石垣島でお手軽ビーチヨガ体験♪夕陽と星空のもと、リラックス&リフレッシュ!

2018.06.29 更新

石垣島観光といえば、ダイビングやシュノーケリングなどの海遊び、マリンレジャーが定番ですが、南の島でのんびりとスローライフを満喫するのもオススメ。そこで今回は、女性にイチオシのサンセット&ナイトビーチヨガをご紹介します。

南ぬ島、石垣島でのんびり過ごすには?

2013年に新設された石垣空港には、「南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港」との愛称が付けられているのですが、この「南ぬ島」とは、沖縄弁で「南の島」の意。石垣島は、航空定期便の運航がある日本最南端の島。まさに「南ぬ島」なんです。
「日常の喧騒から離れ、南の島でのんびり過ごしたい。でも海外旅行まではちょっと」
そんな方にピッタリなのが、石垣島です。
▲石垣空港にて、「南ぬ島」の文字を発見!

美しい海と豊かな自然に囲まれた石垣島。近年、観光地としての整備も進み、多くの観光客が訪れる人気の離島です。石垣島の観光といえば、さまざまな海遊び。シュノーケリングやダイビングなどの数々のマリンアクティビティが用意されています。

しかし、
「せっかくの石垣島だから、めいっぱい楽しみたい。日中はしっかり遊んだけど、夕方から夜にかけて何かできるアクティビティはないかな?」
となると、手頃なツアーを探すのは意外と難しいかもしれません。
▲自然豊かな石垣島の美しい風景

そんなときにオススメしたいのが、「石垣島シュノーケルツアー」が運営する「サンセット&ナイトビーチヨガ★夕陽と星空のもとリラックス体験」。夕暮れ時から島のビーチでのんびりとヨガ体験ができる、女性に大人気のプランです。
おなじみ、那覇市出身のモデル、大城優紀(ゆうき)ちゃんと体験してきました。

初心者も経験者も安心!開放感抜群のビーチヨガ!

▲名蔵(なぐら)湾

日暮れが近づく、18時ごろ。やってきたのは、石垣空港から車でおよそ30分、市街地から20分ほどの島の西側に位置する名蔵湾の浜辺。今回ご紹介するサンセット&ナイトビーチヨガの舞台です。

このツアーでは、近くにある観光施設「石垣やいま村」の駐車場に集合するのが基本ですが、事前にお願いすれば、市街地から無料で送迎してもらうこともできます(北部・川平エリアは要相談)。ツアーの開始は日没時間にあわせて変動するので、集合時間をしっかり確認して訪れるようにしましょう。
▲笑顔がすてきなヨガ講師、ちえみ先生

「こんにちは。今日はよろしくお願いします」
出迎えてくれたのは、ヨガの講師、ちえみ先生。世界で最も知名度が高いとされる「全米ヨガアライアンス」というヨガ協会の認定を受けた、ヨガインストラクターです。

「ヨガの経験は?」と先生に聞かれ、
「かじる程度にちょっと体験したことがあるぐらいで…」と不安げな優紀ちゃん。
「しっかり教えますので、大丈夫!じゃあ早速はじめていきましょう」
ヨガマットはあらかじめ用意されているので、体験者は、動きやすい格好で訪れれば手ぶらでOK。気軽にヨガ体験ができるのが、このツアーの魅力です。

ちなみに、南の島に滞在するときの注意点といえば、日焼け対策ですよね。沖縄本島の倍近い強烈な紫外線が降り注ぐと言われる石垣島。日焼けを気にする女性にとって、日中の対策は必須です。しかし、夕暮れから行われるこのツアーなら、日焼けの心配をあまりしなくてもOK!これも女性にとってはうれしいポイントです。

それでも完全に日焼けをしないというわけではありませんので、気になる方は日焼け止めや帽子などを準備しておくといいでしょう。そのほか、飲み物や汗をかいたときのためにフェイスタオルなどを準備しておくと、なおグッドです。
▲ビーチにヨガマットを敷いたら、早速体験スタート

「まず、ヨガで大切なのが呼吸。ストレッチなどのほかの運動とヨガの大きな違いは、動きと呼吸を連動させていることなんです。呼吸を意識することで、カラダに気が流れ、心身ともにリラックスできるんですよ」
先生に説明を受けながら、少しずつ体を動かし、ほぐしていきます。
「息を吐きながら右手を伸ばして…」
呼吸法や体の動きを説明しながら、やさしくリードしてくれる先生。
「波の音聴いて~」
体験場所のビーチは、あまり観光客がやってくることのない、いわば穴場スポット。打ち寄せるさざ波の音と、ときおり聴こえる野鳥の鳴き声。とても静かな空間です。
日中の暑さも徐々にやわらいで、海風がとても心地良い。屋内のヨガでは味わえない、ビーチヨガならではの開放感が最高です。
「すごい。きもちいい~」
「おっ。余裕ですね~。じゃあちょっときついポーズをやっていきますか?」
先生によると、ヨガにもいろいろなタイプがあり、リラックスすることをメインにした比較的楽なポーズもあれば、体を整えたり、鍛えたりするようなキツイもの(チャレンジポーズなどといわれる)もあるんだとか。

「実は、私はどっちかというと攻めるタイプのヨガが好きなんですよ、本当は」
ちょっといじわるそうに笑う、ちえみ先生。
「はい。ここでキープ!」
「お~。これはキツい~」
先生は、体験者の様子を見ながら、それぞれにあわせてプログラムを変えているとのこと。
「同じポーズでも、『上級者の方はこうしてみましょう』など、各々のレベルによって難易度を調整したりしています。ですので、初心者と経験者の方がいっしょに体験してもらっても、それぞれに満足していただけると思いますよ」

スポーツやレジャーの場合、それぞれのレベルや好み、スタイルの違いによって、コース分けが必要になることも多いですが、みんなでいっしょになって、同じ景色を見ながら、同じヨガ体験ができるというのも、このツアーの大きな魅力のひとつかもしれません。

ダイナミックな夕陽を感じ、自然の偉大さを堪能!

「はい。息吐いて~、太陽見て~」
先生の「攻めるヨガ」タイムも一段落したところで、気づけば日没の瞬間が迫ってきていました。
夕陽に染め上げられて、みるみると赤みがかっていくあたり一面。海のその先で真っ赤な太陽がどんどんと水平線に迫っていきます。
「きれい!海に反射してキラキラしてる」
沈みゆく太陽を見つめながらヨガを続けていると、大地と自分が一体となったかのような不思議な感覚に。
「はい。両手を上に伸ばしながら、息を吐いて~、太陽見て~」
たびたび「太陽見て」と静かにささやく先生。
水面に反射する太陽は、目の前までまっすぐに伸びていて、まるで自分たちだけのために一筋の光を指し示してくれているよう。
「せっかく、大自然の中でヨガをしているんだから、体験者の方にはなるべく五感をいっぱい使って、この自然を感じてもらいたい。だから『太陽見て』とか『波の音聴いて』など声がけして、自然を意識してもらうようにしています」
とちえみ先生。
▲沈みゆく太陽を見ながら「木のポーズ」に挑戦

時間の流れるスピードが変わったように感じられる、おだやかな空間。そして、生命の息吹や命の神秘を感じさせる神々しい太陽。

体は心地よい疲労感に包まれ、頭と心はみるみるうちにスッキリしていきます。
「あ~、沈んじゃう~」
名残惜しそうにつぶやく優紀ちゃん。

開放感バツグンのビーチで美しい夕陽を眺めながらのヨガ体験。その様子を動画でもチラッとご紹介しましょう。

▲ツアー体験動画

太陽からのエネルギーを体中に浴びて、充足感もいっぱい。息をのむような美しい風景に、心の洗濯完了です。

満天の星のもと、リラックス!

日没後も、引き続き行われるヨガ体験。
どんどん暗くなっていくビーチに、スタッフの方が小さなキャンドルを灯してくれます。あたりは先程とはまったく雰囲気の違う、おしゃれな空間に。
▲ヨガマットのまわりを照らす、小さなキャンドルの灯りに癒されます

言葉数少なに静かに話す先生。
ヨガのポーズも座ったり、寝たりした状態で行う、リラックスできるポーズが中心になってきました。
空が暗くなるのと反比例するように、浮き上がってくる星々。どんどん夜空の星が輝いていきます。キャンドルの灯り以外にあたりを照らす光はなく、都会ではありえないほど、たくさんの星々が石垣の空を彩ります。
「最後はシャバーサナというポーズをします。寝転がって…」
シャバーサナとは別名、屍体(したい)のポーズ。
なんだか怖そうなイメージですが、仰向けになり、力を抜いて疲労を取り除くというポーズです。
▲「星がすごいキレイ」。シャバーサナをしながらまったりリラックス

「昼間、海で遊んでいたのでちょっと疲れてたんですけど、ヨガしてたらめちゃくちゃリフレッシュできました!」
お疲れ気味の状態でも楽しめる体験内容に、優紀ちゃんもご満悦。
おしゃれで上質な空間。自然をめいっぱい感じながらするヨガ体験は、まさに大人の贅沢。心も体も解きほぐされること間違いなしです。

石垣でゆっくりするにはうってつけのサンセット&ナイトビーチヨガ。ぜひお試しあれ!

(優紀ちゃんが体験してくれた、その他の石垣島プランの様子も、あわせてぜひご覧ください)
幻の島上陸と船上BBQ&シュノーケリング。“海の上のレストラン”の貸切ツアーが贅沢すぎた!
沖縄の秘島『パナリ島』でフィッシング&シュノーケリング!超絶美しいパナリブルーに大興奮!

大城優紀

那覇市生まれ。大学在学中に2012年オリオンキャンペンガールに選ばれ、QAB「うちなーなんばー1」やさまざまなCMに出演中の沖縄で活躍するモデル・タレント。近年は多くの映画や舞台に出演、女優としても活動している。可憐で華やかな雰囲気ながらも、親しみやすいキャラクターが人気。

James

James

イギリス人と日本人とのクォーター。大学では工学部、情報システムを専攻したかと思えば、ミュージシャンとしてギタリスト、MC、DJとして活動。TVやラジオなどでも活躍。その後(株)アドビジョンにて、デザインやコピーライティングなどマルチに活躍。バックグラウンドを活かした独自の視点が人気のライター。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP