岡山県総社はパン活女子の聖地だった!サイクリングでパン詣でのススメ

2017.12.20 更新

岡山県南西部の総社(そうじゃ)市は古代の吉備国(きびのくに)の中心地でした。その痕跡が今なお多く残り、たくさんの観光客が訪れます。そんな歴史ある総社で、いま女子の間にひそかに注目を集めているのが「パン活」。そう、総社は美味しいパンが集まるまちなのです。

JR伯備線で倉敷駅から2駅(10分強)のところにある総社駅。総社市街はコンパクトシティなので自転車で巡るのがおすすめ。総社駅前のレンタサイクルで自転車を借りていざ出発です。マチナカは車通りの多いところも走りますので、安全運転で楽しみましょう!
▲自転車めぐりがしやすい「吉備路サイクリングロード」。市街地から、桃太郎伝説の由来となった史跡など岡山のルーツに触れられる観光地をつなぐ
▲田園風景に凛と建つ備中国分寺。奈良の大仏を作った聖武天皇の発願で創建された国分寺で、現存の建物は江戸時代中期に建てられたもの

創業80周年以上の老舗「ベーカリートングウ」

まずは総社駅からすぐのところにある、「ベーカリートングウ」へ。総社市民のソウルフードとして愛される老舗パン屋さんです。
▲レトロな店舗に胸きゅん

店内に入るとパンのいい香りが。平日の昼間にもかかわらず、老若男女のお客さんでごったがえしていました!
▲山積みのパン箱が、みるみるなくなっていく
▲ジャケ萌えその1、看板商品の「トングウの上あん」(油パン)115円(税込)

トングウで必ずゲットしたいのは、「トングウの上あん」。地元の人たちは「油パン」と呼んで親しんでいる、大人気の揚げあんぱんなんです。
甘さおさえめのあっさりしたあんに、もっちりした生地。その生地にはシナモンの風味がつけられていて、完璧なカップリング!何個でもいけちゃう美味しさです。
▲ジャケ萌えその2(チョコレートロール、バナナロール。各115円・税込)
ふわっふわの昔懐かしいパンを大人買いしつつ、筆者が注目したのはこの「トングウの通い袋」(税込1,800円)。創業80周年になる節目を記念してつくられたショッピングバッグです。写真ではちとわかりづらいのですが、マチが広く、食パンを入れても潰れないのでおすすめです。
総社のパンめぐりはまず、この「トングウの通い袋」を買って出かけましょう。
さあ、トングウの通い袋をカゴに入れて、つづいて目指すのは「INDUSTRY(インダストリー)」です。

パン好きを唸らせる本格派「INDUSTRY」

▲「ベーカリートングウ」から自転車を走らせて約5分で到着!オサレー

総社の大人気パン屋さん「INDUSTRY」は2017年3月末に現在の場所に移転オープン。1階は対面式のパン屋さん。2階はパンを楽しめるカフェになっています。
▲パン活女子の行列が途切れない人気店
▲みんな大好きなあんぱんも豊富な品揃え(左からあんぱん、くりあんぱん、かぼちゃあんぱん、各200円・税別)
▲本場フランスの味、きのことベーコンのキッシュ(500円・税別)
▲クラシックバゲット(上)とバゲットトラディショナル(下)(各310円・税別)

こんなのどかな場所に、こんな本格的なパン屋があるなんて!全国の美味しいパンを食べ歩いた筆者も驚きのクオリティ。特にバゲットは本場フランス・パリで食べた味。総社おそるべし。
そして2階のカフェもめちゃめちゃオシャンティ。1階で購入したパンもこちらでイートインできるので、焼きたてパンはここで食べちゃいたいですね。

こだわりの粉とこだわりの乳製品で極上のパンを「logique」

▲モダンな外観、オレンジの日よけが目印の店舗

3軒目は、INDUSTRYから約10分のところにある「logique(ロジック)」。
▲並んでいるだけでおしゃれな食パン(350円・税別)
▲種類が豊富で思わず迷ってしまいます
▲チョコスコーン(220円・税別)の高さが萌える
▲揚げたてカレーパン(160円・税抜)。見るからにサクサクなこと…!

「ていねい」という言葉がぴったりなlogiqueのパンたち。見ているだけでほっこりして、心もほどいてくれる気がします。
小麦粉はフランスから直輸入のものを使用し、バターも北海道十勝でつくられている「よつ葉バター」にこだわっているとのこと、心意気を感じます。

小ぶりで手が込んでいるパンは、お土産にもよさそう。たくさん買い込んでしまいました。

番外編:古民家カフェでほっこりカフェタイム♪

パン屋さんを3軒まわり、納得の買い物ができた筆者が〆にやってきたのは、logiqueから自転車を走らせて約10分の立派な古民家です。

吉備路でパン&サイクリングを楽しむ際には、ぜひここはおすすめです。ふんわりとコーヒーのいい匂い。人気のカフェ「珈琲と人」。
庭を見渡せる縁側の席に通していただきました。パンを追い求め、自転車を爆走した疲れが一気に癒えました~。
▲おすすめはブレンドコーヒー(470円・税込)。そして「とろけるチョコレートケーキ」、「キャラメルチーズケーキ」(各420円・税込 ※ケーキとドリンクのセットで50円引き)は、ぜひ食べて欲しい。これぞコーヒーの相棒!
ほっこり一息ついたところでまた総社の美しい田園風景を自転車で走り抜け、帰路につきました。
トングウの通い袋は総社のおいしいパンでパンパン。パンだけでこんなに重いなんてびっくり(笑)。一流のパンと総社の美しい風景に癒されたパン詣ででした。パン好きの方にはおすすめの、ほっこり旅ですよ。
ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは「地域の魅力を広告する」地域広告会社です。 広告といってもチラシやポスターをつくるだけではありません。地域のおいしい野菜があれば、それを使って商品も作ります。素敵だと思う商品を販売したりもします。地域の魅力を掘り起こして「これ、いいでしょ!」と伝えていく、それが私たちの仕事です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP