関西エリアでおすすめイチゴ狩りスポット5選!

2018.03.16 更新

イチゴ狩りのシーズン真っ盛り。今年はもう楽しみましたか?ここ最近、イチゴ狩り人気もあって、新しい品種や希少なものを栽培していたり、独自のサービスや先進の設備を導入していたりなど個性的な農園が増えています!今回は5~6月まで楽しめる関西エリアのイチゴ狩りスポットをご紹介。今からでもまだまだ間に合いますよ!

※予約状況により枠が埋まる可能性があります。予めご了承ください。

【奈良県】子供と遊べる施設も充実。バーベキューも楽しめる観光農園

最初にご紹介するのは奈良県五條市にある「あだみね高原ファーム」です。イチゴやしいたけ・きくらげなどを栽培する農園のほか、アスレチックやフットサル場、バーベキュー施設までを完備。家族やグループで1日中楽しめるレジャー施設です。
▲栽培している品種は甘くて大粒な「章姫(あきひめ)」。ハウス内の通路は広めでベビーカーや車椅子の入場も可能

いろいろと楽しめる「あだみね高原ファーム」ですが、この時期の一番人気はやはりイチゴ狩り。こちらでは食べ放題の時間制限が50分間!写真を撮りながらでも、子供に気を配りながらでも、しっかりイチゴを堪能できますよ。
イチゴでお腹いっぱいになった後は、アスレチックやフットサルを楽しんだり、喫茶室でゆっくりしたり、思いおもいに時間を過ごすことができます。
なお、バーベキュー施設は予約制です。最低限の道具はレンタルできるので、食材を持ち込むだけでOK。
せっかくならイチゴ狩りとあわせていろいろ楽しんじゃいましょう。

開催期間:1月~5月

【兵庫県】例年6月ごろまで楽しめる!大粒でジューシーなイチゴに大満足

中国自動車道・神戸三田(さんだ)ICから約15分。兵庫県三田市にある「原田いちごファーム」は木~日曜と祝日のみの完全予約制イチゴ狩り農園です。約1,700平方メートルもの大きなビニールハウスで人気の品種「紅ほっぺ」が味わえます。
▲手のひらと比べると粒の大きさは一目瞭然。大粒でしっかりと甘いのがうれしい

紅ほっぺは甘味と酸味のバランスが良く、イチゴの深い味わいが楽しめる品種です。何より粒が大きいことが特徴。一粒で口いっぱいになるサイズなので満足感がハンパじゃないです!
▲完全予約制で最大受入人数はなんと200名というキャパシティ

こちらは高設栽培なので立ったまま楽しめるだけでなく、ハウス内は足元にシートが敷かれておりクリーンな環境。イチゴを摘むのにハサミを使うので手も汚れる心配がありません。
イチゴ狩りは30分食べ放題。例年6月ごろまで楽しめます。摘み取ったイチゴを量り売りで持ち帰ることもできるので、おみやげにも最適ですね。

開催期間:12月中旬~6月初旬

【兵庫県】バーベキューとセットで楽しめるイチゴ狩り!おなかも大満足

続いても兵庫県三田市から。「さんだバーベキューガーデンズ 花山観光園」は豊かな自然に囲まれたバーベキューレストランとして人気。この時期はイチゴ狩りとセットになった完全予約制のプランがおすすめです。
▲ウッドデッキスタイルのおしゃれなレストランでバーベキューができる

このプランでは、約1時間バーベキューを堪能した後に、近隣の契約農園にてイチゴ狩りを楽しめます(到着時刻により前後する場合あり)。
イチゴ農園への移動は徒歩かマイカーで。農園の受け入れ状況にもよりますが、予約にはマイカー必須となるのでご注意を。
イチゴ狩りは30分間食べ放題。高設栽培のハウス内で果実の赤色が濃い「さちのか」や、ジューシーで程よい甘さの「アスカルビー」、「紅ほっぺ」など、摘みたてのイチゴを食べられます。さっぱりしたイチゴが、バーベキューの後のデザートとしてピッタリ。グループでのドライブやファミリーの行楽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

開催期間:12月中旬~6月中旬

【兵庫県】特徴ある4品種を栽培!2品種以上の食べ比べが可能

次にご紹介するのは兵庫県三木市にある「たにい農園」。中国自動車道・神戸三田ICから車で10分程度とアクセス抜群です。
こちらでは「章姫」「かなみひめ」「かおり野」「あまクイーン」の4品種を栽培しています。
▲道路を挟んだ両側のハウスで2品種ずつ栽培。最低でも2品種以上を食べ比べることができる

「章姫」は、果実が大粒で柔らかいのが特徴。酸味が少なく甘さを感じやすい品種です。「かなみひめ」は章姫に似てジューシーで爽やかな甘さが特徴。「かおり野」はその名の通り香りの良さが魅力的。甘酸っぱい味とともに強い香りが口いっぱいに広がります。「あまクイーン」は兵庫県限定の品種で、糖度が高く果実が柔らかいイチゴです。
それぞれの品種によって個性があり、食べ比べて違いを楽しめるのもここならではの醍醐味の一つ。
こちらの農園のイチゴ狩りは30分食べ放題。あなたはどの品種を味わってみたいですか?

開催期間:1月中旬~6月頃

【兵庫県】幻のイチゴを求めて!現地集合で参加しやすいイチゴ狩りツアー

神戸市北区にある二郎(にろう)地区はイチゴの名産地。有馬街道(県道15号)沿いに11軒ものイチゴ農園が立ち並びます。
この地区で栽培されるイチゴは「二郎イチゴ」と呼ばれており、土壌や気候の関係で、実がとても柔らかいのが特徴。そのため滅多に市場には出荷されないそうで、イチゴ通の間で“幻のイチゴ”と話題になっています。
▲栽培している品種は「章姫」などよく知られた品種。しかし二郎イチゴは同じ品種でも全く違うもののようだとか

「UraUraTour」では、5月までの毎週日曜に、二郎イチゴのイチゴ狩りツアーを開催しています。
神戸電鉄・二郎駅で集合・解散なので、ツアーと言っても気軽に参加できるのがおすすめポイント。イチゴ狩りは30~45分(時期による)の食べ放題で、参加特典として二郎イチゴで作ったジャムパンのプレゼントも。周辺には直売所もあるので、おみやげにも困りません。
産地でしか手に入らない幻のイチゴ。イチゴ好きなら一度は味わってみたいですよね?

開催期間:2018年2月1日~5月27日の毎週日曜
イチゴ狩りで摘んだイチゴは、完熟前に出荷されているスーパーのイチゴと比べて、とてもジューシーなことに驚かされます。イチゴ本来のおいしさは産地でこそ味わえるものなんですね。今回ご紹介したイチゴ狩り体験は、すべてネット予約が可能です。春の行楽シーズンはもうすぐそこ。ゴールデンウィークの旅行やドライブデートの計画に入れてみてはいかがでしょうか。

※予約状況により枠が埋まる可能性があります。予めご了承ください。
オフィスCLICK

オフィスCLICK

旅行、遊び、グルメ、おケイコ・習いごと、住まい・暮らし、就職・転職etc. ライフスタイルにまつわるアレコレな記事&広告を手掛けるクリエイティブプロダクションです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP