ナガシマスパーランドの絶叫アトラクション&ジャンボ海水プールで、最高のスリルにゾクゾクしちゃおう!

2018.05.25 更新

東海地方で知らない人はいないほど超メジャーなアミューズメントパーク「ナガシマスパーランド」。「東の富士急、西のナガシマ」とも言われ、絶叫マシン好きにとってはたまらないマストスポットです。そして、6月30日~9月24日(2018年)まで楽しめるプールにも絶叫系スライダーがいっぱい!スリル満点、「ナガシマスパーランド」の魅力をご紹介します。

▲大空を駆け抜ける世界最大級のフライングコースター「アクロバット」

「ナガシマスパーランド」の絶叫アトラクションを乗りつくそう!

三重県桑名市の「ナガシマスパーランド」は、温泉施設や宿泊施設などを運営するナガシマリゾートの遊園地。
▲「ナガシマスパーランド」の入園メインゲート

伊勢湾岸自動車道・湾岸長島ICを下りてすぐ、13,000台分の駐車場(有料)が用意されています。
▲直径83mの大観覧車から望む「ナガシマスパーランド」

「ナガシマスパーランド」を訪れたら、ここでしか体験できない絶叫アトラクションを制覇しなくちゃ!

遊園地入場券は中学生以上1,600円なので、入場+のりもの乗り放題のパスポート5,000円を購入するのが断然お得!
もちろん、ぜったいに外せない3大絶叫コースター「スチールドラゴン2000」「嵐」「アクロバット」も乗り放題です。
▲「ひぇ~!」見上げると、ものすごい高さまで上っていく「スチールドラゴン2000」(単一料金1,000円・税込)が…

高さのある「スチールドラゴン2000」は、安全のため、大雨・雷雲の発生・強風などで運休になる場合があるので、空の機嫌がいいうちに1回は乗っておくのがおすすめ!
ということで、さっそく「スチールドラゴン2000」の乗り場へ向かいます。

スリル満点!「スチールドラゴン2000」

巻き上げ式のローラーコースターとして世界一の距離を誇る「スチールドラゴン2000」、その長さはなんと2,479mもあり、ギネスにも認定されているんです。ナガシマスパーランドでしか味わえないスリルと迫力を楽しんじゃいましょう!

ワクワクしすぎて、お腹のあたりがゾワゾワしてきた~。
▲アトラクションに乗り込み、いよいよ出発!

グイグイグイグイとけっこうな速さで上っていくのに、テッペンまでなかなかたどり着きません。
ドキドキバクバクが最高潮に…。

きたっ!テッペンきたっ!
ここまできたらマシンにすべてをあずけて覚悟を決めるしかありません。

「きゃぁぁぁ~!」
大観覧車のテッペンより高い、高さ97mのところから93.5mも急降下。この高さ・落差は日本一なんですよ!
落下角度は68度、この時点で時速153kmあります。そのままの勢いで、2つ目77m、3つ目64mの巨大なアップダウンにつづきます。

「スチールドラゴン2000」に乗って撮影した動画はこんな感じ!

高低差のあるループを8の字に旋回したあと、2つのトンネルを通過しながら連続アップダウン。まるで竜の背中に乗って空を飛んでるみたい!
ひゃっほ~!
このスピード感と浮遊感が気持ちよくてクセになる~。

距離が長いので乗りごたえ満点!怖すぎて楽しすぎる「スチールドラゴン2000」でした。

さらに、スリルを体感したい方は下記リンクをクリック!
[360度動画]ナガシマスパーランド「スチールドラゴン2000」に乗ってみた!
※360度動画は「Google Chrome」などの360度対応ブラウザで、リンク先画面をグリグリすると、コースターからの景色が360度全方向視聴できます。スマホの場合は無料のYoutubeアプリから見ることができます。

日本初上陸の4Dスピンコースター「嵐」

つづいては、2017年に日本初上陸した、4Dスピンコースター「嵐」(単一料金1,000円・税込)を初体験!
下から見上げると、サーキットのレーシングコースを縦型にしたようなレールデザイン。鋭いヘアピンカーブのような形状で、急勾配どころか上のレールの下にもぐり込んで重なり合っています。

レールの両脇に吊るされた2人掛けのシートが4つ、バラバラの動きをしながら転がってきました。
怖そ~!!
いよいよ順番が回ってきました。出発前のこの時間が、いちばん緊張します。
ゆっくりと動き出し、まずは垂直に10階建てのビルの高さくらいまで引っ張り上げられます。
足元に床がないので、解放感は抜群!
テッペンまできたようです。さぁこの後どうなる?

見ていると目が回りそうな「嵐」に乗って撮影した動画です。

「きゃぁぁぁ~!!!」
大きくスイングしたり、いきなり前後に360度回転したり…不規則な動きは予想不可能。ひらひらと空中を舞っているようで、だんだん自分の頭の上が天なのか地なのかさえわからなくなる不思議な感覚です。
4つに区切られたシートそれぞれが制御なくスイング&回転するので、乗るたびに違う動きが楽しめる「嵐」。これがめちゃくちゃおもしろい!

さらに、スリルを体感したい方は下記リンクをクリック!
[360度動画]ナガシマスパーランド「嵐」に乗ってみた!

超大型フライングコースター「アクロバット」

3大絶叫コースターの中で最後にご紹介する「アクロバット」乗り場へやってきました。
「アクロバット」は、うつぶせの状態でコースを駆け抜ける32人乗りの超大型フライングコースター。
▲水面ギリギリ、噴水の横を水しぶきを上げながら走り抜ける「アクロバット」(単一料金1,000円・税込)
スタッフの「イェ~ィ!」に合わせて、今はまだ余裕の「イェ~ィ!」
脱げやすい靴を履いている場合は、危険なので座席の下に脱いでいきます。
▲安全バーの装着が完了するとシートのお尻側が後ろに引き上げられ、写真のようにうつぶせの状態のまま発進します
▲ヒモを結んだようなプレッツェル形の360度宙返りループや、旋回しながら急上昇&急降下するコークスクリューなど、多彩なコースデザインが特徴
「アクロバット」は背中側にレールがあり、うつぶせのまま吊り下げられて頭から突っ込んで行きます。すぐ先のコースがまったく見えないのでゾクゾク度はMAX!地面・水面に向かって急降下するスリルは絶叫せずにはいられません。

「アクロバット」に乗って撮影した動画がこちら。

全長1,021mを縦横無尽に駆け抜ける「アクロバット」。
南国ムード漂う美しいコースを、鳥になって飛び回っているような気持ちよさは格別です。このスリルと爽快感は、絶叫コースターファンをとりこにすること間違い無し!

さらに、スリルを体感したい方は下記リンクをクリック!
[360度動画]ナガシマスパーランド「アクロバット」に乗ってみた!

大人気アトラクション「ホワイトサイクロン」の今

ぜったい乗るべきアトラクションとして「スチールドラゴン2000」「嵐」「アクロバット」をご紹介しましたが、もうひとつナガシマスパーランドのシンボル的な存在として、訪れる人を楽しませてきた絶叫コースターに「ホワイトサイクロン」があります。
2018年1月、多くのファンに惜しまれながら営業を終了しましたが、2019年春には木と鋼鉄を融合させた日本初のハイブリッドコースターとして生まれ変わる予定なのだとか。
着々と準備も進んでいるようです。
楽しみですね~。

絶叫アトラクションが目白押し!

絶叫しすぎて声が枯れるほど遊びつくせる「ナガシマスパーランド」。
ほかにもバラエティに富んだ絶叫アトラクションがたくさんあるので、その一部をご紹介します。
▲50人乗りの巨大な「ジャイアントフリスビー」(単一料金700円・税込)

ゆっくりと回転しながら左右に240度、最高で43mの高さまで振り子のようにスイングする「ジャイアントフリスビー」。
円の外側を向いて座るので、振り上げられたとき、空に向かって放り出されそうなスリルを体感できます。最高時速102kmで振り下ろされるときの浮遊感はかなりのものです。
▲タワー型アトラクション「スターフライヤー」(単一料金800円・税込)

高いところが大好きな人には、日本最大63.4mの超大型回転ブランコ「スターフライヤー」もおすすめ!
2人掛けのブランコがぐるぐると円を描きながら上下します。遠心力で最大直径は約28mにもなるのだそう。最高時速51kmで約47m上空を回転するという、爽快感抜群のアトラクションです。
▲見た目にもカッコいい!スパーランド初代の絶叫マシーン「コークスクリュー」(単一料金500円・税込)は今も変わらずファンをとりこにしています!
▲最大斜度40度・高さ30mからの急流すべり「シュート・ザ・シュート」(単一料金500円・税込)。必ずびしょ濡れになるのでビニールポンチョの着用をおすすめします(乗り場付近で購入可。100円・税込)
▲豪快な水しぶきで目の前がまっ白に!

顔中が筋肉痛になりそうなくらい叫んで笑った楽しい時間!
ナガシマスパーランド、最高~!!(笑)

手軽に楽しめる園内グルメ

絶叫しすぎて、ちょっとお腹が空いてきちゃった…!
園内に数あるレストランやカフェの中から、今回は手軽に楽しめるテイクアウトグルメをご紹介します。

「アクロバット」乗り場の手前にある「アクロバットカフェ」では、「アクロバット」のコースをイメージしたプレッツェルをテイクアウトできます。
▲優しい甘さの「アクロプレッツェル」350円(税込)

クリームチーズとメイプルシロップの入った「アクロプレッツェル」は、熱々でもっちもち!
ん~!これ、想像以上に美味しい!!!
「シャトルスナック」と「トルネードレストラン」の2箇所でテイクアウトできる「ジャンボターキー」もおすすめ!
▲インパクトのある「ジャンボターキー」750円(税込)

デカっ!重っ!
七面鳥の骨付きモモ肉がスモークされたボリューム満点の「ジャンボターキー」は、見た目にもインパクト大!食べ応えありで、お腹も大満足です。

巨大ウォーターパーク「ナガシマジャンボ海水プール」

「きゃぁぁぁ~!」「ぅお~~~!」
プールでもあちこちから絶叫が…。

6月30日~9月24日(2018年)まで楽しめる「ナガシマジャンボ海水プール」は、10個のプールと11種類のスライダーが揃うスパーランド内にあるウォーターパーク。
400基の無料温泉シャワー・冷房完備の清潔な更衣室やロッカー・約12,000人を収容する4箇所の無料休憩スペースなど、至れり尽くせりの設備が整っています。
遊園地入場とプール利用ができる一般入場券は、中学生以上が3,700円、小学生2,700円、2歳~小学生未満1,500円(すべて税込)。
一般入場券にのりもの乗り放題が付いたワイドパスポートは、中学生以上6,400円、小学生4,800円、2歳~小学生未満2,800円(すべて税込)。

プール営業中は、遊園地とプールの両方を欲張りに楽しんじゃうのもありですね。
▲傾斜度60度のレーンを一気に滑り降りる「フリーフォールスライダー」

高さ23mの地点から、垂直に落ちる感覚を味わえる「フリーフォールスライダー」や、外の見えないチューブの中を寝そべったまま急旋回・急降下するスライダー「ウォーターチューブ」など、絶叫系スライダーが勢揃い!
プールでもワクワクとゾクゾクが止まりません。
▲6人乗りのゴムボートに乗って、最大68度の急斜面を上ったり下りたりするウォータースライダー「ブーメランツイスト」

そして、2018年夏、海外でも大人気の「超 激流プール」が、日本初上陸するんです。「超」が付くだけあって、これがかなりすごいらしいですよ~。のんびりプカプカ浮かんではいられないほどの激流に、大興奮しちゃいそう。
むふっ!…楽しみ~!
▲日本初上陸の「超 激流プール」

「スチールドラゴン」「嵐」「アクロバット」の3大絶叫コースターは、やっぱりすごかった!
夏になったら「ジャンボ海水プール」、2019年の春になったら「ハイブリッドコースター」。今からワックワクのドッキドキです。
夏休みは絶叫系が大好きな人におすすめの「ナガシマスパーランド」で、思いっきりはしゃぎまくっちゃおう!
Yukitake

Yukitake

三重の雑誌「Edge」をはじめ、さまざまな雑誌・情報誌において、グルメ・観光などの記事を執筆。女性目線の取材とソフトな文体を大切にしています。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

今おすすめのテーマ

PAGE TOP