時間無制限で食べ放題!大阪でみかん狩りと手ぶらBBQを満喫

2018.10.21 更新

大阪府貝塚市内、駅から歩いて約10分の場所に「やぶ果樹園」があります。こちらでは、たわわに実るみかんを手で直に収穫できるみかん狩りが人気。なんと時間無制限で食べ放題なのです!園内では、食材や道具いらずで手ぶらBBQも楽しめるそう。家族連れや友人グループにもおすすめしたい「やぶ果樹園」に行ってきました。

大阪にも、みかんをたくさん収穫できる場所があるんです!

みかんの産地といえば日本一の生産量を誇る和歌山県が有名ですが(農林水産省「平成29年産作況調査」)、実はそこに隣接する大阪府も隠れたみかんの産地であることをご存じですか?なかでも大阪南部に位置する泉州(せんしゅう)地域は、みかん栽培に適した土地。2017年度の日本のみかん収穫量において、大阪府は全国第13位ですが、そのほとんどが泉州地域で収穫されています。
▲みかんなど果物の他に、生でも食べられる水ナスなど多くの農産物が採れる泉州地方

そんな泉州地方で約50年前から営業している観光農園が「やぶ果樹園」です。阪和自動車道・貝塚ICから車で約7分。最寄り駅の水間線・三ケ山口駅から徒歩約10分。ちなみに三ケ山口駅は、大阪ミナミの中心地・なんば駅から南海線空港急行と水間線を乗り継いで約50分、関西空港からも約30分というアクセスの良い場所に位置しています。
▲車で来る人も電車や徒歩で来る人も、この看板を目印に
▲さらに5分ほど歩くと、果樹園の入口に到着します

みかん狩りは、例年10月上旬から11月末にかけて開催。みかん狩りプランは、園内での食べ放題みかん狩りプラン、食べ放題みかん狩り+お土産付きプラン(2kgカゴに持ち帰り用みかんを好きなだけ)、食べ放題みかん狩り+お土産+食事(BBQ)セットプランの3種類があります。ちなみに、みかん狩りとBBQはすべて時間無制限です!
今回はせっかくなので、食事(BBQ)がついたプランを体験することに。受付では先に奥のみかん山でみかん狩りをするか、手前の母屋で食事を済ませるかを選択します。ちなみに、食事がセットになったプランに申し込む場合は、14時までに果樹園に入りましょうね。
▲盛りだくさんなのに、リーズナブルな料金プラン

子どもやお年寄りにも優しいみかん山で、食べ放題のみかん狩り

果樹園の入り口で受付を済ませたら、さっそくみかん狩りに向かいます。5分も歩くと、みかん狩りのできるみかん山に到着です。
▲広くひらけた場所に植えられたみかんの木々。この一面でみかん狩りができます

では、みかん狩りスタート!この園で狩れるのは、温州みかんの中でも収穫期が早い「極早生(ごくわせ)みかん」と「早生(わせ)みかん」。両方とも、木から採ってその場ですぐに皮をむいて食べられるサイズです。果樹園のスタッフが、食べ頃のみかんがなっている木の場所を教えてくれます。
▲山から見下ろすと、遠くに関西空港近くにそびえる「りんくうゲートタワービル」が見えます

やぶ果樹園の特徴は、直接手でもいで収穫すること!ハサミを使うみかん狩りもあると思いますが、こちらはハサミ不要です。だから子どもたちやお年寄りも安心して来園されるそう。これなら誰でも楽に収穫できますね!
▲「同じ方向に、みかんをクルクル回すと簡単に収穫できますよ」とスタッフさん
▲木によって甘みが少しずつ違うので、自分の「好みの木」を見つけるのも楽しみのひとつです

収穫したらその場で食べてみて!もぎたてのみかんは、とてもみずみずしくフレッシュな味わい。甘みが特徴の極早生みかんや早生みかんですが、特にやぶ果樹園のみかんは味が濃いと評判だそうです。温州みかんは皮もむきやすい品種だし、どのみかんもおいしい!
▲食べ終えたみかんの皮は、わざと木の根元に捨てて肥料に。自然農法で育てているから、農薬はできるだけ控えているそう

山の斜面はとてもなだらか。木と木の間隔も広いので、とても歩きやすい。木の高さは170cm程度だから、子どもでも手の届く位置にみかんが実っています!
▲身長165cmの私で、このように収穫できます

「果樹園の面積は、およそ1町(1ha)です」とスタッフさん。約10,000平方メートルの広さがある広大な果樹園に、約1,500本のみかんの木が植えられています。「みかん狩りに適したみかん畑にしよう」と、長年かけて山を整備してきたのだそう。木も高くなりすぎないよう、こまめに剪定しているそうです。
▲子どもたちが駆け回り、車が入ることもできる広い空間も

その利便性の良さから、近隣の養護施設などから団体客が来られることもあるそう。車椅子でも快適にみかん狩りができると好評だそうです。またお弁当など食事の持込ができるので、空き地にシートを敷いて家族や友人同士で一日中過ごすこともできますよ。
▲広場の隅に6つのお手洗い(うち2つは洋式)、2台の洗面台もあり。野外で快適に過ごすにはありがたい設備ですね

みかん山を楽しく歩き回りながら、道具いらずの楽チンみかん狩り。時間無制限でおいしいみかんを食べ放題なんて、本当にお得感いっぱいです!
▲やぶ果樹園のオーナー・薮さんと記念撮影。お土産付きプランなら、2kgカゴへたくさんみかんを詰めちゃおう!

みんなで楽しくBBQ!

さあ!楽しくみかん狩りを終えたら、次はBBQです。先ほどの受付から歩いて5分ほどの場所にBBQ場があります。大きな屋根の下に木製の大きな長机とベンチが10台以上ずらりと並んでおり、一度に200名も食事できるそう! BBQは2名以上からです。

こちらのBBQは、おいしいお肉はさることながら、地元で採れたばかりのおいしい野菜もたっぷりいただくことができます。
▲写真は2人前。女性ならお腹いっぱいに、男性なら腹八分目ほどの量

肉は牛肉、豚トロ、鶏肉の3種類にウインナー。野菜はすべて地元産で、近所の農家から分けてもらうキャベツ、収穫後に軒下につるして甘みを増した玉ねぎ、生でも食べられるトウモロコシ、甘長シシトウ、さらにカボチャかサツマイモの5種類が用意されます。
▲着火済の炭火が用意されているので、あとはどんどん焼くだけ
▲お野菜の味の濃さに驚きます!みかんの木をバックにBBQも楽しめて大満足

みかんとBBQでお腹がはち切れそう!でもみんなとワイワイおしゃべりしながら食べていると、いつの間にかお皿が空っぽになっているから不思議です。
▲園内には、本格的な日本庭園もあります。みかん狩りに来た人でも入園できるので、スタッフの方にひとこと断ってから鑑賞しましょうね

日本庭園の真ん中には噴水のある池があり、ほとりには実が赤く色づいた南天の木がありました。静かな山間の果樹園で、ほっと一息つける風景です。1日ここでのんびりして、笑顔で帰っていくお客さんが多いというのもうなずけます。

なお、やぶ果樹園では自家製ジャム、果樹園で採れたみかんはちみつ、藪さんが春に収穫したおいしいタケノコの水煮なども販売しています。
▲左から自家製ジャム(あんず、みかん、マーマレード)、みかんはちみつ(大)、自家製梅干し、自家製しょうが、竹の子(水煮)

みんなが安心して楽しめる女性目線の果樹園

「やぶ果樹園では、私を中心にほぼ女性だけでみかんの世話をしています。お母さん目線で営む果樹園なんです。女性でもできる範囲でやっているのが、果樹園を長く続けるコツかもしれません」と語るのは、やぶ果樹園のオーナー・藪周子(やぶちかこ)さん。
▲「これからも、みんなが笑顔になって帰って行く果樹園を続けていきたいです」(薮さん)

「幼稚園児や小学校低学年の子どもたちも、よく遠足で訪れます。子どもたちにとっては草むしりもいい体験になっているようで、みかん狩りを終えた後はバッタなど虫取りに夢中になるお子さんもいますね。本当にかわいいですよ」

藪さんの愛情のこもった眼差しと、これからもみんなを笑顔にする果樹園をやっていくという意志的な表情が、とても印象的でした。
▲女性ならではの視点を活かして、毎日みかんを丁寧に育てています

木から直接収穫した新鮮なみかんを、皮をむいてその場で食べられるみかん狩り。しかも電車でも来られる交通の便の良さがうれしい「やぶ果樹園」です。泉州で採れるおいしいお野菜もいただけるBBQと一緒に、ぜひ楽しんではいかがでしょうか。

※本記事は2017年の取材内容をもとに一部更新しております。
國松珠実

國松珠実

大阪エリアの女性ライターズオフィス「おふぃす・ともとも」所属。人と話すのが好きで店舗や企業取材を得意とする。また旅行好きが高じて世界遺産検定1級を持っている。 編集/株式会社くらしさ

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP