【東京・猫カフェ】モフモフし放題!絵本の世界のような「てまりのおうち」

2018.06.02 更新

吉祥寺に、愛くるしい猫たちと超メルヘンな空間で、時間制限なく触れ合うことのできる猫カフェがあるのをご存知ですか?その名も「てまりのおうち」。スイーツやフードも充実していて、カフェとしても楽しめるとのこと。そこで猫&カフェ好きを代表して、わたくしライターのいちじく舞が潜入して来ました!

延長料金ナシ!思う存分、猫に癒されたい人のための「CatCafe てまりのおうち」

ショッピングからグルメまで注目のお店が集う街、吉祥寺にある猫カフェ「CatCafe てまりのおうち」(以下、てまりのおうち)。猫好きの間でうわさのこのお店は、JR吉祥寺駅の北口を出て徒歩5分ほどのビルの3階にあるとのこと。一体どんな場所なのでしょうか?期待に胸を膨らませ向かいます!
▲ビルの1階に置かれた「てまりのおうち」の看板。ふちにあしらわれている、かわいい猫たちの写真が印象的です

入場料は平日1,200円、土・日・祝日1,600円、19:00以降は700円(すべて税別)。「てまりのおうち」の特徴は、時間制限や延長料金が発生しないというところ。ゆっくり猫たちと時間を過ごしたい方におすすめの猫カフェなんです。
階段を上って3階に到着すると、まるで、おとぎ話に出てきそうな入り口が登場!ドアの向こうにはどんな世界が広がっているのでしょうか?
入り口前で猫の足跡を発見。その足跡を追って店内に入って行きましょう!
店内に入り、まず目に飛び込んできたのが壁にズラリと貼り付けられた在籍猫たちの選挙ポスター。在籍にしている猫たちは常時20匹以上。猫たちの体調に合わせて、カフェスペースで触れ合える猫は入れ替わるようです。

さらに「てまりのおうち」ではお客さんの投票を募り、総選挙を不定期で行っているのだとか。ここで、どの猫と触れ合いたいか目星をつけておくのも良いかもしれませんね。

猫たちと触れ合う上での注意・禁止事項って?

受付で入場料を支払ったら、手をアルコール消毒。そして注意事項の説明を受けます。猫たちと触れ合う上で、禁止されていることは4つ。

【禁止事項】
1. 猫を持ち上げて抱っこをすること
2. フラッシュを使って撮影をすること
3. お客さんに提供されているフードメニューを与えること
4. 使用済みのおもちゃを持ち込むこと

なお、未使用のおもちゃはスタッフの確認の上、持ち込みが許可されています。
準備が整ったら、猫の足跡型の窓がキュートな扉を開いて、猫たちのいるスペースに移動していきましょう!

メルヘンな世界観にうっとり、広々スペースで猫とのんびり

扉を開くと、そこには異空間にトリップしたようなメルヘンな世界が広がっています!猫たちと触れ合える、広々としたカフェスペースは60席を完備。天井が高く、猫たちが自由気ままに過ごせそうな空間です。カフェスペースの真ん中には、半個室のツリーハウスが。
ツリーハウスの中はこんな感じ。聞けば、1カ月ほど前から予約で埋まる日もある人気の席なんだとか。ツリーハウスの中でゆったりと猫と触れ合いたい人は、なるべく早めに予約しておいたほうが良さそうです。しばらく、のんびりとしていると…

いちじく「ああああ!」
ツリーハウスの壁の穴から、アメリカンショートヘアのかえでちゃんが遊びに来てくれました!残念ながら、その直後に私の興奮具合に驚いたのかすぐさま去って行っちゃいました。

いちじく「またすぐ会えるよね…」
ツリーハウスの壁面には、隠れ猫ならぬ猫型の石が埋め込まれています。この隠れ猫は全5匹。全匹発見できたら幸せが訪れるかも…とのことで血眼になって探しました。意外にも5匹すべて探すのは結構難しいので、ぜひチャレンジしてみてください!
他にも、猫の足跡をかたどった窓枠が設けられた小部屋や、壁に取り付けられた猫用の階段など、猫カフェならではのあしらいがそこかしこに見受けられます。なんだか、カフェスペース全体が大きなキャットタワーのようですね。
運が良ければ、このように階段を上がって窓際でじゃれ合っている猫を見ることもできます。ああ、混ざりたい。店内にはフォトスポットが盛り沢山なので、フォトジェニックな写真がもれなく撮影できるのも嬉しいポイントです。

猫と仲良くなれるコツをスタッフさんに教えてもらった!

では、いよいよ猫たちと触れ合っていきましょう。猫たちと積極的に仲良くなれる裏技ってあるのでしょうか?スタッフの志村さんに伺ってみました。
【猫が来てくれるのを待つ】
志村さん「人に慣れている猫は自ら机の下に潜り込んだり、膝の上に乗って来たりすることがあります。追わずに、来てくれるのを待つこともひとつの手ですね」
【顔や首回り、尻尾の付け根を撫でる】
志村さん「猫は、顔や首回り、尻尾の付け根を撫でられることを好みます。ただ、猫によっては撫でられるのが苦手な子もいるので撫でてみて様子をうかがってくださいね」
【備え付けのおもちゃで遊ぶ】
志村さん「フロアに置かれている猫用のおもちゃで猫の気を引きながら、遊んであげると仲良くなれるかもしれません」
【猫用の餌をあげる】
志村さん「当店では、猫たちが大好きな鶏のささみ(320円・税別)をご用意しています。鶏のささみを与えて良いのは首輪をしていない子です。首輪をしている猫は子猫やダイエット中の子なので、鶏のささみは与えないようにお願いしています」
志村さん「ちなみに、鶏のささみを与える際は、手のひらに乗せて口元に持って行ってあげてください。猫たちは食いしん坊なので、鶏のささみをつまんで与えるとパクリと指をかまれてしまう可能性がありますよ」
スタッフさんのアドバイスを受け、猫たちと触れ合った結果、気まぐれな猫たちがなんとか振り向いてくれるように!
▲出会い頭ですぐ去られてしまったかえでちゃんも、こんなに至近距離まで近づけるようになりました

おもちゃ好きな猫、撫でられるのが好きな猫、食いしん坊な猫…など、その猫の個性を理解した上で接することが重要なようです!

イキイキした猫たちの姿を見られる!毎日開催のわくわくイベント

「てまりのおうち」では毎日数回、趣向を凝らしたさまざまなイベントを不定期で開催しています。イベント中の元気にはしゃぐ猫たちの姿は必見。
『おやつ争奪戦』が始まりました!フロアにフードタワーが置かれると、ぞろぞろと集まってくる猫たち。上から転がり落ちるおやつを逃すまいと必死に見つめる眼差しが愛おしい。
猫たちはフードタワーに空いた穴から一生懸命に手を突っ込んでおやつを狙います。かと思えば、関心が他に移り早々に立ち去る猫も。この気ままな感じが猫の魅力ですよね。
少し経つと今度は猫の『運動会』が始まりました!スタッフがぶら下げたおもちゃに必死に食らいつく様子がかわいすぎる。筒状のキャットハウスに入っているのは「てまりのおうち」のアイドル、スコティッシュフォールドのけまりちゃんです。
けまりちゃん「にゃっ」
けまりちゃん「にゃあ」

いちじく「にゃあああああああああああああああ!!!」

気付いたら猫たちのあまりのかわいさに私も身悶えしていました(笑)。無邪気に遊ぶ猫たちをただただ見ているだけで、荒んだ心がみるみる浄化されていくような気になりますね。
そして、この日は2016年の猫総選挙で1位に輝いた、マンチカンのもっぷくんの誕生日がツリーハウスの前で行われました。羊の帽子を被っておしゃれをしたもっぷくんを囲って誕生日を拍手でお祝い。それぞれの猫たちの誕生日は、その日来店したお客さんたちとお祝いするんだそう。
ちなみにもっぷくんの全貌はこんな感じ(右側)。毛並みが長く、その名の通りモップのような出で立ちです。短めの足で、よちよちと歩く様子に悶絶必須。もっぷくんとカフェで出合えたら、ぜひその愛おしい姿を現場で目撃あれ。

専門店クオリティのフードandドリンクメニューにも注目

素材選びから調理の工程まで、カフェメニューにも力を入れているという「てまりのおうち」。注文は案内されたカフェスペースの席から行えます。今回は、数あるメニューの中でも人気の高いメニューをいただいてきました!
猫の刻印が施されている「自家製スコーン(2個)」(520円・税別)は、粉から厨房で作り焼き上げている本格派。頬張ると外はカリッと中はしっとりとした食感が味わえます。カフェで提供されているような、クラシックなスコーンを感じさせるクオリティに感動。
スコーンと一緒に注文したい「ふわふわカフェラテ」(480円・税別)。猫の足跡型のラテアートは猫カフェのメニューならではですね。
紙のカップはオリジナルブランド「とことこサーカス」製で、猫のかわいいイラストが描かれています。ちなみにこのカップは他にも種類が展開されているとのこと。毎回カップに描かれている絵柄を見るのも楽しみのひとつになりそう。
スイーツメニューでは、甘酸っぱいベリーとマシュマロの食感が堪能できる「赤い果実のちっちゃなパフェ」(520円・税別)なども人気。がっつりお食事を楽しみたい人には「目玉焼きのっけキーマカレー」(750円・税別)などもおすすめです。猫に癒されながら食事を楽しめるのは「てまりのおうち」ならではですね。

シャッターが止まらない!かわいい猫たちを激写!

猫カフェの醍醐味のひとつは、やっぱりかわいい猫たちの姿を写真に収めること。猫たちと触れ合いを楽しみながら、シャッターチャンスを狙います!
フロアでじっと佇んでいたのはペルシャチンチラのバルーンくん。すかさず隣に滑り込み、一緒に自撮りを試みました!
スマホで撮影後、加工した画像がこちら。バルーンくんがあさっての方向を見ていますが、見事2ショット自撮りに成功。バルーンくんのビー玉のように綺麗な瞳が美しい!
こちらは、先ほどツリーハウスを訪ねてくれた、アメリカンショートヘアのかえでちゃん。ハットを被っておめかしをしています。かえでちゃんはこの木製のボックスがお気に入りのよう。
隙まみれの姿で、すっかり夢の中にいるのはミックス猫のつくしくん。肉球を放り出して寝っ転がっている様子が無防備でかわいすぎる!ああ、食べちゃいたい。
こちらも、リラックス体勢に入っているノルウェージャンフォレストキャットのフィガロくん。野性の本能を忘れ、安心しきっている様子。この艶っぽい瞳にイチコロです。
真っ黒い毛並みが柔らかいエキゾチックロングヘアーのしめじくん。しめじくんは顔のパーツが毛に覆われて、目が迷子になってしまいます。

気付けば、猫のかわいい瞬間を逃すまいと常にカメラを構えていました。ここに来たら、スマホやカメラのデータフォルダが必ず猫まみれになるはずです。さらに後日写真を見返すと「てまりのおうち」で猫たちと触れ合った記憶が鮮明に蘇り、再度幸せな気持ちに浸れますよ!

中毒性高し!またすぐ行きたくなる「CatCafe てまりのおうち」

本来1時間ほどの取材予定でしたが、入店してからあっという間に2時間の時間が過ぎていた「てまりのおうち」。猫カフェに足しげく通う人の気持ちを痛感する日となりました。奔放な猫たちの姿を見て、実際に今回紹介した猫たちに会いにいきたいと思った人も少なくないのではないでしょうか?

ちなみに、スムーズに店内に入れるのは13:00~16:00以外の時間帯だそう。ただし、誕生日イベントの開催日は混雑が予想されるので、お店の公式HPで事前にチェックしてから来店するのが良さそうです。
また、受付横ではオリジナルブランド「とことこサーカス」のグッズ販売も行われています。なんとこちらのグッズは「てまりのおうち」の在籍猫たちがモデルになっているとのこと。推し猫のアイテムはぜひ買って帰りたいですね。

本格カフェメニューに舌鼓を打ちながら、自由気ままな猫たちとゆったり過ごせる
「CatCafe てまりのおうち」に、たくさんの猫たちとモフモフタイムを過ごしに来てください!
いちじく舞

いちじく舞

1990年生まれのフリーライター。地下アイドル・銀座のホステス・丸の内OLなど散らかった経歴を経て、現在はライターとして雑誌やWEB上で執筆を行う。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP