鎌倉の女子旅フルコース!神社仏閣からグルメまで、おすすめの観光情報まとめ

2018.05.30

海と山に囲まれ、歴史ロマンも感じられる鎌倉は関東でも指折りの人気観光地。神社やお寺巡りだけでなく、ショッピングや食べ歩き、四季を彩る花々と、見逃せないスポットがいっぱいです。女子だけで楽しみたい旅先としてピッタリ。もちろん絶品スイーツも紹介しますよ!さあ大満足の鎌倉の旅に出かけましょう!

着物をレンタルして周りの視線を集めてみませんか?

せっかくの鎌倉旅。ひときわ思い出深いものにするために、まずは着物姿でちょっとだけ目立っちゃいませんか?

JR鎌倉駅から徒歩で約2分の「きものレンタル都」へ。カジュアル着物からフォーマルな訪問着まで幅広いラインナップで女子旅を演出してくれるんです。
かわいいレトロ柄やデザイン柄、落ち着いたシックな柄などバリエーション豊富。きっと好みの一着が見つかるはずです。仲間同士で色柄をコーデしたり、なんていうのも楽しい!
草履、巾着、髪飾りなど必要なアイテムは全て揃うので手ぶらでOK!しかもヘアセットまで付いているので、普段着で訪れても素敵な和装美人に大変身できちゃいます。
着物の返却時間は18:00まで。追加料金を払えば21:00まで延長することも可能です。もちろん旅行カバンなどの手荷物も預かってくれます。

素敵な着物に着替えたら、さっそく鎌倉の街へ出かけましょう。古都の風情が楽しめる鎌倉は着物が映えるスポットがいっぱいです!

鎌倉のメインストリート「小町通り」で和の専門店めぐり

鎌倉を訪れたら外せないのが、JR鎌倉駅と鶴岡八幡宮の間を通る「小町通り」。いつも観光客でにぎわう人気店が集まる目抜き通りで、グルメやショッピングを楽しめます。
この小町通りで、鎌倉ならではの歴史や伝統を感じさせてくれるお店を4つご紹介。
「井上蒲鉾店 小町店」は創業85年以上の老舗。地元の海の幸を使った練りものを気軽に味わうことができるんです。
つなぎや保存料を一切使わず、魚の味と職人の技で作られる絶品かまぼこ。気軽に1個からイートインで楽しめるので、おやつ感覚で味わってみては?
▲「和」の奥深い世界を体験できる香道教室

続いてご紹介するのは「鬼頭天薫堂(きとうてんくんどう) 鎌倉店」。こちらはお香の専門店です。
香道の伝統を伝えるこちらのお店は、オリジナルのお香やお線香など様々なアイテムがずらり。きっと好きな香りに出合えるはずです。自分へのお土産として買って帰れば、自宅でもこの旅の思い出とともに楽しめそうですね。
3店目はランチにもおすすめの天ぷら専門店をご紹介します。
「天ぷら ひろみ」は、鎌倉文士や文化人、歌舞伎役者がひいきにしていたというお店なんです。
新鮮な魚介類をこだわりのごま油で揚げる江戸前天ぷら。お昼の「おてがる定食」(写真)や「おてがる丼」が人気です。
▲手のひらサイズの手鏡。一生使える逸品

最後にご紹介するのは、伝統工芸の鎌倉彫の専門店です。
鶴岡八幡宮の斜め前にある「陽雅堂(ようがどう)」は、和モダンなデザインがかわいらしい手鏡やアクセサリーなどがずらり。約800年という伝統のある鎌倉彫を身近に感じさせてくれるお店なんです。
丈夫で、使い込むほどに光沢が出て風合いが増すという鎌倉彫の品々。写真の他にもブローチやネックレスなどのアクセサリーなど、可憐で美しい花柄のアイテムがいっぱい。女子萌えすること間違いありません!

鎌倉銘菓「鳩サブレー」の豊島屋は、“かわいくておいしい“発見がいっぱい!

JR鎌倉駅から徒歩で約5分。若宮大路沿いに「鳩サブレー」でおなじみの「豊島屋 本店」があります。鳩サブレーと言えば昔から愛される鎌倉の定番お土産ですが、実はここでしか手に入らないアイテムやかわいいスイーツがあるんです。
鳩サブレーの「鳩」をモチーフにしたグッズは、本店だけで購入できる限定品。日用品や文房具からアクセサリーまで多彩なバリエーションがあって、乙女心がくすぐられちゃいます。
ショーケースには色とりどりの和菓子がいっぱい。中でも鎌倉の観光名所12カ所を型どった「名所まんじゅう」は、午前中に売り切れてしまうほど人気の商品なんですって。
▲本わらび餅

また、本店の隣には「八十小路(はとこうじ)」という甘味所があります。こちらでは季節の和菓子のほか、本わらび餅やおしる粉、あん蜜など和のスイーツがいただけます。街歩きに疲れたらちょっとこちらでブレイクしましょう。
▲エクレア(手前・置石、奥・ベリーベリー)

さらに、若宮大路を挟んで斜め向かいには、豊島屋洋菓子舗「置石(おきいし)」があります。ケーキや焼き菓子を販売しているこちらのお店では、クッキーをその場でミックスするソフトリームが人気。テイクアウトも可能です。
2Fはカフェになっていて、ゆっくりとくつろぐこともできるんです。甘~いスイーツで体力を回復したら、次の目的地を目指しましょう!

絶品パンケーキで全国からファンが訪れるカフェ。居心地の良さもおすすめポイント!

続いてはパンケーキで人気のカフェをご紹介。江ノ島電鉄の鎌倉駅から3つ目の長谷駅。ここから5分ほど歩くと、路地にたたずむ古民家カフェ「cafe 坂の下」があります。
今でこそ全国で人気のパンケーキですが、こちらではオープンした2007年からの看板メニュー。ほとんどのお客さんがオーダーするそう。
お待ちかねのパンケーキがこちら!直径約15cm、厚さは1.5cmのボリュームあるパンケーキが3枚も。バニラアイスとホイップクリームが脇を固めます。お好みでメープルシロップをかけていただきましょう。
どこか懐かしさを感じるこのパンケーキ。実はオーナーが幼い頃、母親に作ってもらったものを再現したものだそう。バターの塩味がほんのりと効いた、誰の口にも懐かしさを誘う絶妙な味わいになっています。

全国からパンケーキファンが集うというこのお店。鎌倉観光の際にはぜひ足を運んでみてくださいね。

鎌倉と言えば、大仏さま!神社仏閣めぐりならまずは「高徳院」へ

鎌倉に来たら外すことのできない「鎌倉大仏」。長谷駅から徒歩で約7分の場所に位置する「高徳院(こうとくいん)」に鎮座しています。
高さは約11.312m(台座を含めると約13.35m)。奈良・東大寺の大仏さまに比べると小柄ですが、空や自然の風景をバックに眺めるとその大きさに圧倒されます。
実は鎌倉の大仏さまは、いつ誰によって何のために作られたのか、未だ謎に包まれたままなんです。かつては金箔に覆われ大仏殿に安置されていたそうですが、その後大仏殿がなくなり、今のような露座となりました。
▲雨の日も雪の日もどんな厳しい気候でも変わらず穏やかな表情でおられる大仏さま。その慈愛に満ちた姿に引き込まれる

大仏さまへの参拝が済んだら長谷駅へと続く大仏通り商店街で”大仏スイーツ”を探しに行きましょう。
まずは、高徳院のすぐ目の前にある「豊島屋 長谷大仏前店」へ。こちらでは大仏さまのアイス最中、その名も「グレートブッダアイス」が人気です。
豊島屋は先ほどご紹介した本店など各地に店舗がありますが、この商品を販売しているのはここだけ!サクサクの最中にとろりとした冷たいアイスの相性が抜群です。

続いては、できたてのお団子が人気の「長谷だんご」。お団子もさることながら、ショーケースでひときわ目を引くのは「大仏さんまんじゅう」です。
ほんのり甘い生地に餡やクリームが包まれている、いわゆる今川焼きですが、背中まで詳細に再現されたこのビジュアルが、なんとも微笑ましい限り!

甘いものばかりでなく、香ばしいお煎餅もいかがでしょうか。
手焼きせんべいの店「雷神堂」では大仏さまを型どった「大仏さま煎餅」が人気なんです。
他にも、大仏あめに大仏サブレー、大仏グミまでいろんなお姿の大仏さまに出合うことができますよ!食べ歩きやお土産探しも楽しめる街歩きスポットです。

花の名所「長谷寺」で、気持ちを落ち着かせ、心を穏やかに写経を体験

長谷駅周辺でもう一つ外せないお寺が「長谷寺」。こちらはアジサイの絶景を楽しめることで有名ですが、写経、写仏体験もできちゃうのをご存知ですか?
写経とはお経を書写すること。これは僧侶の修行の一つでもあるのですが、一般の人々も供養や祈願のために行うようになったそう。
自分で墨をすり、無心になって一文字、一文字、丁寧に筆でお経をなぞっていきます。すべて書き終えたら願い事を添えて納めます。
▲文鎮、硯(すずり)、墨など必要な道具はすべて用意されいて、いつでも自由に参加できる
所要時間は、初心者なら1時間半~2時間。写仏は細かい部分まで丁寧に描けば3時間以上かかるそう。時間がない場合は持ち帰って完成させ、後日郵送しても受け付けてもらえます。
長谷寺は鎌倉でも有数の絶景ポイント。境内にある見晴台から遠くの由比ヶ浜を眺めて、写経・写仏の心地よい疲労感を癒すのもいいですね。
▲美しい花が年中楽しめる長谷寺。特に例年6月に見頃を迎えるアジサイの美しさは感動的

無心になって写経に集中したり、たくさんの花々や絶景を見て目の保養をしたり。まさに心を洗われる1日になりそうですね。

観光客が立ち入ることができない由緒あるお寺で坐禅体験。心のメンテナンスを

心洗われる体験と言えば坐禅もおすすめ。「SAMURAI Project(サムライプロジェクト)」では、JR北鎌倉駅近くにある通常では観光客が入ることができない「帰源院(きげんいん)」での坐禅体験を行っています。
この体験では、坐禅を行う前と後の2回、半紙に円を描く禅アートにも挑戦します。何も考えずに円を描くことで心の状態や今の気持ちが現れるそう。坐禅の効果をビフォーアフターでチェックできるというわけですね。
▲禅アートにはユネスコ無形文化遺産にもなっている「石州半紙」を使用

坐禅だけでなく住職のお話も効果テキメン!心静かに聞いているとさらなるリラックス効果が。この体験を通じて自身の日常を振り返り、心をリセットしちゃいましょう。
2回目に円を描くときには、すっかり雑念が取れて、きっと美しい円が描けるようになっているはず。
▲この体験をした多くの人から「心が落ち着きました」という感想が

体験の後には、お庭を観ながらお茶とお菓子をいただけます。心が満たされていくのを実感できる瞬間かもしれません。

鎌倉を訪れるせっかくの機会。もしもあなたが日常生活に迷いや悩みを感じているなら、坐禅体験で心の断捨離しちゃいましょう!

梅雨空のもと、透明感のある「明月院ブルー」の別世界に迷い込む

アジサイの時季に鎌倉を訪れるなら、ぜひとも足を運んで欲しいおすすめスポットがあります。それが、JR北鎌倉駅から10分の「あじさい寺」の通称で知られる「明月院」。鎌倉には長谷寺をはじめアジサイの名所はいくつかありますが、明月院の美しさはまた格別です。
明月院のアジサイは「姫あじさい」という青く咲く品種で統一されていて、開花時期は例年5月下旬から7月上旬まで。6月中旬頃には見頃を迎えます。
特に総門から山門へ続く石段は感動的な景色。およそ2,500株と言われる青いアジサイが一気に咲き誇り、「明月院ブルー」とも呼ばれる息を飲む絶景に包まれます。
アジサイだけでなく四季折々の花に彩られる明月院。
山門の奥にある「後庭園」では、約3,000本もの花菖蒲が例年6月に見頃を迎えます。後庭園は、この時期と紅葉期の12月の年に2回だけの特別公開です。
一年中花に溢れる明月院。訪れる人の気持ちを和ませ温かく迎えてくれるお寺です。SNS映えするスポットもいっぱいなので、旅の思い出がばっちり残せそうですね。

鎌倉の思い出は自分らしい作品で!北鎌倉のかわいいアトリエで陶芸を体験

神社仏閣巡りや写経で心を落ち着かせたら、ものづくりに挑戦してみるのもおすすめ。もしかしたらいつも以上の発想力や集中力で、素敵な作品が仕上がるかも??

JR北鎌倉駅から徒歩約12分のところにある「北鎌倉アトリエ&ギャラリー Ricochet(リコシェ)」では、手びねりの陶芸体験を開催しています。
粘土は800g用意されていて、小鉢や皿、マグカップなど何でも自由に作ることができます。所要時間は約90分。およそ2~3点作ることができちゃいます。
初心者でも丁寧にアドバイスしてもらえるので心配ありません。できあがった作品は乾燥から焼成まで行ってくれて、およそ1カ月~1カ月半で完成します。
仲間同士でワイワイと楽しめる陶芸体験。作品に自分らしさを込められたら、きっと思い出深い作品になりますね。

目の前を江ノ電が走るアトリエで、海を見ながら織りもの体験!

次にご紹介するのは、江ノ島電鉄・七里ヶ浜駅から徒歩で約3分のところにある「アトリエ アミカ」。こちらでは足踏み織り機での手織り体験ができるんです。
製作するのはマフラーかタペストリー。色や太さなど、様々な種類の糸から選べるので、人によってかなり個性が出るのが手織り体験のおもしろいところです。
あらかじめ張られた縦糸は青、黄色、ピンク、白、赤、こげ茶、黒の7色から選ぶことができ、色の組み合わせを楽しむことができます。初心者でも織り方はすぐに慣れますよ。
いずれの作品も13:00~17:00まで時間制限なし。毎週土曜・日曜と、第二・第四金曜の開催です。またこの体験は女性限定(女性同伴の場合、男性も参加可能)となっているので気軽に参加できますよ。
仲間同士で色味や柄を合わせておそろいのマフラー作りに挑戦するのも楽しいですね。鎌倉旅の記念に残る素敵な作品作りに挑戦してみて。
歴史、自然、グルメ、体験など、いろんな魅力が詰まった古都・鎌倉。何度足を運んでも新しい発見がある、そんな奥深い観光地です。都内からなら電車で1時間程度と、アクセスも抜群。思い立った時にすぐに行けるのもいいですよね。この週末、友達を誘ってふらっと訪れてみてはいかがですか?
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP