550万球の宝石がきらめく「よみうりランド ジュエルミネーション」で幻想的な夜の遊園地を楽しもう

2017.11.26 更新

東京都内でも最大級の550万球のLEDを使った「よみうりランド ジュエルミネーション」。宝石をイメージしたイルミネーションで、2017年の今年は「スイーツ」というテーマや新しいスポットもたくさん加わり大幅にパワーアップ!寒いからこそ2人の距離がぐっと近くなるこの季節、都内でも屈指のデートスポットになること間違いなしの「よみうりランド ジュエルミネーション」にさっそく行ってきました。

▲光輝く夜の遊園地は、いつもと違う、特別な時間を過ごせます

イルミネーションだけじゃない!1日たっぷり楽しめる遊園地「よみうりランド」

アトラクションはもちろん、体験エリアやバーベキューパークのほか季節ごとの様々なイベントも行われ、いつ行っても遊園地以上の楽しさがある「よみうりランド」。
アクセスも非常に良く、新宿駅からは京王線で約25分、京王よみうりランド駅からはゴンドラ「スカイシャトル」で遊園地へ!イルミネーション開催中は駅構内も装飾され、入園前から気分が盛りあがります。
▲(画像提供:よみうりランド)

そんなよみうりランドで開催されているイルミネーションが「ジュエルミネーション」!!世界初の『宝石』をテーマとしたLEDを使っているのだそう。東京タワーや白川郷合掌集落などのライトアップを手がけた、世界的に有名な照明デザイナーの石井幹子氏がプロデュースしています。
▲キラキラと輝く宝石色のイルミネーション。夢の国に遊びに来たようです

今年のジュエルミネーションは2017年10月12日~2018年2月18日に開催。時間は16:00~20:30(21:00までの日もあり)。イルミネーションを見るための入園方法は16:00以降のナイト入園(大人1名1,400円/税込)と、開園から夜まで1日中いられる(大人1名1,800円/税込)の2通りあります。夜のアトラクションも楽しみたいという人には、ナイト入園料と乗りもの乗り放題(一部除く)がセットになったナイトパス(大人1名2,400円/税込)があり、こちらで満喫することができちゃいます。

16:00から点灯されるイルミネーションは、8種類30色の宝石色。7つのエリアに分かれており、各エリアが宝石にちなんだテーマカラーやモチーフなどで彩られています。エリア間の移動もしやすいため、どこからでも楽に巡ることができます。それではジュエルミネーションの見所を各エリアごとにご紹介します。

日没頃を狙って、いざ入園!

▲よみうりランド正面入園口「スカイゲート」。お花のアイスクリームがお出迎え

イルミネーションの点灯は一部の場所を除いて、16:00から始まります。少し高台に位置するスカイゲートからは、徐々に暮れていくオレンジの空と、逆に輝きを増していくイルミネーションとの光の変化を楽しむことができます。

日没後から始まる“マジックアワー“と呼ばれる時間は、昼の楽しい遊園地から夜のロマンティックな遊園地へと変わっていく、1日の中でもっとも貴重な時間帯。特に観覧車「ジュエリー・オーロラ」からの眺めは素晴らしいので、この時間帯を狙って訪れてみるのもおすすめです。
▲日没後の観覧車「ジュエリー・オーロラ」からの眺め。マジックアワーからの変化をぜひ楽しんでみて!(画像提供:よみうりランド)

1.見どころたっぷりの「ジュエリーエリア」

▲光輝く並木道を歩くだけでも別世界に来たよう(画像提供:よみうりランド)

入園したらまず最初に目の前に広がるのが「ジュエリーエリア」。ホワイトやピンクなど4色のファンシーダイヤモンドカラーと、ルビーやサファイアなど7色の宝石色が散りばめられた、ジュエルミネーションの中でも最もきらびやかなエリアです。パレードやアトラクションなども集まっていて、各エリアへの基点にもなる外せないエリアになっています。
▲点灯パレードから始まるイルミネーション、これを逃すのはもったいない!

「ライトオンダンス」は「ファンシージュエリー・ロード」をスタートに、毎日行われるパレードです(雨天時は中止)。ここでは、カウントダウン後に始まる音楽とダンスに合わせて40万球のイルミネーションが一斉に点灯されます。車やバイク、衣装までキラキラと輝き、ウキウキとした気持ちにしてくれます。宝石の輝きに包まれる瞬間をぜひお見逃しなく!

また、パレードのスタート地点では、パレード後およそ20分間隔で「ファンシージュエリー・ファンタジー」という幻想的なショーも行われています。
▲観覧車「ジュエリー・オーロラ」(1回600円・税込)からは高い場所からの景色を独占できちゃう上にプライベート感ばっちりです
▲夜限定アトラクション「スターライトバンデット」(1回900円・税込)は流星をイメージした装飾で園内を走り抜けていきます。炎が噴き出す場所もあってハラハラ・ドキドキ!
▲巨大な光るわたあめ「レインボーコットンキャンディ」(1本500円・税込)はスターライトバンディットの横の坂を少し下りたところで購入できます
▲全長約120mの光のトンネル「スパイラル・パサージュ」は点滅のタイミングが変わるショーになっています。歩きながら、お気に入りの場所やタイミングを見つけてみてください
お腹が空いたり、寒かったり。ホッとしたい時にはレストラン「Goodday」がおすすめです。ハンバーグやビーフシチュー、パスタなどメニューは幅広く、ドリンクやデザートも販売しています。ガラス張りの店内からはイルミネーションはもちろん、遊園地らしい景色も見られて、満足間違いなし!
▲レストラン店内の照明アート、2017年秋冬バージョン「ジュエリージャルダン」も石井幹子氏デザイン。目に優しくも発色の鮮やかな有機ELが使われています

遊園地らしいアトラクションもイルミネーションの中に溶け込んで、ジャグリングなどのステージの歓声や音楽も聞こえてきたりと、まさに映画のワンシーンに飛び込んだような気分になれちゃうエリアです。

2.ワクワク楽しい「キュートエリア」

よみうりランドの中央に位置する「キュートエリア」は、アンバーやメキシコオパールなど暖色の宝石7色を使用した園内でも一番賑やかさを感じられるエリアです。様々なアトラクションや射的、ゲームコーナーなどのお店が並び、楽しさを盛り上げてくれます。
▲暖かい色のおかげで、思い出にタイムトラベルしたかのような気分に
▲射的やゲーム、お化け屋敷などが並ぶこの道はまるで遊園地の商店街のような雰囲気。アトラクションから聞こえてくる声も楽しい気分を盛り上げてくれます
▲夜のアトラクションで人気の「ルーピングスターシップ」。余裕があったら逆さイルミネーションを楽しめるかも?!

3.森の中のプリンセス「フォレストエリア」

キュートエリアの賑やかしい雰囲気を抜けると一転、しっとりとした雰囲気の「フォレストエリア」にたどり着きます。ペリドットやトルマリンなど緑や青を基調とした5色で、瑞々しい森を感じさせてくれます。今年は新しい見所がたくさん増え、園内随一のフォトスポットに。二人の思い出の写真を撮るのにもってこいのエリアです。
▲フォレストエリアで1番人気の「プリンセス・ガーデン」には秘密が!(画像提供:よみうりランド)

外側から見ると、直径40mほどの巨大な王冠のモチーフとなっているプリンセス・ガーデン。外周をぐるっと上がっていくと王冠の内側へ入ることができ、中央は小高い丘になっています。

ここでは、ノスタルジックな異国を感じさせる音楽が流れており、この音楽に合わせて時間ごとにイルミネーションが点灯するミニ・ショーが繰り広げられています。交互に点滅する光に囲まれて、まるで異空間への旅をしているかのような気分にさせてくれます。
▲「プリンセス・ガーデン」の内側は、今にも妖精が登場しそうな雰囲気

さらに、丘の中心には高さ30cmほどの大きな円形の土台が。実はこれ、離れた場所にある「フォレスト・プリンセス」のティアラの照明を使って、まるで被っているようなトリックフォトが撮影できるスポットなんです!
▲中央の土台に乗ったら、園の右奥上方に浮かぶティアラを頭の上に合わせて、写真を撮ってみてくださいね。お姫様気分で、ステキな記念写真をどうぞ
▲2017年11月16日から新たに公開された「ジュエリー・ライトハウス」。広大な光の草原の中に高さ27mの燈台が出現しています(画像提供:よみうりランド)
▲フォレストエリアとアクアエリアをつなぐ道には、今年新たに登場した「ムーンボウ・アベニュー」が。幸せを呼ぶと言われている、ハワイの満月の晩に現れる虹がモチーフ。

冬なのに新緑のような瑞々しい光の木々に囲まれて、墨色に変わった空とのコントラストも綺麗なエリア。照明を少し落とした場所もあるので、思わず手をつないで歩きたくなってしまうエリアでもあります。しっとりとした空気感のお散歩が楽しめますよ。

4.必見のダイナミックなショーが行われる「アクアエリア」

夏にはプールで賑わう「アクアエリア」も、すっかり幻想的な場所に変身しています。ホワイトダイヤモンドとサファイアの色をメインに、輝く水面をイメージしたエリアです。波打ち際にはイルミネーションで埋め尽くされた輝くビーチ。ヤシの木なども装飾され、リゾートに遊びに来たような気分にさせてくれます。
▲宝石色で輝く砂の「アクアジュエリー・ビーチ」は爽やかな雰囲気

今年、格段にバージョンアップしたショーはこの「アクアジュエリー・ビーチ」で楽しむことができます。60m幅の舞台には、最高到達地点15mの噴水が177本、中央には高さ12mの巨大リング噴水とウォータースクリーンを備え、光や音に合わせた噴水ショーが行われます。迫力満点のショーは全部で3種類!それぞれご紹介します。
⒈「シルエット」(約10分間)
シルエットとなったダンサーが音楽や光、噴水に合わせて踊り、光を自在に操った様々な技も繰り出されます。観客からも思わず歓声が上がる興奮のショーです。
▲「シルエット」は18:45~、19:45~の1日に2公演だけ!

⒉「フレンチ・ボヤージュ」(約6分間)
中央のウォータースクリーンには凱旋門から始まり、モンサンミッシェル、南仏などフランスを代表するような映像が流れ、それとともに光や噴水で演出されています。途中、ロードムービーのように市街地を走り抜けるシーンでは思わずフランス旅行に来た気分に。
▲「フレンチ・ボヤージュ」の開始時間は17:15~/17:45~/18:15~/19:00~/19:30~/20:15~※クリスマスシーズンは開始時間が変わります
▲「フレンチ・ボヤージュ」の開始時間は17:15~/17:45~/18:15~/19:00~/19:30~/20:15~※クリスマスシーズンは開始時間が変わります


⒊「ラ・フォンテーヌ」(約10分間)
光と噴水の動きがまるでバレエの一幕を見ているような優雅さから始まります。音楽に気をとられているうちに、映像や演出がどんどんと壮大さを増して引き込まれていき、最後には音楽と一体になって水の惑星である地球を感じさせてくれます。
▲噴水の水音さえ演出の一つになっている「ラ・フォンテーヌ」の開始時間は17:00~/17:30~/18:00~/18:30~/19:15~/20:00~/20:30~※クリスマスシーズンは開始時間が変わります
▲エリア内の参加型イベント「ラブフォト」はイルミネーションを背景に、ペンライトを使用して描いた軌跡をカメラマンが記念に撮影してくれます(1セット800円〜・税込)

また、2017年11月17日~3月4日の期間限定でスケートリンク「ホワイト・ジュエル」が新登場します。料金は大人500円、中高生400円、こども200円、別途貸靴料500円(すべて税込)で体験できます。カーリングは2レーン予定されていて、靴のままでOK。1人3投300円(税込)です。開催時間は日によって異なるので、ホームページを確認してくださいね。
▲スケートリンク「ホワイト・ジュエル」も新登場。カーリング体験もできるそう(画像提供:よみうりランド)

イルミネーションの中で、ゆっくりとショーを楽しんだり、スケートでアクティブに遊んだり、静と動の両方の良さを持つビーチの楽しさをしっかりと活かした場所作りは見事!ショーはぜひ実際に見て体感してほしい、必見の大迫力です。

5.ロマンティック度200%の「ラブリーストリームエリア」

アクアエリアの隣に位置する「ラブリーストリームエリア」はルビーやガーネットなど、女子の好きなピンクを中心とした宝石6色で装飾されたエリア。このエリアのテーマはもちろん、LOVE!カップルや意中の相手と一緒なら、絶対に外せないスポットです。
▲水に写り込んだライトアップもとても綺麗。素敵なハプニングを期待してしまいそう
▲時間ごとに行われるショーではミストが噴射される演出が。幻想的な光が、よりムードを盛り上げてくれます

ピンク色の光が一面に輝いた川のようになっていて、歩いているだけで気持ちが華やいでしまうエリア。急接近のドキドキをうまく誤魔化してくれそうな色だから、自然に寄り添って歩けてしまいます。大切な人と是非歩いて欲しい場所です。

6.今年のNEWエリア「スイーツエリア」で甘い時間

アクアエリアから近い「スイーツエリア」は、今年新たにオープンしたエリア!味覚の宝石とも言われるスイーツをテーマに、新色のマンゴーやストロベリーなど5色の「スイーツジュエリー」が可愛らしくきらめいています。
▲流れる音楽もとても可愛らしく、おもちゃの国のティーパーティに遊びに来たような気分に

まず目を引くのが所々に飾られた、大輪の花のモチーフ。中央はマカロンをイメージしたカラーで装飾されていて、女子の気持ちをくすぐります。きらめくカーテンで飾られた両端にある白いテントの中にはそれぞれにストーブが置いてあり、とても暖かく過ごせます。
エリア内のフードショップはジュエルミネーション開催時間中のみの限定営業で、3店舗あります。それぞれオススメの品をご紹介します。
▲きらめく光の中で味わうスイーツも格別

最初のお店は、「Crepe&Cafe(クレープ&カフェ)」から。ここでは焼きたての自家製こだわりクレープだけではなく、ヨーグルトやあんみつなども楽しめます。
ここのイチオシは、たっぷりのクリームにとろけるチョコレートソース、薄く削られたチョコレートがストロベリーの甘酸っぱさとマッチした「ストロベリーチョコラータ」(550円・税込)です。甘いですが、軽いのでペロッと食べられます。

続いては、「Le Café de chocolat(ルカフェドゥショコラ)」。こちらでは温かい飲み物を中心に販売していて、ホットチョコレートは本場フランス産のチョコレートを使用しているとのこと。
▲左「ストロベリーホイップホットチョコレート」(650円)、右「オレンジとシナモン香る”ホットワイン”」(500円)※ともに税込価格

ホットワインにはドライフルーツも入っていて本格的な味、ホットチョコレートはクリームがとろけて、どちらも甘い香りと美味しさで体温も上がりそう。寒い時にはやっぱり、お腹に温かいものが入るとホッとしちゃいますよね。

最後のお店は、「Belgian Waffle Cafe(ベルジアンワッフルカフェ)」から。こちらのお店では温かいワッフルがいただけます。トッピングメニューがたくさんあってアレンジが楽しめます。迷ったら、お店の方に相談しながら決めても良いかもしれません。
今回筆者がお願いしたのは「ホットワッフル プレーン+Bトッピング」(270円・税込)で、ホイップクリーム、チョコソース、いちごソースがトッピングされています。
段々にとろけていくクリームがソースと混ざってほんのり甘いワッフルに絡み、サクサクとしっとりの両方の食感を両方楽しめました。ワッフルもボリュームがあってなかなかの食べ応え。

外で食べているのに寒さを感じることなく、逆に暖まり、ついつい長居してしまいました。キラキラに包まれて、ちょっぴりグランピング気分も味わえてしまうエリアですよ。

7.日本のモノづくりの象徴!青色LED「ウィズダムエリア」

最後にご紹介するエリアはスイーツエリアとスカイゲートの間にある「ウィズダムエリア」。こちらは、企業とコラボレーションした日本のモノづくりが体感できるエリア「グッジョバ!!」がノーベル物理学賞を受賞した青色LEDをテーマに大変身しています。昼間は子どもが多く行き交う場所ですが、夕刻のワークショップが終わる時間になると、青色のイルミネーションが輝きを増して、一気に大人の洗練された雰囲気に変わります。
▲「ウィズダムジュエリー・リボン」と「ノーベル・イルミネーションツリー」は大きなプレゼントになった建物と親子ツリーがクリスマス気分にさせてくれます

20:00までアトラクションが楽しめるこのエリア。そのあとの閉園時間が迫る時刻に訪れるのが、実はおすすめ!
人通りが少なく、澄んだロイヤルブルーの神秘的な光に包まれたシチュエーションは、大切な相手へのプレゼントや想いを伝えるのにぴったりです。何気ない感謝の言葉だけでも素敵なプレゼントに変身しちゃいます。

思い出をお持ち帰り

しっかり宝石色のイルミネーションを堪能した後は、思い出と一緒にお土産も持って帰りたい!最後はスカイゲート目の前にある「GJショップ」で、イルミネーション限定グッズだけではなく、グッジョバ!!でコラボしている企業のココでしか手に入らないグッズも買うことができます。
▲手前左/チャームになっている冬の女子のお供「リップクリーム ピーチフレーバー」(650円)。手前右/自宅でも遊べるイルミネーション「光るあめ ソーダ味」(500円)。奥/ゴンチャロフ製菓とのコラボで本格的な味のラングドシャ「コルベイユ」(1,000円)※すべて税込
▲閉園時間近くになると点滅していたイルミネーションが点灯に変わります。時が止まったかのような不思議な感じ

いかがでしたか?夜の遊園地でイルミネーションなんて別格のスポットですよね。今年さらにパワーアップした「よみうりランド ジュエルミネーション」は、とても幻想的で別世界にトリップしたかのよう。日常を離れたロマンティックな気分に浸りたい人におすすめです。このロマンティックな光の共演を、誰と楽しみに行きますか?そして是非、思い出の宝石を心に持って帰ってくださいね。
▲パンフレットにはない、隠れイルミネーションを発見!「入園口大階段」の上には緑と赤のライトがあり、シャドウアートで遊べます。みなさんも是非見つけてみて!
鹿島カナ

鹿島カナ

2年ほどバックパックでオセアニア地域を周った経験から、旅をするように生活することに強い憧れが。車の運転やキャンプも好きで、四国、九州・沖縄、東北など各地の特産物や工芸、美味しいものを探求。タイ古式マッサージセラピストでもあり、カラダの事や食養生などにも興味津々。 今の楽しみは着物を着ること。手仕事、自然、音楽が好き。(制作会社CLINK:クリンク)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP