッチリ!まだ旅は始まったばかりですが、ついのんびりしてしまいました。
▲カウンター奥に、水出しコーヒーの器具(写真左)が見える

駅構内には観光情報のパンフレットが置かれているので、ここでゆっくり観光ルートを考えるのもいいですよ。
もちろん、旅の最後に立ち寄って、お土産を選ぶのにも最適のお店です。

ガラス×漆。“かわいい会津漆器”が買える「工房 鈴蘭」

「駅café」を出て約3分、趣ある蔵や木造家屋を横目に通りを歩いて行くと、ピンクの暖簾を掲げたかわいらしい店を発見。女性に人気の漆器専門店「工房 鈴蘭」です。
会津といえば、豪華絢爛な会津漆器が有名ですが、こちらのお店ではオリジナルの“かわいい漆器”を販売しているんです。
▲店構えもかわいらしい「工房 鈴蘭」

「ここは、もともと会津漆器の塗りの職人だった父が独立して始めたお店です。“普段づかいできる漆器”をコンセプトに、ガラスに漆を塗ったオリジナルのうつわを販売しています」と話すのは、店長の鈴木あゆみさん。
価格は1,000円~2,000円台のものが多く、会津漆器としてはかなりリーズナブルです。
▲自らも職人として漆器の制作を手がける店長の鈴木さん。息子の健太くんをおんぶしながら店頭に立つことも
▲店内には、色とりどりのグラスやプレート、おちょこ、箸などがきれいに陳列されている
▲色づかいが、とってもステキなカラープレート。料理するのが楽しくなりそう(1枚・1,944円)
▲こういうおしゃれなおちょこでお酒を飲んでみたい(1個・2,592円)

「商品はすべて市内の工房で、父と私を含めた4人の職人でつくっています。本来、ガラスに漆を塗ってもすぐに剥がれてしまうのですが、父が特別な技法を編みだして漆を定着させることに成功しました」(鈴木さん)

木地の替わりにガラスを素材にしたことで、自由な形にデザインしやすく、漆器の可能性が広がったそうです。
▲こちらが定番商品の「お月見グラス(白・ラメ)」(2,592円)。色のついていない部分から、中の飲み物が見えるのがポイント
▲ほかにもさまざまなカラーバリエーションが揃う

一部の商品はオンラインショップでも販売されていますが、ここだけでしか買えないものが多いとのこと。手にとって見るだけでも楽しいので、ぜひ足を運んでみてください。プレゼントにもピッタリですよ~。

1834年創業の「満田屋」でみそ田楽を堪能

「工房 鈴蘭」から通りを東へ500mほど歩き、コンビニのある十字路を右折して数分、天保5(1834)年創業のみその老舗「満田屋(みつたや)」に到着です。
▲「味噌」と大きく書かれた垂れ幕が目印

「満田屋」は、店内で郷土料理の「みそ田楽(でんがく)」を食べられるんです。
▲こちらが若女将の満田加津美(かづみ)さん。笑顔がとってもステキ!
▲みそ蔵を改装して田楽を提供するスペースにした。立派な梁や柱から年季を感じる

田楽とは、餅や豆腐などを串に刺し、みそを塗って焼いた料理。満田屋では、カウンター目の前の囲炉裏で焼いてくれるので、調理の様子も楽しめます。

この日、注文したのは満田さんおすすめの「みそ田楽コース」(1,300円)。こんにゃく、とうふ生揚、餅、里芋、しんごろう、身欠(みが)きニシンの6品を味わえます。
▲みそは4種類。写真左下から反時計まわりに、ベースの「甘みそ」、「柚子みそ」、「山椒みそ」、「じゅうねんみそ」

「じゅうねんとは、会津地方のエゴマの呼び名ですね。この4種類のみそを食材によって塗りわけているんですよ」(満田さん)
▲木ベラを使って、手際よく里芋にサッサッと「甘みそ」を塗る
▲しんごろうは、炊き上がった米を半つぶしにしたもの。「じゅうねんみそ」をつける

「身欠きニシン以外は、すべて会津産。身欠きシンも会津の伝統食で、海のない会津では、新潟から干物にしたニシンを仕入れていたそうなんです」(満田さん)
▲炭火でじっくり火を通すと、こんがりいい匂いがしてくる
▲焼きあがった!ボリュームがあるので、2人でシェアしても満足できる。こんにゃくは甘みそと、さっぱりした味わいの柚子みその2種類

はじめに手が伸びたのは、甘みそがつけられた餅。つきたての餅と香ばしいみそのマッチングがたまりません!同じく甘みその里芋はホクホク。自家製の菜種油で揚げた生揚はパリッとしていて、ややスパイシーな山椒みそとよく合います。
しんごろうは、おこげのように香ばしく、噛みごたえあり。じゅうねんみその独特の風味がお米の味をさらに引き立たせます。
▲イチオシは山椒みその身欠きニシン。干物なのに身が軟らかく脂がのっている

「もともと40年ほど前に、みその味を多くの人に知ってもらいたいと思った先代が、店先で田楽を焼いたのが始まり。シンプルな料理だけど、みその味がよくわかっておいしいでしょう?」(満田さん)
▲完食!じつはこの竹串も満田屋で手づくりしているとのこと
▲店内にはみそ漬けや調味料などのお土産もたくさん

老舗のみそ田楽で、体が芯から温まりました。夏でも囲炉裏で焼いているそうですが、冬に訪れると風情があって、いっそう囲炉裏のありがたさを感じられますよ。

美しいロウソクに思わずうっとり「ほしばん絵ろうそく店」

会津の名産品は数多くありますが、漆器と並んでもっとも伝統ある名産がこちら。
▲美しい花の絵が描かれた絵ロウソク!

会津では、天正年間(1573~1592年)に絵ロウソクづくりが始まったとされ、江戸時代に入ると歴代の藩主が手厚く保護して、産業として育ててきたそうです。
会津藩ご用達の店として、安永元(1772)年から絵ロウソクを製造しているのが、「工房 鈴蘭」の4軒隣にある「ほしばん絵ろうそく店」です。
▲こちらが9代目店主の星一栄(かずえい)さん

「いま会津若松市内には、絵ロウソクを販売しているお店は4~5軒ありますが、昔ながらの技法ですべて手づくりしているのはうちだけです」(星さん)

一般的な洋ロウソクは、型にロウを流しこんで簡単に製造できますが、伝統的な和ロウソクは、つくるのにとても手間がかかります。和紙やい草でつくられた燈芯(とうしん)に溶かしたロウをつけて、冷まして固め、またロウをつけて、固めて……という作業を何度も繰り返して、少しずつ太くしていくそうです。
▲こちらが燈芯。直径は3mmほど
▲2階の作業場では、星さんの息子で10代目の雅人さんがロウソクを磨いていた
▲つくりかけの絵ロウソク。中心に串が刺さっている

「もともと絵ロウソクは高級品で、武士やお金のある町人しか買えない贅沢品でした。冠婚葬祭でこの艶やかなロウソクを使うことが、ステータスだったんです」(星さん)
▲1階の店舗スペースでは、奥様の久仁子さんがフリーハンドで絵つけをしていた。タイミングがあえば、その技を見学することができる
▲フリーハンドで描いたとは思えない精巧さ!手間がかかるため、このサイズで1日に20本ほどしか描けないとのこと

贅沢品だったというだけあって、やはり普通のロウソクと比べると値段は少々高め…なんですが、燭台に刺してインテリアとして飾る、という楽しみ方もできるのでお得感があります。

和ロウソクのサイズは「匁(もんめ)」という単位が使われ、「ほしばん絵ろうそく店」では5匁(約15cm、燃焼時間2時間半ほど)2本セットで1,836円です。もちろん、ほかのサイズも取りあつかっていますよ。
▲バラ売り(3匁1本・700円~)や5本セット(5匁・4,590円)でも売られている
▲和ロウソクの炎は、洋ロウソクよりも炎が大きく、青い部分が小さい

さらに和ロウソクは、ゆらゆらと炎が大きく揺れることも特徴です。その揺らめきが独特の風情を生み出します。
美しい絵柄と情緒ある光の共演に、ゆっくり癒されてみませんか?
▲店の前には大きなロウソクの看板が置かれている

絶品ランチ!「Teppanyaki あいづ家」で「黒毛和牛のあぶりユッケ」に舌鼓

七日町通りには飲食店もたくさんありますが、全力でオススメしたいのが、東西に伸びる通りの中央付近に位置する「Teppanyaki あいづ家」です。
▲店内中央にコの字型のカウンターが置かれ、中央には鉄板が

こちらのお店は2009年に創作フランス料理を提供するお店としてオープンしましたが、2017年5月に鉄板焼き料理店にリニューアル。オーナーシェフの佐藤学さんは、生まれも育ちも会津で、「会津の食材を使った、五感で楽しめるお店をいつか開きたかった」と話します。
▲こちらが佐藤さん。長身で笑顔がさわやか

ランチタイムは11:00~15:00(L.O.14:00)で、ぜひここで注文してほしいのが、福島牛の「あぶりユッケ」(単品2,721円)。
「福島県産のA5ランクのサーロインを120g、直火で炙って提供しています。直火で炙ることで香ばしい焼き色を出しつつ、レアの食感を残せるんです」(佐藤さん)
▲きれいにサシの入ったA5ランク福島牛サーロイン
▲まずは、付け合せの野菜、会津産オータムポエム(アスパラ菜)とキャベツ、福島・相馬産のもやしを炒める。「ジュ~」という音が食欲をそそる
▲次はいよいよ…サーロインの登場!皿に乗せたままバーナーで炙る
▲焼きあがったら、ユッケだれ、小ねぎ、卵黄を乗せて完成!
▲「ライス、サラダ、スープ、ドリンク」が付くBセット(240円)を注文。ほかに「サラダ、スープ、ドリンク」のAセット(162円)、「Bセット+デザート」のCセット(540円)がある

見た目からおいしさがビシビシ伝わってきます!香ばしい野菜の匂いも漂って、もう我慢できません!!いただきますっ!
▲肉は数回ナイフを動かしただけでスッと切れた
▲裏側はレア。卵黄とユッケだれをたっぷり絡ませて、口へ運ぶ…

はい、完璧です!脂が乗ったサーロインが口の中でとけました!!甘めのユッケだれが肉の旨みを増幅させ、卵黄がさらにコクを加えています。
早く次の一切れが食べたくて、ナイフとフォークの動きもスピードアップします!

「…もう少し小さめに切って、ご飯と一緒に召しあがっていただいてもおいしいですよ」(佐藤さん)

わかりました!こういうことですね?
▲たっぷりとたれをつけた肉で、ご飯を包む!…最高です!!

野菜はシャキシャキで、甘くておいしい!
正直、ちょっとお値段が高い気がしていましたが、このボリュームと味なら納得です。

ほかにもランチメニューは、喜多方産の豚肉を使用した「ポークソテー」(単品842円)、国産牛100%の「ハンバーグ」(単品1,058円)、「会津地鶏ステーキ」(単品2,138円)などもあるので、レア肉がちょっと苦手…という方はこれらを食べてみてはいかが?
▲お店には70種のワインのほか、会津の地酒も取り揃えている。夜も訪れてみたい

切るたびに世界が変わる羊羹が大人気!「本家長門屋 七日町店」

甘いもの好きならぜひ足を運びたいのが、こちらの「本家長門屋 七日町店」。
▲蔵づくりの店舗は、「工房 鈴蘭」のすぐとなり

本家長門屋の創業は嘉永元(1848)年。当時の藩主・松平容敬(かたたか)公から「庶民の菓子をつくれ」と初代・長平が命を受け、菓子づくりを始めたそうです。
本店は、会津若松市川原町にあり、ここ七日町店は2007年にオープンしました。
▲広い店内には、さまざまな和菓子が並ぶ

この本家長門屋でいま大ヒットしているのが、2017年に販売を開始した「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」(600g・3,500円)。この羊羹、とにかくすごいんです。箱を開けると…
▲なんと、いままで見たことのない半透明の羊羹が登場!(写真提供:本家長門屋)
▲切り分けた2つの羊羹に注目。三日月を前に羽を休めている鳥のものと、満月に向かって羽ばたいている鳥のものが…!(写真提供:本家長門屋)

そう、この羊羹は切る場所によって絵柄が変化するんです!…どういう仕掛けなのかは企業秘密とのこと。まさに熟練の職人のなせる業!!
味は一般的な羊羹よりも甘さ控えめで、ワインにも合うそうです。

そしてもうひとつ、人気を博しているのがこちらです。
▲「香木実(かぐのきのみ)」(1,900円)。木箱に17粒入っている

この香木実は、2016年に開かれた伊勢志摩サミットで振るまわれた、日本を代表するお菓子なんです。
▲一見、トリュフチョコレートのようだが、茶色い部分はあんこ。中に会津産の鬼ぐるみが入っている

口あたりはなめらかで、上品な甘さ。くるみがいいアクセントになっています。お土産や贈答品にもってこいですね。
▲定番駄菓子、「とりあめ」も人気。こちらは青色バージョンの「幸せの青いとりあめ」(1本・50円)
▲店内では、「抹茶とお菓子セット」(500円)も味わえる。この日は、あずきがぎっしり詰まった「栗かの子」、うす焼きせんべい「且座(しゃざ)」、あられ、塩昆布

外はみぞれ模様の天気だったので、温かい抹茶が体に染みわたりました。七日町通り散策に疲れたら、こちらで一休みしてみては?

「末廣酒造」で酒蔵を無料見学&会津地酒を試飲!

会津といえば、酒どころとしても有名です。ということで、散策の最後に訪れたのは、七日町通りから「Teppanyaki あいづ家」の交差点を曲がって3分ほど歩いたところにある酒蔵「末廣酒造」。
▲嘉永3(1850)年に創業した「末廣酒造 嘉永蔵」。右書きされた看板から、歴史が伝わってくる

この末廣酒造さんは、毎日、酒蔵見学(無料)を行っています。仕込み蔵、資料館、展示室をお店の方の説明を聞きながら約20~30分かけてまわります。
▲玄関ホールは天井がすごく高い。ここから見学がスタートする

酒蔵見学は予約不要(団体のみ要予約)で、毎日9:30から16:00までの間に30分ごとに行われます。ちょっとした空き時間にも立ち寄りやすいですね。
▲この日案内してくれたのは、スタッフの橋本美智子さん。はっぴがよく似合う

「昔はここだけで醸造をしていましたが、いまは新しい工場ができましたので、手造りによる嘉永蔵限定の特別な醸造だけを行っています」(橋本さん)
▲酒米の特徴などについても教えてもらえる

日本酒好きの私は、仕事の打ち合わせのときよりも真剣に橋本さんの話を聞いてしまいました。
▲資料館には、かつて酒づくりに使われていた道具が展示されている

すべて木製の道具を使って、手作業で酒をつくっていたことを考えると、昔の職人さんたちの苦労が偲ばれます。

「野口英世の恩師である小林栄の姉が末廣酒造の新城家に嫁いだため、新城家は野口英世博士とも深い縁がありました。野口英世博士も、大正4年に帰国の際にはこの蔵に立ち寄られました。その時に揮毫(きごう)した書もございます」(橋本さん)
歴史上の人物の書があるとは、さすが地元の名士といえる酒蔵です。
▲見学の最後には試飲もできる。ここでしか買えない限定酒も
▲女性に人気のお土産は、梅酒をベースにした微発泡酒「梅ぷち」(300ml・745円)。低アルコールで甘く、ほんのり酸味がある

「末廣酒造」の見学ツアーは、お酒好きなら、絶対に楽しめます。酒づくりの裏側を知れば、よりお酒がおいしく感じられるはずです。
いかがでしたか?新しいお店が続々とオープンしている七日町通りは、新旧の魅力がたくさん詰まっています。レトロな街並みを楽しみながら、気ままな散策を楽しんでみませんか?

※記事内の価格・料金はすべて税込です

写真:河野豊
相澤良晃

相澤良晃

編集者、ライター。出版・編集プロダクションデコ所属。地方生活を勧める雑誌や医療系情報誌の編集などを行う。趣味は将棋、フットサル。これまで編集を担当した本に『腎臓病の食事療法とかんたん献立』(池田書店)、『新しい自然免疫学』(技術評論社)、『新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』などがある。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP