元祖・柿の種の工場見学で、焼きたてをカリッ!形や名前の由来にも迫ってきた

2018.04.13 更新

おやつやおつまみの定番になっている米菓「柿の種」。その柿の種を大正期、最初に開発した浪花屋製菓が、新潟県長岡市にあります。こちらの本社では工場見学を行っており、製造工程を間近で見学でき、開発秘話などディープな柿の種トークが聞ける、ファン注目のスポット。早速レポートします!

▲焼きたての柿の種がザザザーッという音とともに大量に出来ていきます

新潟だけど「浪花屋」とはこれいかに?

米どころであり、お煎餅やあられなど全国の米菓の製造出荷額シェア半分以上を占めている新潟県(経済産業省「平成28年経済センサス」調べ)。「元祖 柿の種」は大正13(1924)年に長岡市で生まれました。
▲浪花屋「元祖 柿の種」の代名詞とも言える進物缶。浪花屋の柿の種はピーナッツが入っていないのがベーシックです

長岡市といえば、毎年8月に行われる「長岡花火」や、「米百俵」の逸話で知られる小林虎三郎が有名な、歴史と文化が根付いた街。そんな長岡市の中でも特に歴史情緒が溢れる摂田屋エリアに、柿の種の元祖「浪花屋製菓」はあります。上越新幹線の停車駅・JR長岡駅のお隣、宮内駅から車を走らせること約10分。風情ある建物が社屋です。
▲大正12(1923)年創業の浪花屋製菓は、昭和44(1969)年にこの地に移転。年季の入った看板が歴史を物語ります

そもそも新潟でありながら、「浪花(=大阪)屋」という社名が不思議なところ。その由来は、浪花屋製菓を創業した今井與三郎(よさぶろう)にあられの作り方を教えたのが大阪の人だったことからなんだそう。

それでは、早速お邪魔してみましょう!

柿の種は、製造に4日以上もかかる!?

新潟県内で柿の種を製造している企業は数あれども、工場見学を実施しているのは浪花屋製菓のみ。トータルで約1時間の内容で、4月~9月の火・水・木(祝日を除く)、午前10時~開催しています(要予約・無料)。

工場に入る前に、まずは会議室で浪花屋製菓の成り立ちや、柿の種を作る工程を15分ほどDVDで学びます。
▲約15分のDVD。長岡の歴史から浪花屋製菓の歴史、柿の種の作り方までぎゅっと詰まっています

すると、早速意外な事実が判明!
柿の種ならではの三日月の形は、なんと浪花屋の創業者今井氏の奥様が、小判型のあられの金型を踏んでしまってできた形なのだそう。その金型でつくったあられを見た人が「柿の種みたいだ」と言ったのが名前の由来。まさに「元祖」ならではのエピソードです。
▲踏んで歪んでしまった金型のレプリカ

「当時、あられやお煎餅はクッキーのように生地を金型で型抜きしていました。金型はとても高価なものだったので、それをそのまま生かそうということになったようです」と、話してくれたのは田村修さん。2018年で30年以上勤務しているベテラン社員です。
▲今回案内してくれた、寺野博志さん(左)と田村修さん(右)。「誕生秘話は、昭和44(1969)年5月発行の新潟県米加工業協同組合が編纂した『米菓の新潟県創業史』に残されています」とのこと

現在では金型は使わず、新潟産もしくは国産のもち米を粉状にしたあと餅にし、細長い棒状にして一度固めてからカットしています。

そして、製造工程の紹介で一番驚いたのは工程の長さ。一般的なサイズの柿の種は、仕込みから完成まで4日。大粒の柿の種になると6日もかかるそうです。あの一粒一粒に、そんなに時間がかかるなんて!
特に生地が均等に乾燥していないと、不恰好になったり割れたりする原因になってしまうので、工程に応じて細かく乾燥方法や使う器具が考えられているそう。

1日10tも製造する柿の種工場の内部へ!

それでは早速、柿の種を作っている工場へ!
衛生マスクと帽子、コートを着て準備万端です。
▲エアシャワーや粘着ローラーで埃を落とし、手もしっかり洗います

柿の種が出荷されるまでには全部で10工程ありますが、高温の設備もあるため安全面を考慮し、現在見学できるのは
・焼き上げ
・味付け
・包装
の工程になります。
▲一連の流れは、最初のDVDで学習済み

いよいよ工場内部へ!
ドアを開けて香ばしい香りが漂う製造エリアに入ると、すぐ手前の機械から、早速焼きあがったばかりの柿の種がどんどん出てきます。
▲こちらで生産している柿の種は、1日なんと約10tにもおよぶそう!

遠赤外線で香ばしく焼きあがった柿の種の生地を、早速試食。カリカリっとした食感とお米の香ばしさは感じますが、まだ味はしません(笑)。
▲もち米を粉にするとき、あえてきめ細かくしないことが、このカリッとした食感につながっているそう

大量の柿の種の“もと”に目を奪われていると、背後でザザーッと大きな音が。「いったい何が!?」と思い振り返ってみると、味付けをするための釜に大量の柿の種が投入された音でした。

投入された柿の種に、秘伝のタレ(醤油・みりん・唐辛子以外は秘密)がかけられ、機械でなじませますが、やはり人の手が加わらないと均等に味が絡まないそう。
ダイナミックに釜の中を回りながら、どんどん色づいていく大量の柿の種…壮観です!
しかも鼻先をくすぐる甘辛い香りがたまりません。
▲見ているだけでもかなりの力仕事だということがわかります

ちなみに、柿の種は大正時代に誕生していますが、当初は唐辛子ではなく、ハイカラな調味料として胡椒が使われていたとのこと。その後、コクの強いもち米との相性がよいことから、昭和初期には唐辛子を使った今のレシピに変更されました。

「今時の工場は4階~5階とか高さのある造りで、上から下に降りていきながら製品化されていくのが一般的だと思います。うちは古くからある工場で、横に流しながら作っていたため、すごく奥行きがあるんです」(田村さん)
たしかに、かなり奥まで進んだつもりでしたが、まだまだ先があるようでした。ものすごい奥行き!

味付けされた柿の種は、80度の熱風で50分ほど乾燥させたら、完成!
▲出来立ての柿の種。カリッカリでちょっと辛味の効いたしょっぱさに、手が止まりません

検品した柿の種は湿気ないように、すぐに袋詰めへ。そして最後の工程となる、浪花屋製菓こだわりの包装工程へと移っていきます。
▲検品は人の目でしっかりチェック

ラッピングに込められた老舗の思い

実はDVDでも大きく取り上げられていたのが、この「包装」の工程。ここに元祖ならではのこだわりが込められています。
▲果物の“柿の種”が登場する昔話「さるかに合戦」のイメージから包装紙はカニ柄

浪花屋の柿の種といえば、赤い包装紙がかかった「柿の種 進物缶」が代名詞。昭和36(1961)年の誕生以来包装紙は変わることなく、数ある柿の種の中でも一目で「浪花屋の柿の種」と分かるほどです。
▲新潟のお土産屋さんで目にする機会が多い進物缶(税込・540円~)

「包装は機械で毎分18缶仕上げていきます。人が包む5倍のスピードなので、手作業だった昔は大変だったでしょうね」と田村さん。
そうお話を伺いながらも、あっという間に包装された缶が機械からどんどん出てくる様子に思わず目を奪われます。
▲こんなにたくさん柿の種を見たのは初めて!

そして紐掛け。一般的にラッピングの紐の結びは1回が多いですが、浪花屋製菓はゆるまぬようていねいに二回結びます。しかもこの工程は必ず機械ではなく人が行います。
▲慣れた手つきであっという間に仕上げていきます

「お客様への感謝や、おいしく召し上がっていただきたいという想いを込める作業として、ここは必ず手作業です」(田村さん)
どんなに機械が便利でも、絶対に変えない伝統だそうです。そんなこだわりが込められていたなんて!ちょっと感激でした。

ここで、工場見学は終了。
普段何気なくカリカリと美味しく食べている柿の種に、こんなに手間や歴史、そして思いが詰まっていたなんて驚きの連続で、あっという間の1時間でした。特に柿の種の形の由来がまさか踏んでしまった金型だったなんて…新潟県民でも知る人は少ないはず。
是非、柿の種ファンの皆様、工場見学をしてみてください。全力でオススメです!

定番から変わり種まで、柿の種は食べ比べが楽しい!

工場見学の後には、特別にいろいろラインナップをご紹介いただきました。

これぞ、「元祖 柿の種」のご進物缶!
昔は柿の種がそのまま缶いっぱいに入っていたそうですが、現在は小分けになった柿の種が入っているので、いつでもカリッとした食感の柿の種を楽しむことができます。
▲缶のイラストも進物缶が登場した昭和36(1961)年当時のまま

そして最近の人気商品が、長岡市の人気ラーメン店「青島食堂」が監修した「長岡生姜醤油ラーメン味柿の種」。
実は新潟県は隠れたラーメン王国で、特にエリアごとで異なる特色があります。長岡市のご当地ラーメンは「生姜醤油ラーメン」。その元祖と柿の種の元祖がコラボした、新潟限定の商品です。
▲新潟県内でしか購入できない「長岡生姜醤油ラーメン味柿の種」(税込・540円)。浪花屋製菓や新潟を訪れた際はお土産にぜひ!

定番の変わり種としては、チョコがかかった柿の種「柿チョコ」シリーズ。
▲左からきなこ、カフェオレ、スイートチョコ、ホワイトチョコ味(各税込・270円)

2018年春にはアイスクリーム味やチーズクリーム味のチョコがかかった柿の種も発売されるそうですよ。どんな味になるのか楽しみですね!
▲工場見学の後に製品を購入できるスペースもあります。進物缶は税込で540円~

案内してくださった田村さんは、「創業者は、柿の種の名前も作り方も特許をとることはありませんでした。だからこそ、柿の種はこれほどまでに広く知られるようになったんだと思います」と、数あるお菓子の中でも柿の種がお茶の間に定着した理由を教えてくれました。
▲青い屋根が工場。長細い造りが特徴的

そもそもどうしてこの地で柿の種を作ろうとしたのでしょうか。
「最初は長岡市内の別の場所で製造していましたが、創業者である今井が摂田屋エリアにあった知人の倉庫で飲んだ井戸水のおいしさに惚れ込んで、工場を移転したんです。過去には水筒に持って帰る社員がいたくらい、ここの水はおいしいし、一度も枯れたことがありません。その水と新潟のお米、そして秘伝のタレが、浪花屋の柿の種のおいしさの秘密でしょうね」(田村さん)
浪花屋製菓がある摂田屋エリアは、江戸時代から続く醸造の街として知られ、有名な酒蔵もあります。柿の種の工場見学とともに、新潟ならではの食文化を楽しんで、近郊の温泉でのんびりプチ旅行なんていかがでしょう?
リフレッシュするひと時と、思わず誰かに話したくなる楽しい発見が待っていますよ!
丸山智子

丸山智子

ライター・コピーライター。新潟をもっと楽しくするWEBマガジン「にいがたレポ」参加ライター。東京の編集プロダクション、広告制作会社を経て2014年より新潟でフリーランスに。イベントの宣伝・広報、地方情報誌、住宅情報誌、会報誌等での執筆、広告の企画制作などの分野で活動中。関心分野は、和菓子・日本文化・舞台芸術。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP