期間限定!世界でふたつだけの「スヌーピーミュージアム」が東京・六本木にあった!

2018.02.17 更新

みんな大好きスヌーピー!そんなスヌーピーの世界に浸れるミュージアムが東京・六本木に期間限定でオープンしているのを知っていますか?常設展に加え、半年ごとの企画展、スヌーピーをテーマにした料理やオリジナルグッズなど、スヌーピーで溢れているんです。かわいすぎるフォトスポットもあり、思い出に残ること間違いなし!おすすめの楽しみ方をレポートします。

世界にふたつだけ!スヌーピーの魅力がギュッとつまったミュージアム!

世界的に知られ、日本でも人気の高いワンちゃんと言えば“スヌーピー”ですよね。1950(昭和25)~2000(平成12)年の間、アメリカの新聞に掲載されていた、漫画家チャールズ M.シュルツ氏の代表作『ピーナッツ』のキャラクターで、主人公チャーリー・ブラウンが飼っているビーグル犬として人気を博しました。

そんなスヌーピーをテーマにしたミュージアムが、2016年4月23日、六本木にオープンしました。このミュージアムは、スヌーピーファンの聖地でもある、アメリカ・カリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ M. シュルツ美術館」の分館で、2018年9月までの期間限定なんです。
▲東京メトロ・六本木駅から徒歩約10分、都会のど真ん中にスヌーピーミュージアムはあります

敷地内に入ると、まず大きなスヌーピーのオブジェが5体、目に飛びこんできました!
▲向かって右から左に歴代のスヌーピーが並んでる、写真映え必至の撮影スポット!
▲どのスヌーピーもかわいいので、写真待ちの順番に並んでお気に入りのスヌーピーとパシャリ♪

ミュージアムには、前売り券か当日券を購入して入館します。前売り券は、来館2日前までにローソンチケットで、日時を指定して購入することができます(入館時間は10:00/12:00/14:00/16:00/18:00)。入館時間は指定されていますが、閉館時間までなら滞在は何時間でもOK。

先の予定なんて決められない、思い立ったらすぐ行きたいという方は、当日券をご利用くださいね。
▲敷地内には当日券情報が記載された看板があります
▲ピクトグラムもスヌーピーと仲間たちが描かれています

スヌーピーの世界へ出発!迫力の3Dアートが浮き上がる常設展は見もの

建物の中に入るとすぐ受付があります。当日券の購入はもちろん、前売り券もこちらで入場券のメモリアルチケットと引き換えます。
▲入場券はこちらで!前売り券:一般1,800円、大学生1,200円、中学・高校生800円、4歳~小学生400円/当日券:一般2,000円、大学生1,400円、中学・高校生1,000円、4歳~小学生600円

このメモリアルチケットには、来館した日と同じ日付の新聞に掲載されたスヌーピーの漫画が印刷されています。月日が異なれば何度来ても別のものをもらえるという、ファンにはたまらない企画なんです!つい集めたくなっちゃいますね。
▲メモリアルチケットは掲載年の異なる4種類の漫画が用意されているので、どんな絵柄になるかドキドキ♪※チケットの漫画は選べません

チケットを受け取り、いよいよ館内へ。入ってすぐのホールには、ロゼットでかたどられたスヌーピーや、ぬいぐるみのシャンデリアが!のっけから見たことがないかわいいスヌーピーグッズが飾られていて、テンションが一気に上がっちゃいました!
▲「ピーナッツ」のキャラクターをあしらったカラフルなロゼットがホールを彩っています
▲大小様々なぬいぐるみを使ったスヌーピーのシャンデリア!

「かわいい~♡家に飾りたい!」と興奮気味にそばに近づいて、いろんな角度から観察。そのかわいさに何時間でも見ていられそうだったけど、まだ入口付近。後ろ髪を引かれつつも先に進むことに。
▲広めの常設展示室に入ると大きなスヌーピーの壁画が!

最初に常設展示の部屋があります。この部屋に入ってびっくり!目に飛び込んでくるのは、壁一面にモザイク画のようなスヌーピーとチャーリー・ブラウンの絵「3Dピーナッツ」が。
▲正面から見るとチャーリー・ブラウンとスヌーピーが寄り添って寝ています

近づいてよーく見てみると、なんと1951(昭和26)~1975(昭和50)年に描かれた4,452枚の「ピーナッツ」の漫画でデザインされていました!
▲近づいてみると、漫画の濃淡を利用して立体的な絵を作り出しています

他にもスヌーピーと犬小屋のオブジェや、奥の壁には作者であるシュルツ氏の写真などが飾られています。このスヌーピーと犬小屋は、季節のイベントを楽しめる装飾が施されるそうです。
▲筆者が訪ねた11月は、クリスマスのデコレーションで飾りつけられていました

開催期間がたったの半年!恋がしたくなる特別展は要チェック

次の部屋へ進むと2018年4月8日(会期中無休)まで開催されている特別展「Love is Wonderful-恋ってすばらしい。」の展示作品を楽しめます。この特別展は、「ピーナッツ」の仲間たちの恋がテーマ。キャラクターごとにブースが区切られ、それぞれの恋模様を描いた漫画の原画や映像などが展示されています。
▲インパクトのある色使いで、スヌーピーたちの恋を表現しています

最初にあるシアターでは、「Love is wonderful-恋ってすばらしい。」をテーマにしたオープニング映像を見ることができます。
▲キャラクターたちの様々な恋模様を、晴れや曇り、雨などの天気に例えた5分程度の映像が流れています

シアターの先のギャラリーはいくつかにブースが分かれており、「ピーナッツ」の漫画の中から片想いや両想いなど、選りすぐりの恋のエピソードの原画を見ることができます。
▲各ブースは十分なスペースが確保されています

各ブースは、誰と誰の恋なのかなど恋のテーマごとに詳細も書かれているので、スヌーピーに詳しくない人も楽しんで見ることができますよ。また、それぞれの恋をイメージしたテーマカラーとデザインで彩られた空間は、胸キュンの世界へいざなってくれます。
▲「チャーリー・ブラウンと赤毛の女の子」の恋のエピソードは登場回数が153回と多く、スヌーピーファンの間では一番有名
▲爽やかなミントグリーンに彩られた「チャーリー・ブラウンとペパーミント パティ」のブースは、友達の域を超えない、恋に夢見る恋がテーマ
▲キャラクターのイラストやポップなカラーも「ピーナッツ」の登場人物たちのイメージ通り!

約80点もの貴重な原画がたくさん展示されているので、お気に入りのエピソードを見つける楽しみも♪館内のほとんどが写真撮影OKなので、気に入ったブースで撮影するのもおすすめです。
▲原画には日本語訳がついています
▲読んだことがあるエピソードが見つかるかも

さらに、「ピーナッツ」の翻訳を手掛けている詩人の谷川俊太郎氏が今回の特別展のために、恋の詩を書きおろしています。それぞれの恋をイメージした詩は、自分でもまだ気付いていない恋心や、好きな人に気持ちを打ち明ける勇気をくれるようなフレーズで溢れています。
▲白黒の漫画に彩りを加えるような素敵な詩を、各ブースで読むことができます
▲オリジナル映像も流れているので、足を止めてゆっくり見ている人もたくさんいます

展示作品の中には、スヌーピーの結婚式にまつわるエピソードもあります。しかもその結末がとても悲しいんです。

結婚式当日、スヌーピーの結婚相手は、スヌーピーのお兄さん「スパイク」と駆け落ちしてしまうんです。スヌーピーにとって、こんなにも悲しい物語があったと思うとびっくりですよね。でも現実世界のどこかでありえそうな話で、読者がスヌーピーを応援したくなるのも「ピーナッツ」の魅力のひとつなんだろうなと思いました。
▲切ないどころか、悲しすぎる!スヌーピーの恋のバッドエンド!

恋のエピソードといえば、心温まる話をイメージしていましたが、この様に「ピーナッツ」では失恋の話も多いことを知りました。それはシュルツ氏が初恋の人と結ばれなかったことが大きく関係しているそうです。

なお、特別展ではシュルツ氏と初恋の人のツーショット写真も展示されています。展示方法には仕掛けがあり、同一方向に建てられた壁には穴が開いていて、どのブースからもふたりの写真を見ることができます。展示のキャラクターや漫画に夢中になっていると、つい見落としてしまいそうな仕掛けです。これは言われないとなかなか気付かないので、ぜひチェックしてみてくださいね。
▲どの恋もシュルツ氏と初恋の女性に応援されているかのよう
▲ちなみに、反対側から穴を見てみるとまた違う景色が…。さて奥で何をしているでしょう
▲近寄ってみると…大きなスヌーピーの柱「ビッグ・ハグ」が!抱きつくとふわふわの毛並み♪

テーマはキス♡写真撮影必須のラブリーな参加型展示も♪

各恋の展示ブースの後は、恋とキスをテーマにしたブースに入ります。ここは、過去に世界中で販売されたスヌーピーと仲間たちの恋にまつわるグッズの展示や原画を使った参加型展示になっています。
▲天井には様々なキャラクターたちがキスをしているバナーが吊るされています
▲アニメーションを見ることもできます。TVの前をよく見ると、スヌーピーたちも観賞中

様々な展示を眺めながら進んでいくと、直径3cmほどの丸い穴が開いた壁が見えてきました。穴の中を覗いてみるとスヌーピーと仲間たちがキスしているイラストが!「うわぁ!かわいい!他の穴はどんなイラストが描いてあるの?」とついつい全部覗いてみたくなるエリアですよ。
▲壁の穴を除くと…スヌーピーがキス♡

また、SNS映え間違いなしの撮影スポットも発見!なんとスヌーピーとキスしている写真が撮れるんです。3種類のパネルが用意されているので、写真好きな人はチェックを忘れずに。
▲スヌーピーとキス♡♡♡「いいね!」がいっぱいもらえるかも♪

特別展の最後は、「恋シアター」と呼ばれるシアターでショートムービー「星空の恋」を見ることができます。スヌーピーと仲間たちが、恋する相手を思い浮かべながら眠りにつくロマンチックな内容です。好きな人はもちろん、家族や友達など大切な人を想いながら1日を終えるのって素敵だな~、と見た後は幸せな気分でいっぱいになりました。
▲大切な人を思い浮かべ、「大好きってどういうこと?」を改めて考えさせられる内容でした
▲チャーリー・ブラウンに片想いしているペパーミント パティ

全ての展示を見終わる頃には、恋をしたい気持ちでいっぱいに!スヌーピーの世界が筆者の日常とリンクすることもあり、大切な人がいる世界が、こんなにもカラフルで魅力に溢れた日々であることを思い出させてくれる、素敵な展示でした。

館内はたくさんの人が訪れるため、ゆっくり見たい人は比較的空いている平日の遅い時間が狙い目です。仕事帰りや他の観光の後に行ってみてくださいね。
▲自分のペースで1枚ずつじっくり見ることができます

ミュージアムショップも見逃さずチェック!約600点のオリジナルグッズや限定商品が集結

スヌーピーの世界を堪能した後は、ミュージアムショップ「BROWN’S STORE」へ。洋服や文具、雑貨、お菓子など、ミュージアム限定品や、特別展に合わせた限定グッズが約600点販売されています。
▲所狭しと多くの商品が並んだ店内

他にもヴィンテージ・ミルクカップで有名な「ファイヤーキング」や自然派コスメブランド「コスメキッチン」など、様々なブランドとのコラボレーション商品があり、どれを買おうか目移りしてしまいます。
▲「L.L.Bean」とコラボしたトートバッグ(S:各8,640円、M:10,800円)はデイリー使いにおすすめ
▲スヌーピーのぬいぐるみは人気商品!

今回の特別展に合わせて、展示されている原画を1週間日替わりの絵柄でプリントしたTシャツ(3,240円)やマグカップ(1,080円)もあります。
▲オリジナルのトートバッグ(1,728円)を合わせて買うのも人気

曜日ごとにデザインが異なっていて、来館した曜日のものを購入することができます。※火曜日に来館した場合、火曜日デザインのTシャツ・バック・マグカップのみ購入可能。
▲表と裏でキスをモチーフにした2コマ漫画が読めるようになっています

お手頃価格の商品もたくさん用意されているので、お土産や来館記念に何か購入してみてはいかがでしょうか。今回の特別展が終わると販売終了となる限定グッズもあるので、気になるグッズがある人は店員さんに確認してくださいね。
▲ペーパーナプキン(410円)もかわいいデザイン

心ときめくおしゃれカフェ!味も見た目も大満足のアメリカンなご飯を満喫

ミュージアムを満喫したらおなかが空いたので、最後にカフェ「Cafe Blanket」(営業時間は10:00~20:30、土曜と3連休のうち最初の2日間は21:00)に寄ることに。

ここでは、スヌーピーのエピソードをイメージしたメニューが用意されています。並んででも食べたい、見た目も味も楽しめるメニューが盛りだくさん!特別展の内容に合わせたメニューもたくさんあるので、お友達やご家族とシェアして食べるのもおすすめです♪
▲チョコチップクッキーにバナナ、マシュマロ、ピーナッツソースなどがのった、あま~いピッツァ「スイートピッツァ スヌーピー’sフェイバリット(1,458円)」。ソフトクリームをのせて食べたら、気分はアメリカン♪
▲食べごたえ充分!「ウォームパピーセレクト(1,598円/左)」と「チャーリー・ブラウンのミルクセーキ(950円/右)」

カフェで使われているペーパーナプキンやコースターにもかわいい漫画がプリントされているので、食べている間も友達とコースターを見せ合ったり、店内で写真を撮ったり楽しく過ごせますよ。先ほどのショップでも販売されているものがあるので、自宅にも欲しいという方は、ぜひチェックしてみてください。
▲絵柄は選べませんがコースターは3種類

店内は木製のインテリアを使ったナチュラルテイストの内装で、ここも人気の撮影スポット。天気の良い日にはテラス席も賑わうそうですよ。
▲訪ねた時の内装はクリスマス仕様で、雪だるまやクリスマスリースでかわいく飾られていました
▲カフェの壁にはカラフルな原画も飾られているので、チェックを忘れずに!

何度も足を運びたい!フォトジェニックな撮影スポットも満載

スヌーピーミュージアムは、キュートでほっこりするエピソードと、クスッと笑ってしまうユーモアのあるスヌーピーと仲間たちの世界に存分に浸れる空間でした。すべて見終わって帰る頃には、大好きな人に会いたくなる胸キュンモードに。館内にいる間、ずっと「かわいい♡」を連呼していた気も…。来館者にリピーターが多いのも納得です。

館内には撮影スポットが至るところにあるので、最後の最後まで楽しめます。スヌーピーとの写真をSNSにアップしたら注目されるかも♡
▲館内には等身大パネルが何体も!写真を撮るのも忘れずに♪
▲SNS用の写真スポットがたくさんありました

2018年4月21日からは「ともだちは、みんな、ここにいる。FRIENDSHIP IN PEANUTS」というテーマの特別展が開催されます。スヌーピーと仲間たちの友情をテーマにしたエピソードを集めた展示になるそうなので、こちらの展示も見逃せない内容になりそう。何度でも足を運びたくなるスヌーピーミュージアム。2018年9月24日の閉館までにぜひ行ってみてくださいね!
▲外が暗くなると、スヌーピーのオブジェがライトアップされます
©Peanuts Worldwide LLC
※記事内の価格はすべて税込です。
岸 久美子

岸 久美子

東京在住フリーライター。好きなことは海・山・ビールにワイン、たまにスポーツ観戦。気になる場所には行ってみないと気がすまない性分で、ちょっと暇ができると旅に出るフットワークの軽さがウリ。知らない文化に触れ刺激を受け、一緒に暮らすウサギに癒される日々。(制作会社CLINK:クリンク)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

今おすすめのテーマ

PAGE TOP