イカ王国・佐渡ならでは!鮮度抜群のイカしたグルメを味わおう!

2018.09.21 更新

海の幸も山の幸も豊富な佐渡島!なかでも特産品のひとつであるイカは、季節ごとに異なる種類が獲れ、絶好の漁場でもあるのです。特産品であるならば、産地ならではの食べ方があるはず。旬のイカを産地ではどんな料理で提供しているのか、佐渡のイカグルメを堪能しに、さぁ出発です!

佐渡は四季ごとに美味しいイカが獲れる「イカ王国」

新潟からフェリーで約2時間半、「S」の字に似た形をしている佐渡島。日本では北海道、四国、九州、沖縄本島を除いて一番大きい島です。
対馬暖流とリマン寒流が交差するため豊富な漁場を形成しており、なかでもイカは島を代表する特産品の一つになっています。夏はマイカ(スルメイカ)、秋はスミイカ、冬から春にかけてはヤリイカと、四季折々のイカが水揚げされています。
▲夏のマイカは体長約45cm!

島内を巡っていると、いたるところにイカネタを発見!マンホールの蓋がイカの柄であったり、道端で一夜干しを作っているシーンを見かけたりと、名産の島らしい光景をあちこちに見ることができます。
▲イカが描かれている街中のマンホールの蓋
▲港のそばで見かけたイカの一夜干しの光景
▲イカの加工品も種類が豊富で、おみやげに人気

それでは早速、佐渡のイカの美味しさに出合いに、行ってみましょう!

イカを余すところなく食べ尽くす漁師料理「ゴロ焼き」

まずは、両津港から1時間ほど車を走らせ、相川エリアの商店街に暖簾を構える居酒屋「板前の店 竹屋」へ。
▲相川は、ここ!佐渡金山とともに発展した歴史のある街です
▲「板前の店 竹屋」は3回移転し、1970年代に現在の場所に落ち着いた

ご主人の石見光男(いわみみつお)さんは佐渡で最初の国際観光ホテルで板前の修業を積み、1975(昭和50)年に独立した大ベテランの料理人!以来、約40年にわたり奥様と一緒に、地元の人や観光客で賑わう居酒屋を営んでいます。
▲店主の石見さんは、若い頃にマグロの遠洋漁業に出ていたこともあるそう

まずは、シンプルにお刺身で佐渡のイカの実力を確かめるとしましょう。
▲「お刺身定食」(1,700円・税別)で提供されたお刺身。イカをはじめ、その日に獲れた旬の魚貝が並ぶ。漁師兼板前の息子さんが獲ってきた魚貝が出ることも

今回は特別にお刺身定食で提供されるお刺身をご用意いただきましたが、イカのお刺身を竹屋で味わうなら、「刺身の盛り合わせ」(値段はその日の入荷内容によって決まる)でも楽しめます。
▲注文が入ってからさばいたイカの刺身。つやつや!

夏に獲れるマイカは、軟らかく濃い甘みが特徴です。いざひと口頬張ると…甘みが噛むごとに口いっぱいに広がり、お醤油がいらないと思うほど、イカそのものの味が濃い!
鮮度がいいので臭みも全くなく、みずみずしさとしっかりとした弾力で、十分な食べ応えがあります。

続いては、竹屋ならではのイカ料理、イカを一匹丸ごと使った「ゴロ焼き」をオーダーしてみましょう。
▲火にかける前の「ゴロ焼き」(2人前2,200円・税別)

「ゴロ」は「わた」という意味で、もともとは漁師料理。船の上で漁師たちがアルミ箔にイカとバターを包んで、さらにイカのワタも入れて蒸し焼きにしたものだそう。
それを、石見さんがお店で出すために独自にアレンジして、1978(昭和53)年頃から提供している名物料理です。

バターを入れた鍋に切ったイカの身や野菜、そして一度炒めた“ゴロ”を練り込んだ味噌を一緒に入れて蒸し焼きにします。
▲湯気とともにたちのぼる香ばしい香りに、思わず顔を近づけてしまいました
▲イカの他に入る野菜は季節によって変わる。セロリも合うそう

イカは胴も耳もゲソも余すことなく入っていて、火を通すことで旨みが凝縮して、甘い!水は加えずにイカと野菜の水分だけで蒸すので、出てくる汁にも旨みがたっぷりしみ出ています。

ゴロ焼きは竹屋の名物として、そして佐渡の名物として取り上げられることも多く、年々注文が増え、リピーターになる観光客も多いそう。
取材日も、ゴロ焼き目当てに東京から訪れた若いお客さんがいらっしゃいました。

目指せ世界遺産!黄金色に輝く佐渡の新名物

そして近年新たに竹屋から誕生したイカ料理が、ランチ限定の「イカの黄金丼(こがねどん)」です。
佐渡金山の世界遺産認定を目指す取り組みの一環で、2016年に金山をイメージして石見さんが創作した丼は、その名の通りまさに黄金色!
▲「イカの黄金丼」(800円・税別)

佐渡産のお米を炊いたごはんにのったたっぷりの玉子の中には、イカのすり身を蒸したものと彩り鮮やかな野菜が隠れています。
▲半熟状の玉子のぷるぷる感が絶妙!

ほのかな甘みが広がるイカのすり身は、味わいの良さはもちろんのこと、ふわふわの食感に一目惚れならぬ“一口惚れ”。イカと一緒に擦られた山芋が、ふわふわの秘密だそうです。また玉ねぎのシャキシャキ感が、良い食感のアクセントになっています。

竹屋では調味料も佐渡産のものにこだわっており、もちろんお酒も佐渡の酒蔵のものがズラリ。ゴロ焼きは日本酒がぴったりの味付けだったので、ぜひ一緒に味わってみてください。

竹屋へ来たら、是非立ち寄りたいお勧めの観光スポットが、日本最大の金銀山「佐渡金山」と、かつて東洋一と言われた金銀抽出施設跡「北沢浮遊選鉱場跡」です。どちらも車で10分以内なので、美味しいイカ料理に舌鼓を打ったら、そのまま観光も気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。
▲「北沢浮遊選鉱場跡」は入場料なしで自由に入れる観光スポット(建物内は立ち入り禁止)。近くには佐渡の工芸を体験できる施設も

佐渡ならではのイカ×海藻のヘルシー丼

佐渡の美味しいイカ料理を探しに、さらに島を巡ってみましょう。
気になるイカ料理を発見したのは、両津港から徒歩でも行ける距離にある「ふるまい屋ながも」です。
▲両津は佐渡の玄関口で、経済と交通の中心地
▲店の真裏に道路を挟んで海が広がる「ふるまい屋ながも」
▲店内は「海賊」がテーマの個室や広々とした座敷席、一人客も過ごしやすいカウンターなど、約60席

店主である祝(ほうり)孝之さんは、朝は現役の漁師として海に出て、夜は獲れたての魚をお店で提供しています。
▲店主の祝さん。この日も朝4時に起きて漁に出ていたそう

居酒屋メニューや海鮮など通常メニューの他に、いけすに入った獲れたての魚を好みの調理方法で料理してもらうこともできます。

こちらではイカに佐渡の特産品を掛け合わせたアイディア料理をいただきたいと思います。
それがこちら、「イカながも丼」です!
▲「イカながも丼」(800円・税込)

「ながも」とは佐渡で獲れる海藻の一種。長いものだと15~20mもあるそう!
ふるまい屋ながもでは、実際に祝さんが獲ってきたながもを、茎から可食部を切り出して叩きます。この叩きにより独特の粘りが出て、イカと絡み合うトロッとした食感が生まれます。そこに出汁醤油とわさびを加えたら、豪快にご飯の上に盛り付けて、さらにイカを乗せて完成です!
▲よく混ぜて食べるのがコツ

「うちは基本大盛りだよ」と言われた通り、目の前に登場したのは、まさに2人前くらいありそうなイカながも丼!シェアしながら食べるお客さんもいるそうです。
▲かき込むようにして食べるのがお勧めということで、思いっきり豪快に食べさせていただきました!

磯の香りを楽しんでから口に運ぶと、イカの弾力とながものシャキシャキ感、ダブルの食感にまず驚き!出汁醤油とわさびが少し抑えめで効いているので、イカの甘みもしっかり味わうことができます。しかも大葉が香り高くとってもいい仕事をしている!
▲ながもは、海藻に含まれる「フコイダン」という血行の循環などに働きかける栄養もたっぷりなので、ヘルシーさも嬉しいポイント

セットのお味噌汁のわかめも、祝さんが海で獲ってきたもの。食材を実際に海で獲ってきた人が作る料理が食べられるって、産地ならではの贅沢ですよね。

最初は食べきれるかちょっと心配なボリュームでしたが、食欲をそそる味付けと食感に、あっさり完食してしまいました。
新鮮なイカの弾力や甘みを、たっぷりと体感した大満足の佐渡旅。この“イカ”した美味しさは、すぐそばでおいしいイカが獲れる場所ならではの特権ですね。うーん、この味に合いにまた佐渡に来たいっ!夏以外のシーズンのイカのお味も気になるところです。

他にも佐渡には、イカソーメンやイカの姿焼きを味わえる旅館やお店、さらにはイカの塩辛を作る体験施設もあるので、ぜひここでしか食べられない、体験できないイカ料理を楽しみに、佐渡への旅を計画してみては“イカ”がでしょうか?
丸山智子

丸山智子

ライター・コピーライター。新潟をもっと楽しくするWEBマガジン「にいがたレポ」参加ライター。東京の編集プロダクション、広告制作会社を経て2014年より新潟でフリーランスに。イベントの宣伝・広報、地方情報誌、住宅情報誌、会報誌等での執筆、広告の企画制作などの分野で活動中。関心分野は、和菓子・日本文化・舞台芸術。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP