嵐山モンキーパークいわたやま 京都市内を一望!絶景のサル山で、かわいいおサルさんたちと戯れよう!

2018.05.10 更新

京都市有数の観光スポット・嵐山にある「嵐山モンキーパークいわたやま」は、野生のおサルさんが暮らす姿が目の前で見られると評判のスポット。子育てシーズンの春は、かわいい赤ちゃんがいっぱいいるということで、さっそく訪れてみました!

山で暮らす野生のおサルさんたちに会いに行こう!

「嵐山モンキーパークいわたやま」は、標高160mの岩田山山頂にある休憩所周辺で、野生のおサルさんたちに出会えるスポット。現在約120頭ほどのニホンザルが暮らしています。野生のおサルさんを間近に見たり、安全にエサやりもできると評判で、近年は海外からの観光客もたくさん訪れています。
山頂へ向かう道は、渡月小橋(とげつこばし)の南側、「嵐峡めぐり」の船着き場がある川沿いにあります。写真は渡月小橋からの景色。左手には嵐山、正面の丸い山は百人一首にも詠まれた小倉山、その奥には愛宕山(あたごやま)がそびえています。
▲橋のたもとにある看板が目印。おサルのイラストがあるのでわかりやすいですね
▲山頂への道の入り口は櫟谷宗像(いちたにむなかた)神社の境内にあります
入口付近から見た渡月橋の景色。取材時(2018年3月30日)はちょうど桜が満開の時期で、美しい春の絶景が広がっていました。

神社の横には山頂への道のゲートと受付所があります。ここで入園料を払い、パンフレットを受け取れば、山頂の休憩所まで、約20分の山登りがスタートです!
入口からすぐの120段の階段を上がったら、あとはなだらかな上り坂が続いています。特に険しい道ではないので小学校低学年でも問題なく登ることができます。
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉…季節ごとに変わる美しい山の表情も楽しみのひとつ。すがすがしい空気の中、ハイキング気分で楽しく登ってください。
この看板が出てきたらゴールは目の前。チビッ子たちが大好きな遊具と運動広場があります。長い滑り台やターザンロープなどが人気です。下山の際は順路が異なるので、おサルさんたちに会う前にひと遊びするのもいいですね。
▲ロング滑り台。意外とスピード感があります
いよいよ山頂の休憩所に到着です。休憩所には管理事務所のほか、トイレや売店、屋内のエサやり場があります。広場や木々の上、池の周辺などで、自由におサルさんたちが暮らしています。
山頂では、目の前に京都一望の景色が広がります!こんな気持ちのいい場所で暮らしてるなんで、なんだかおサルさんたちがうらやましい気がしますね。
今回お話を聞いた飼育係の玉田さん。普段は、おサルさんへのエサやりのほか、修学旅行の子ども達や観光客へおサルさんの習性などを解説しているそうです。
「このおサルさんの名前は何ていうでしょう?」

さっそく玉田さんからクイズです。
う~ん、なんでしょう、ベタにモン吉とかモンちゃんとか?

「残念!このおサルさんの名前は、ミノっていいます。でも本当は長い正式名称があって、ミノ63-75-92っていうんです!」

長っ!そして数字?!話を聞いていた子ども達もびっくりです。
▲こちらのおサルさんの名前はミノ63-69-74-83-92。さらに長い!

いわたやまのおサルさんたちの名付け方にはルールがあるんだそう。1957(昭和32)年の開園当時に名前をつけられたおサルさんたちが初代で、以降はその名前の後に生まれた年の西暦下2ケタを足していく、というルールです。
「ミノ63-75-92」の場合、1963年生まれの初代ミノの子が、1975年に子どもを産み、その子がまた1992年に生んだ子ども、ということになります。つまりひ孫ですね。

写真の「ミノ63-69-74-83-92」にいたっては、なんと玄孫(やしゃご)の子になるわけです。5世代にもわたって名前が受け継がれるなんてなかなかスゴイですよね!ちなみにおサルさんの平均寿命は30年ほど。人間の半分弱ぐらいだそうです。
では、ここからは筆者からのクイズ!

写真のおサルさんは、いまどんな気持ちでしょうか?
怖がっている?喜んでいる?どんな顔に見えますか?

正解は…「怒っている」でした!
上の歯を隠して口を開けている表情は、威嚇の意味があります。目を真正面から見つめたり、近づきすぎるとこのような表情で威嚇してきます。なので、実際におサルさんを観察するときは2m以上離れるのがベターだそうです。
続いて第2問!

この写真のおサルさんは、オスでしょかメスでしょうか?
これは…何となく分かりそうですね。

正解は…「メス」でした!
見分け方のポイントは2つあって、写真のように乳首が伸びているものは、子育てを経験した母ザルなのでメスです。もう一つのポイントはお尻。睾丸がぶら下がっているのがオス、股がキュッと切れ上がっているのがメスだそうです。
では最後の問題!

このおサルさんたちは、何をしてるところでしょうか?
…これは簡単すぎましたかね。

正解は「毛づくろい(グルーミング)」でした。写真のおサルさんたちは親子で、子供が母親の毛づくろいをしているところです。おサルさん同士のコミュニケーションのひとつで、オスメス、親子分け隔てなく行われる行為です。この日も園内の色々な場所で毛づくろいをしあうおサルさんたちを見ることができました。

ただ眺めるよりも、色々と生態を学びながら観察する方がよりおサルさんの事を好きになった気がします。興味があることはぜひ園内にいる飼育係さんに聞いてみてください!

休憩所内のエサやり場で、手渡しでエサやりタイム!

▲休憩所のエサやり場の様子

いよいよお待ちかね、間近でおサルさんたちにエサをあげるエサやりタイム!
休憩所内で販売しているのエサ(1袋税込100円)を金網越しに手渡しであげることができます。
エサを持って金網に寄って行くと、どこからともなくおサルさんたちが集まってきます。
そういえば、このおサルさんたちは野生ですが、なぜこの山の周辺にずっといるんでしょうか?
正解は「エサが常にあるから」なんです。おサルさんの習性として、エサがある場所に住み着き、エサが無くなると移動するというものがあります。この休憩所の周辺には常にエサがある(休憩所でのエサやりのほか、飼育員さんによるエサやりタイムもある)とおサルさんたちはわかっているため、ここを住処にしているというわけなんです。
▲外側からみたエサやり場。われ先にとエサを求めて集まったおサルさんたち
休憩所内では、飼育係のみなさんがエサづくり。この日はバナナやピーナッツ、リンゴなどのエサがありました。一番人気のエサはやっぱりバナナだそうです。
エサは、手のひらの上に乗せたものを、おサルさんたちが持っていく感じです。一瞬で持っていくのでちょっとびっくりしますが、小さい手や指のしわも見られてとっても興味深いです。
▲好物のバナナをヒョイ!
器用に皮を指と歯を使ってむいて食べています。この距離なら表情までしっかり見ることができますね!
金網越しとはいえ、こんなに近くでおサルさんを見る機会もなかなかないです。玉田さんいわく、外国のお客さんが多いのはこの距離の近さがポイントになっているんだとか。
ちなみにエサの持ち込みや、エサやり場以外でのエサやりはNG。売店で販売しているエサを買って、エサやり場の中からおサルさんたちにエサをあげてくださいね。

春から夏は子育ての季節!カワイイ赤ちゃんザルに会えるかも

毎年4月から7月頃にかけて、出産ラッシュが始まります。この時期には、山中で生まれた赤ちゃんをお腹に抱えたお母さんザルの姿を見ることができるかもしれません。
写真は生まれたての赤ちゃんザル。親ザルよりも毛の色が黒いです。つぶらな瞳がめちゃめちゃカワイイですね!
取材時は残念ながら生まれたてのベビーの姿は見られませんでしたが、昨年生まれたと子ザルたちは元気に大きくなっていました!お母さんザルの周りで兄弟(姉妹?)がチョロチョロ走り回ったりエサを食べたりして、とってもかわいかったです!
▲桜の花や葉っぱを食べる子ザル。木の上をぴょんぴょん飛び回ります
いかがでしたか?
野生のおサルさんたちと間近で戯れられる、全国でも珍しいスタイルのモンキーパーク。おサルさんたちといっぱい遊んだら、京都市内を一望できる絶景も楽しんで。天気がいい日には京都タワーもみることができるので、ぜひ探してみてください!

【嵐山モンキーパーク いわたやまへのアクセス例】
阪急嵐山線・嵐山駅より登山口まで徒歩約5分、京福電鉄・嵐山駅より登山口まで徒歩約10分。登山口から山頂まで徒歩約20分
妙加谷 修久

妙加谷 修久

京都市在住の旅行系ライター兼ディレクター。全国各地に足を運び、旨いモノを食べ、温泉に浸かる日々。ここ京都を中心に、知っているようで知らない「日本のイイトコロ」を紹介します。日本酒好きが高じて利き酒師の資格を取得しました。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

今おすすめのテーマ

PAGE TOP